2017年08月07日

科学的に読み解く日本政治が及ぼす地球的影響と経済の先行き





昨今の世界を覆う暗い雰囲気に、怯え、怒り、苦しみ、悲しみ、渦巻く負の感情を抑えることができない人々が急増している。テロ、貧困、踏みにじられる人権、戦争の気配・・・・・・。世界情勢の不穏は人々の心を蝕む。とりわけ日本国における右翼的言論の恥知らずな台頭が作り上げる政治の暴走が目指すのは、軍国主義の復活による戦争である。世界中が不安や怒りの目で日本を注視し声を上げているのだが、独善的な政権とその支持者はそれに気付かず、或いは己こそが絶対正義であるとこれを退け、更に危険な方向へ急進するばかりだ。負の感情が世界中に溢れるのは無理ならぬ話である。

世界人口は増大し続けている。これは人類の感情エネルギーも増大していることを示している。E = mc2 の式で表すように、エネルギーと質量は等価である。先に述べたように増大して止まないのは負の感情である。気分が落ち込む、沈む、と表現されるように、負の感情は正の感情より重い性質を持つ。その重い感情エネルギーが増え続ける人類から算出され続けるということは、地球の質量が増え続けているということである。質量は重力を発生させる。重力は大気を引きつけている。質量の増加は重力の増加である。大気は増加した重力でより強く地球に引き付けられ、圧縮され、圧縮熱が発生する。これが地球温暖化のメカニズムである。つまり、日本の右翼政治が齎す世界情勢への不安が、地球温暖化の真の原因だったのだ。
近年の各種世論調査によれば、日本の若年層に右傾化傾向が強い。残念ながら日本の右翼政治はまだ当分の間続くと警戒したほうが良いであろう。温暖化は一層進むのである。
即ち、かき氷やアイス等、冷やっこいもののビジネスチャンス到来の予感!
posted by ヨシノブ at 04:00| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

イージスのたて

2015年度もノーベル平和賞候補に正式に登録されました。
http://nobel-peace-prize-for-article-9.blogspot.jp/2015/06/blog-post_11.html




憲法9条のノーベル平和賞受賞が改憲阻止の盾になるという類の意見があるのだが、昨今のEU離脱話で「離脱してはいけない。だって、みんなで貰ったノーベル平和賞じゃんよ!」的な意見が力を持たない様子であるのを鑑みるに、盾は盾でも鍋の蓋みたいなものではないかと思うのだ。
例え鍋の蓋であったとしても塚原卜伝はそれで宮本武蔵の剣を防いだのです〜みたいな抗弁をするのだろうが、それは例外的な使用法であって鍋の蓋が盾として優れていることを示す逸話ではない。合戦場に鍋の蓋を装備していった武将なんていないだろう。やかん被ってた奴はいた、って御隠居は云うけど。
posted by ヨシノブ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

晶子を読み直せ



荒い血汐の洗礼で、
世界は更に新しい
知らぬ命を生むであろ



ああ戦争も芽である、
突発の芽である、
古い人間を破る
新しい人間の芽である



これは前回の記事で掲げた晶子詩にあるの言葉だが、「戦争は何も生まない」の類を言っている「君死に」ファンがいそうだな、と思って検索かけたら、やっぱりいる。君死に読みの晶子知らずがいる。
私はテレビで澤地久枝が「戦争は何も生まない」と言っているのを観たことがある。ちょっと意地悪な気持ちで調べてみたら、よりによってしんぶん赤旗に記事があった。
晶子は「赤い恐怖の時が来た」とも言っている。さしずめ赤旗は恐怖新聞か。



 平和の種まこう

澤地久枝さんが講演

 「I LOVE 9条 このみちをゆこうよ―澤地久枝講演会」が二十九日、大阪府堺市の堺市民会館で開かれました。同実行委員会が主催し、会場いっぱいの千二百人以上が参加しました。

 澤地さんは「今、世直しの時」と題して講演。

 作家としてアメリカなどで戦死者の遺族を取材した経験を語りながら、「戦争で得るものは何もありません。いま、日本人がアメリカ兵のかわりに戦死する一歩手前まできています。もう一歩もゆずれません。自分の利益のためではなく、世界の未来のために、ご一緒に平和の種をまく人になりましょう」と力強く呼びかけました。

