2016年07月16日

16/07/15



「もしも明日、世界が終わるとしても、私は林檎の木を植えるだろう」

なんて世界最後の日が来ても自分はいつもと変わらぬ一日を過ごしますよ、って
言う人がいるけどね、もうね、俺はそのような油断しきった将来計画を提出して
事足れりと思っている輩は信用ならぬ。

最後の一日の前の日に、ネットで天気予報とかニュースとか見るでしょ。
ブックマークからリンク開いたりするでしょ。
そんで、ひょんなことから女装子のツイッター見てたら、アップされた
女装写真が振られた女に似ていて、そりゃもう、君、あのね、
林檎の木どころじゃないんだよ。
角度がね、今まで気付かなかったけどこの人、この角度から見ると
ちょっと似てるんじゃないか、と。あれれ、似てるじゃん、と。
それが尻だの乳首だの出しとるわけでしょ。
取り合えず布団に寝転んで、落ち着いてからもう一度写真見て、
やっぱ似てるな、って再確認。林檎の木なんかどうでもいい。
ピーマンとツナでおかず作って、炊飯器仕掛けて、
後はもう寝るだけよ。
明日、もりもりご飯食べるために。


こうして迎えた世界最後の日を、君は林檎植えて過ごしますか。
これは君の話なんですよ。
もりもりご飯食べて後は一日中寝るでしょ。寝とけよ。
起きてたって死にたくなるばかりだぞ。

世界最後の日がもっと早くきとけば良かったな。
posted by ヨシノブ at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

老婆とバスの運転手

「あのう、ちっと物を訊ねますが」
「はい、なんでしょうか」
「このバスは、アフリカまで行きますか」
「あふりか?」
「AFRICA」
「アフリカまでは行きませんよ。次の、山川営業所前で終点です」
「アフリカまでは行かないのですか」
「行きません」
「あらあら。でも、この空は、アフリカまで繋がっていますよね」
「ええ、繋がっていますよ」
「うんんん。む、うむむむむむむむむうむうむうむうむ……」
「どうされました」
「空を掴んでツーっと向こうまで行って戻ってまいりました」
「お婆ちゃん、アフリカにお知り合いでもいなさるんですか」
「ええ、まあ。実は、うちの本家が三代前に家系図を失くしましてね。もう諦めておりましたが、最近になって倉の整理をしたところ、それが見つかりまして。先日、本家に一族を集めた報告会が開かれて、今日はその帰りなのです。
身内の自慢をするようでお恥ずかしいのですが、立派な家系図でしてね。御先祖様の最初から三代前まで、ずうっと書いてあるのです。壮観ですよ。
どこに住んでどんなことをしていたかなんて添え書きもありましてね。御先祖様を辿ってゆくと、もとはアフリカの出だと書いてあるのです。噂には聴いていましたがね、まさかと思いましたよ。でも書かれていますからね、アフリカなんです。
わたしはまだアフリカに行ったことがありませんから、アフリカにある御先祖様の御墓参りにも行ったことがなかったんです。それで今、行ってまいりました」
「その家系図には、最初の御先祖様から御名前が書かれているのですか」
「ええ、そうです」
「つまり、人類の始祖の御名前ということですか」
「そうなりますね」
「もしかして、その御名前は……」

 私はそのよく知られた御名前を出す前に、一瞬言いよどんだ。
 これは人類史の最初を問い質す、とてつもない確認なのである。

「……アダムとイブ、ではありませんか」

老婆は一瞬真顔になってから笑い出した。

「……ふふふ。嫌ですよ、うちの家系図は宗教書じゃないんだから」
「あ、ははは。では、何という御名前なのですか」






この一族は、まだ言葉も文字も無い時代、まだ名前という概念もない時代から、代々その名前―――存在の認識を示す証―――を伝えて来たのだ。
ヒトの短い時間で結んだ長い長い時代を、言葉とは言えぬ鳴き声に始まり、文字とは言えぬ記号を経て、現代に到る家系図として、未来へ向けて伝え続ける。

人間がいた、ということを。

posted by ヨシノブ at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

戦車外道


良妻賢母を育成する乙女の嗜み、戦車道。
しかし、そんな健全たる戦車道から外れた戦車道がある。
その名も、戦車外道。

戦車とは目的達成のため必要最低限の装備で構成された車両だが、敢えてそれに逆らい、
効果のないエアロパーツや竹槍マフラーをつけてみたり、車体を紫や金に塗ってみたり……。
何故そんな形にしたがるのか。それは、彼女ら戦車外道の魂がそんな形をしているからだ!

下らねえ常識に主砲で焼き入れ!
自由へ向かって無限軌道で仏契!
戦車に込めたアタイ達の生き様を見せてやんよ!

そこんとこ夜露死苦!!





私はガルパン劇場版を観て、
4DXで再度観て、
ブルーレイディスクを買って
三度劇場へ観に行った経験から、
こんな戦車道があると確信している。


現実的な話、あると思うんだよね。
初戦の歴女チームの三突が示した姿が確証と言っていい。
ああいう世界の中にいれば、こういうことやりたがる奴がいるはずだって。
歴女チームはあれが公式戦車道に於いては不向きだとわかって
公式らしい方向へ超信地旋回したけど、
公に認められなくてもいい連中の集まりの中で道を切り拓くことに
なっていたら、戦車外道は多いにあり得る。


公式の競技でない以上、助成金も受けられないわけで
個人で戦車を保有するってのは金銭的に難しいはず。
だから、外道戦車の所有者には良家の子が多い。
彼女らのもとに戦車を私有できない子女が集ってチームを形成する。
良家ではないが、代々外道をしているおかげで戦車を持っているとか、
学校中でカンパを募って戦車を買ったとか、そういうのもある。
posted by ヨシノブ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

16/05/30

物凄く眠いときにメモしていたこと

・マリオ・アントワネット
・「バングラデッシュはステーキを食べればいい」
・ギロチン⇒ポコチン⇒チンポコ
posted by ヨシノブ at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

新・餓狼伝 巻ノ三


新・餓狼伝 巻ノ三 武神伝説編 夢枕獏

狂った獣たちがギチギチミチミチと骨肉を軋ませ
爆ぜる血と汗にこれまでのすべてとこれからのすべてを用いて
打ち、突き、蹴り、投げ、極め、絞め、折り・・・・・・。

そういうやつなんである。私が読みたいのは。

餓狼伝は、血沸き肉踊り声を上げたくなるような格闘小説だった頃が確かに実在したのを私は確認しているのだが、今回は、まったくそんな熱量ない失望で期待との高低差がやや危ない。
30年以上に渡るシリーズのなかで、こんなにもまともに闘っていない一冊があっただろうか。私は旧シリーズを合本で読んじゃっているのでそのこところは知らぬ。


象山と露風が数人のやくざ相手に殴り込みをかけたところで、そんなものは獣同士の立合いには程遠く、露風主宰のわくわくゲーム大会なんて余興にもならぬ。
新人も新技も、もういらぬ。今あるカードのカタをつけてください。


次巻は大丈夫だよね、とまだ期待はしているが、キマイラ最新刊もレビューを読むと妙なことになっているようで・・・・・・。

posted by ヨシノブ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

遠くの世界


私が人間社会に馴染めないのは
私が人間として欠陥がある故で
死にたい。
いっそのこと我が身を虎に変え
山奥に棲み、かつて人間だった
ことも忘れ、






人間はその精神故に醜いと思う。
サンタクロースはものを呉れるからチヤホヤされている。
先帝の誕生日だというに私はサンタをチヤホヤする世界的風潮へ憤らずにはいられない。俺の内なる獣が吼えている。
あれが、年に一度家屋へ侵入するだけのお爺さんだったら、君たちはそれでもチヤホヤするのかね。そのお爺さんに因んで景気良くシャンメリーのボトル開けられるのかね。ケーキにお爺さんの砂糖菓子を搭載するのかね。
年に一度なんか貰えるからって、当然のように無警戒にチヤホヤしやがって。



俺の内なる獣は吼えているよ。
でも良く聴いてごらん。
本当は笑っているんだよ。
狂ったように笑っているんだよ。

あのお爺さんは、おもちゃを置いてゆくだけなのかな?