 第一部では、混声合唱で「このみちをゆこうよ」(詩・金子みすゞ、曲・石若雅弥)、「君死にたまふことなかれ」(詩・与謝野晶子、曲・石若雅弥)などが披露されました。

 参加した堺市の会社員の女性(27)は、「六十四年間戦死者を一人も出していないことがあたりまえだと思っていたので、世界ではきわだっていることだと聞いて驚きました。楽しくみんなに『九条を守ろう』と呼びかけていきたいです」と話しました。



しんぶん赤旗2008年3月30日(日)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-03-30/2008033004_01_0.html


大錯誤の時が来た
傷つけ合ふが樹の意志か、
いいえ、あくまで生きる為。
先づ此事を知り給へ
人の己を知らざるを患えず、人を知らざるを患う
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

晶子で反戦!


晶子の「君死にたまふことなかれ」である。
これを反戦歌として扱うべきではないという話を前に書いた。
http://qazwsx.seesaa.net/article/404511960.html
まだ言い足りないのでもう少し書く。

こんな一節がある。

親は刃をにぎらせて、人を殺せとおしへしや、
人を殺して死ねよとて、二十四まで育てしや



「晶子で反戦!」な人々はこれで我が意を得たりの心持なのだろうか、こんなもので戦争反対の理由になるのならば、武士や軍人の教えで育った人は戦争賛成でなければならぬ。
晶子の実家は和菓子屋であった。弟は和菓子の製造や経営について教えられたことだろう。
君死に理論に従えば、和菓子屋になる以外許されぬ。
弟が大工になりたいと言い出したら、「親が玄翁にぎらせて、釘を打てとおしえしや」
噺家になりたいと言い出したら、「親が扇子をにぎらせて、サイサイ節をおしえしや」
小説家になりたいと言い出したら、「くたばってしまえ」
職業選択の自由に反する。
晶子反戦家は戦争反対を言いながら、子は親の跡を継げ!などと世襲政治家の是非に一石を投じているのである。




「君死に」を愛唱するような反戦家の口からは、なかなか聴けないような晶子の歌を幾つか並べる。
青空文庫より。

 覇王樹と戦争


シヤボテンの樹を眺むれば、
芽が出ようとも思はれぬ
意外な辺が裂け出して、
そして不思議な葉の上へ
新しい葉が伸びてゆく。

ああ戦争も芽である、
突発の芽である、
古い人間を破る
新しい人間の芽である。

シヤボテンの樹を眺むれば、
生血に餓ゑた怖ろしい
刺の陣をば張つて居る。
傷つけ合ふが樹の意志か、
いいえ、あくまで生きる為。

ああ今、欧洲の戦争で、
白人の悲壮な血から
自由と美の新芽が
ずつとまた伸びようとして居る。

それから、
ここに日本人と戦つて居る、
日本人の生む芽は何だ。
ここに日本人も戦つて居る。





〔無題〕

粛として静まり、
皎として清らかなる
昭和二年の正月、
門に松飾無く、
国旗には黒き布を附く。
人は先帝の喪に服して
涙未いまだ乾かざれども、
厚氷その片端の解くる如く
心は既に新しき御代の春に和らぐ
初日うららかなる下もとに、
草莽の貧女われすらも
襟正し、胸躍らせて読むは、
今上陛下朝見第一日の御勅語。
   ×
世は変る、変る、
新しく健やかに変る、
大きく光りて変る。
世は変る、変る、
偏すること無く変る、
愛と正義の中に変る。
   ×
跪づき、諸手さし延べ、我れも言祝ぐ、
新しき御代の光は国の内外うちとに。
   ×
祖宗宏遠の遺徳、
世界博大の新智を
御身一つに集めさせ給ひ、
仁慈にして英明、
威容巍巍と若やかに、
天つ日を受けて光らせ給ふ陛下、
ああ地は広けれども、何処いづこぞや、
今、かゝる聖天子のましますは。
我等幸ひに東に生れ、
物更に改まる昭和の御代に遇ふ。
世界は如何に動くべき、
国民くにたみは何を望める、
畏きかな、忝なきかな、
斯かる事、陛下ぞ先づ知ろしめす。
   ×
我等は陛下の赤子、
唯だ陛下の尊を知り、
唯だ陛下の徳を学び、
唯だ陛下の御心に集まる。
陛下は地上の太陽、
唯だ光もて被給ふ、
唯だ育み給ふ、
唯だ我等と共に笑み給ふ。
   ×
我等は日本人、
国は小なれども
自ら之れを小とせず、
早く世界を容いるるに慣れたれば。
我等は日本人、
生生として常に春なり、
まして今、
華やかに若き陛下まします。
   ×
争ひは無し、今日の心に、
事に勤労いそしむ者は
皆自らの力を楽み、
勝たんとしつる者は
内なる野人の心を恥ぢ、
物に乏しき者は
自らの怠りを責め、
足る者は他に分ち、
強きは救はんことを思ふ。
あはれ清し、正月元日、
争ひは無し、今日の心に。
   ×
眠りつるは覚めよ、
怠たゆみつるは引き緊まれ、
乱れつるは正せ、
逸それつるは本に復かへれ。
他ひとの国には他ひとの振、
己が国には己が振。
改まるべき日は来きたる、
夜よは明けんとす、東ひんがしに。
   ×
我等が行くべき方かたは
陛下今指さし給ふ。
止やめよ、財の争ひ、
更に高き彼方の路へ
一体となりて行かん。





 紅顔の死

江湾鎮の西の方かた
かの塹壕に何を見る。
行けど行けども敵の死屍、
折れ重なれる敵の死屍。

中に一きは哀しきは
学生隊の二百人。
十七八の若さなり、
二十歳はたちを出たる顔も無し。

彼等、やさしき母あらん、
その母如何に是れを見ん。
支那の習ひに、美くしき
許嫁いひなづけさへあるならん。

彼等すこしく書を読めり、
世界の事も知りたらん。
国の和平を希ひたる
孫中山の名も知らん。

誰れぞ、彼等を欺きて、
そのうら若き純情に、
善き隣なる日本をば
侮るべしと教へしは。

誰れぞ、彼等を唆そそのかし、
筆を剣に代へしめて、
若き命を、此春の
梅に先だち散らせるは。

十九路軍の総司令
蔡廷※(「金+皆」)の愚かさよ、
今日の中うちにも亡ぶべき
己れの軍を知らざりき。

江湾鎮の西の方
かの塹壕に何を見る。
泥と血を浴び斃れたる
紅顔の子の二百人。





 日本国民 朝の歌

ああ大御代の凜凜しさよ、
人の心は目醒めたり。
責任感に燃ゆる世ぞ、
「誠」一つに励む世ぞ。

空疎の議論こゑを絶ち、
妥協、惰弱の夢破る。
正しき方かたに行くを知り、
百の苦難に突撃す。

身は一兵士、しかれども、
破壊筒をば抱く時は、
鉄条網に躍り入り、
実にその身を粉こと成せり。

身は一少佐、しかれども、
敵のなさけに安んぜず、
花より清く身を散らし、
武士の名誉を生かせたり。

其等の人に限らんや、
同じ心の烈士たち、
わが皇軍の行く所、
北と南に奮ひ起つ。

わづかに是れは一いつの例。
われら銃後の民もまた、
おのおの励む業の為め、
自己の勇気を幾倍す。

武人にあらぬ国民も、
尖る心に血を流し、
命を断えず小刻みに
国に尽すは変り無し。

たとへば我れの此歌も、
破壊筒をば抱きながら
鉄条網にわしり寄り
投ぐる心に通へかし。

無力の女われさへも
かくの如くに思ふなり。
況いはんやすべて秀でたる
父祖の美風を継げる民。

ああ大御代の凜凜しさよ、
人の心は目醒めたり。
責任感に燃ゆる世ぞ、
「誠」一つに励む世ぞ。





 吉本米子夫人に

日木は伸びたり、
滿洲の荒野も今は
大君の御旗のもと。

よきかな、我友吉本夫人、
かかる世に雄雄しくも
海こえて行き給ふ。

願はくは君に由りて、
その親しさを加へよ、
日満の民。

夫人こそ東の
我等女子に代る
平和の使節。

君の過ぎ給ふところ、
如何に愛と微笑の
美くしき花咲かん。

淑しとやかにつつましき夫人は
語らざれども、その徳
おのづから人に及ばん。

ああ旅順にして、日露の役に
死して還らぬ夫君ふくんの霊、
茲に君を招き給ふか。

行き給へ、吉本夫人、
生きて平和に尽すも
偏ひとへに大御代の為めなり。

まして君は歌びと、
新しき滿洲の感激に
みこころ如何に躍らん。

我れは祝ふ、吉本夫人、
非常時は君を起たしむ、
非常時は君を送る。





 〔無題〕

師走の初め、都にも
今年は寒く雪ふりぬ。
出羽奥州の凶作地
如何に真冬のつらからん。

陛下の御代の臣たちよ、
人飢ゑしむること勿れ。
国には米の余れるに
恵みて分つすべ無きか。

市人たちよ、重ねたる
衣の一つを脱ぎたまへ。
飢ゑ凍えたる父母に
その少女らを売らしむな。

彼等の子なる兵士らは
出でて御国を護れども、
ああ、その心、ふるさとの
家を思はば悲まん。

ともに陛下の御民なり。
是れよそごとか、ただごとか。
いざ、もろともに分けて負へ、
彼等の難は己が難。





 戦争

大錯誤の時が来た、
赤い恐怖の時が来た、
野蛮が濶い羽を伸し、
文明人が一斉に
食人族の仮面を被る。

ひとり世界を敵とする、
日耳曼人じんの大胆さ、
健気さ、しかし此様な
悪の力の偏重が