彼がいつ訪れたのかわからないほどみんなが眠りこけているその時に、
彼は何をやっているのかな?
毎年毎年、見返りもなく一方的に贈り物だけしてくれる好都合が、
本当にこの世にあるのかな?



俺は欠陥品である自分が
この世の中で死ぬまで生きていられるとは思えない。
俺は自分が要らない人間だとわかっているから、
要らない人間でしかないから、要らないので、
在るべきではないから、本当はもう死んでいたほうがよかったので、
なにも口を挟めない。
俺は誰にも関係ない。
何かになりたいわけではなかったけど、
何もないことが苦しい。
posted by ヨシノブ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

16/04/25













うううう。




ううううう。



俺、頭の中に小型エンジン埋め込まれちゃって、その振動でガクガクしちゃうの。すっごく怖い。このエンジン、何を動かしているんだろう。
実は、俺は本来もう死んでいているんだけど、このエンジンで動かしているらしいって噂があって、スイッチを切るに切れないんだよね。頭の右側にダイヤル式のスイッチついてんだけど。
切ったら、死ぬかなあ。
切ろうとしたことあるんだよね。
生きてるのが嫌になってさ、これで死ぬなら死んじゃっていいや、って。死ぬの恐いけど、生きてる辛さでウワーってなって思い切りダイヤル回したらさ、そっちは出力上げる方向みたいで、ガガガガガガガッて振動が激しくなって、慌てて元の位置に直したよ。
それでスイッチを切る覚悟、決意みたいなのは使い切っちゃった。もう一回、今度は逆方向にダイヤルを回すのは、少なくとも当分は無理。生きているのは相変わらず辛いけど、自分で自分に手を下すっていうのも相当きつい。
ちなみに、エンジンの出力が上がったと思しき時は、振動以外の変化は何も感じなかった。まったくこれ何のためについてるんだろうな。
定期的に頭の左側からガソリン入れなきゃいけないのも、結構嫌なんだよね。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

今週の桃太郎


お婆さんが川で洗濯をしていると、川上からどんぶらこどんぶらこと
桃太郎が流れてきました。
お婆さんの見ている前で桃太郎はすくすくと成長し、「鬼退治に行く!」と
言いました。

お婆さんは走って山へ行き、お爺さんを呼ぶと、家に帰って大慌てで
きびだんごを作りました。お爺さんも大慌てで刀や羽織を用意しました。


用意の出来た二人は、流れてゆく桃太郎を川沿いに追いかけました。
途中で犬と猿と雉に会ったのできびだんごを渡して桃太郎の家来にしました。


やがて海に突き当たったので、急いで舟を用意すると、犬猿雉と
刀とだんごを積み込んで鬼ヶ島へ送り出しました。
桃太郎は川からそのまま鬼ヶ島へ向かってどんぶらこどんぶらこと
流れていきました。

舟は桃太郎よりも先に鬼ヶ島へ着いてしまい、
犬猿雉だけで鬼どもと戦いました。
桃太郎は後から流れてきましたが、鬼ヶ島の周りをどんぶらこどんぶらこと
漂うばかりでした。

やがて鬼退治が終わった犬猿雉が舟に戻ると、いつのまにか桃太郎が
舟に乗り込んでいて、みんなでお爺さんとお婆さんの家に帰りました。

お爺さんとお婆さんはまだ家に帰っていませんでした。
posted by ヨシノブ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

今週の覆面バイカー


目玉焼きに醤油をかけようとしたら・・・・・・。「キャー!」
お刺身を食べようとして・・・・・・。「ウワーッ!」

家々の食卓から、醤油差しが宙を舞い何処へかと飛び去ったのである!
平和な食卓は不思議と恐怖の舞台となり、人々はそれを傍観するしかなかった。
それから30分くらいかな、家によっては15分とか、1時間かかったところもあったんだけど、醤油差しが戻ってきた。
「あー、よかった」「お腹空いたよー」
目玉焼きに垂らして、或いは小皿に注いで刺身をつけて・・・・・・パクリ!
「ギャア!」「ヒャア!」
なんと、醤油差しに入っていたのはウスターソースだったのだ!