調節されずに已まれよか。

いまは戦ふ時である、
戦嫌ひのわたしさへ
今日此頃は気が昂る。
世界の霊と身と骨が
一度に呻く時が来た。

大陣痛の時が来た、
生みの悩みの時が来た。
荒い血汐の洗礼で、
世界は更に新しい
知らぬ命を生むであろ。

其それがすべての人類に
真の平和を持ち来きたす
精神でなくて何なんであろ。
どんな犠牲を払うても
いまは戦ふ時である。




以上は『晶子詩篇全集拾遺』http://www.aozora.gr.jp/cards/000885/card2558.htmlからで、最後の「戦争」だけは『晶子詩篇全集』http://www.aozora.gr.jp/cards/000885/card2557.htmlからである。序文にこう在る。


わたくしは今年の秋の初に、少しの暇を得ましたので、明治卅三年から最近までに作りました自分の詩の草稿を整理し、其中から四百廿壱篇を撰んで此の一冊にまとめました。かうしてまとめて置けば、他日わたくしの子どもたちが何かの底から見附け出し、母の生活の記録の断片として読んでくれるかも知れないくらゐに考へてゐましたのですが、幸なことに、実業之日本社の御厚意に由り、このやうに印刷して下さることになりました。
(中略)
この一冊は、決して奥様のお優しいお心に酬い得るもので無く、奥様から頂くいろいろの秀れた美くしい薔薇の花に比べ得るものでも無いのですが、唯だわたくしの一生に、折にふれて心から歌ひたくて、真面目にわたくしの感動を打出したものであること、全く純個人的な、普遍性の乏しい、勝手気儘な詩ですけれども、わたくしと云ふ素人の手作りである点だけが奥様の薔薇と似てゐることに由つて、この光も香もない一冊をお受け下さいまし。
(後略)



この自薦詩集には、「戦争」と共に「君死にたまふことなかれ」を載せている。
晶子が、やたらと「君死に」を掲げる反戦思想家の手に余る存在であることは、明白ではないか。


 我は矛盾の女なり

我れは矛盾の女なり、
また恐らくは、魂に
病を持てる女なり。
我れを知らんとする人は
先づ此事を知り給へ。

祖国を二なく愛でながら、
世界の人と生きんとし、
濫婚国に住みながら、
一つの恋を尊びぬ。
我れは矛盾の女なり。

また恐らくは、魂に
病を持てる女なり。
貧しき事を詫びながら、
貴人に似たる歌を詠み、
人の笑む日に泣くなれば。

posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

9条が受賞すべき平和賞


憲法9条云々が平和賞の有力候補だという根拠のよくわからない噂は今回実現しなかったが、1988年に国連平和維持活動(PKO)が受賞している平和賞を、戦力や交戦権を放棄する9条が貰えるのかねえ。
これからは毎年「9条、今年こそは」と恒例の有力候補になるのかしらん。そして毎年受賞し損ねるようなことになれば、候補は「憲法9条を保持する日本国民」なのだから即ち日本国民一億総村上春樹化である。
私もハルキさん あなたもハルキさん




「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会
http://nobel-peace-prize-for-article-9.blogspot.jp/
のホームページの更新が、10月10日17:28を最後に現在まで途絶えている。受賞発表を受けて、何かいうことはないのだろうか。
社民党は談話を出している。
http://www5.sdp.or.jp/comment/2014/10/10/3086/
こういう不本意な結果に終わったときの態度は重要な観測地点だと私は思っている。