怪人ヒグマゴリラの念動力によって、家々から醤油差しが引き寄せられ、それを戦闘員のみんなが醤油を抜いて容器をよく洗って拭いて乾燥させて、ウスターソースを入れて、ヒグマゴリラが念動力で元の家々に戻す。戻されたほうは醤油のつもりがソースでびっくり。
上記のような事件の真相を突き止めた覆面バイカーがヒグマゴリラに殴りかかった。バイカーも犠牲者の一人だったのだ。
(冒頭の刺身食べちゃったのがバイカーだよ)

しかし、ヒグマゴリラ、強い。
バイカーが勝てないとは言わないが、かなり勝つのは大変。
ヒグマゴリラも負けるつもりはない。
「バイカーめ、俺の醤油ソース入れ替え作戦はもうすぐ100件目に到達するのだ。100件までやったら、念動力を充電するために500年の休眠に入る。それまで邪魔はさせんぞ!」
「なになに、ちょっと待って、今何件目なの?」
「きゅーじゅー、ご? ろく!」(後ろの戦闘員に確認しながら)
「うーん、わかった。見なかったことにするから、おわり!」

バイカーは距離を取ると、座り込んで息を整え、ヒグマゴリラの作戦を傍観した。
ヒグマゴリラがムムムと唸りながら手繰り寄せる動きをすると醤油差しが飛んできて、それを戦闘員が捕まえて、入れ替えが終わるとムムムと追い払うような手付きで醤油指しを元の方角へ飛ばす・・・・・・。
他にもっと力の使い道があるだろうと思うが、バイカーは黙っている。

途中で腕のマッサージを挟んで、ついに作戦は100件を達成した。戦闘員から沸き起こる拍手。バイカーも離れたところに座ったままパチパチと拍手。
これから打ち上げだという。バイカーも誘われたが、正義のヒーローとしてさすがに行けない。遠慮するヒグマゴリラに3000円だけ渡して見送った。



別れ際、ヒグマゴリラは悪の怪人らしい台詞を残した。
「500年後、再び俺の醤油ソース入れ替え作戦が各家庭を恐怖に陥れるだろう。グワッハッハッハー!」

「500年後、か・・・・・・」
まあ、500年後の誰かがあいつをやっつけてくれるだろう。それはそれとして・・・・・・。
バイカーは500年後に再開される作戦など、少しも恐れていない。
500年後、この国はどうなっているのだろう。世界はどうなっているのだろう。
醤油がウスターソースと入れ替わることが一大事だなんてのは、曲りなりにも日常が平和の如き皮膜に包まれているせいであって、それが破られた時―――例えば、戦争など―――、一体こんな作戦が齎す恐怖など何だと言うのだ。

バイカーは遠くを見た。
まるで、醤油だのソースだので大騒ぎする500年先の光景をみつけだそうとするように・・・・・・。


posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

3/19

俺は生きたままのネズミとカマキリをよく噛んで食べて丈夫で元気な身体を作ろうと毎日食事した。ネズミの肉には蛋白質という難しい漢字が入っているし、カマキリの緑色には野菜がたっぷり含まれているから俺は無病息災になる。
posted by ヨシノブ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメント欄にメールドレス、ホームページアドレスの記入は必要ありません。気軽に無記入で。 スパムメール回避のためにも、メールアドレスをそのまま書き込むのは推奨しません。返信方針についてはこちら