ノーベル賞への道筋として、9条は孔子平和賞を目指すべきではないだろうか。日本による戦争はアジアに多大なる被害を与えており、中国の平和賞を頂けるのならそれは非常に大きな意義のあることで、ノーベルの審査員も9条を見直すに違いない。
9条がノーベル賞に輝くと、9条を良く思っていない人々が不満を覚えるだろう。しかし、孔子平和賞の良いところは、受賞しても先述の人々が何故かあまり不満に思わないだろうところである。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

晶子


反戦歌人であるかのように扱われる与謝野晶子の戦争に纏わる幾つかの句を読むと、非常に率直素朴な個人的感情で、現代でよく言われる「反戦」とはちょっと感覚が違うのではないかという気がしている。



IWJ Independent Web Journal
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/149739
↑ここのコメント欄の下の方でそういうことを指摘している


私は晶子の句の殆どは読んだことがないから、晶子に反「反戦」的な句と評価されているものがあるのか知らなかったが、晶子は軍国主義を湛えるような歌も詠んでいると専門家が述べている記事を見つけた。


与謝野晶子の未発表歌「秋風や いくさ初まり港なるたゞの 船さへ見て悲しけれ」が発見されたという東京新聞の記事(現在消失)より、和歌文学研究者で日本文芸学会常任理事の入江春行さん(86)の指摘

入江さんは「中国をやっつけろと盛り上がる世論の中で、悲しいと詠む歌は発表できなかったのだろう。晶子は一見軍国主義をたたえたような歌も詠んだが、この歌は根底に反戦の思いがあったことを暗示している」 と指摘している。





軍国主義をたたえたような歌も詠んでいて、その思想・心情の真のところ、つまりどのような「反戦」の人であったかは、今や誰にもはっきりとはわからない。
だからね、今の人が「反戦」を訴える時に『君死にたまふことなかれ』を掲げるのは、やめといたほうが良いんじゃないか。
どんな歌を詠んだかという事実から見れば、「いまは戦ふ時である」なんてのも詠んでいるわけで、現代の心底「反戦」の人は、晶子がちょっと違う感覚でいる可能性を考慮して、彼女からは距離を置くべきだと思う。晶子がいなくても「反戦」は訴えられる。
(「君死にたまふことなかれ」と口にした後に、「いまは戦ふ時である」なんて返されては台無しでしょう)
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

今週の必ずや名を正さんか



「原発」争点化に苦心 一本化できず票分散
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/2014tochiji/list/CK2014020902100019.html?ref=rank

原発「即ゼロ」193万票 舛添氏得票211万票に迫った
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014021002000212.html

またも敗北、脱原発派は落胆 「一本化できていれば…」
http://www.asahi.com/articles/ASG2776FBG27UTIL04H.html?iref=comtop_6_02

(脱・反・即ゼロなど呼び名は色々あるが、ここでは宇都宮・細川らを「脱原発派」として括る。
舛添も脱原発を自認しているが、「脱原発派」界隈からハブられているのでハブく。
http://www.huffingtonpost.jp/2014/01/14/masuzoe-tokyo_n_4593372.html



一本化できていれば脱原発派が当選したかのような未練を感じるが、1万票以上を獲得した脱原発派の宇都宮・細川・家入・マック・鈴木を合わせても(2'055'347)、舛添単独(2'112'979)より約5.7万票(57'632)少ない。(各票数の小数点以下は切り捨て)
分類に困る中松(64'774)まで合わせると、舛添を上回る。
1万票以下の各候補者合計得票数は、約2万(21'734)。

鎌田慧さんは

「舛添氏らが争点は『脱原発だけじゃない』と訴え、いろいろな争点の1つにしかならなかった。肩透かしをくらった」と不満げな様子で選挙戦を振り返った。
「ただ、この選挙によって脱原発の世論がさらに大きくなったと思う。一本化していれば争点がより明確になり、2人の票を単純に足し合わせた以上の集票効果があっただろう」と述べた。


http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20140209-1255501.html
とのことである。

なお、田母神が約61万票(610'865)で、原発の賛否でそれぞれ一本化するとやはり脱原発派は敗北していたような気がする。
http://sokuho.h26tochijisen.metro.tokyo.jp/h26chi_kai.html


よって、「脱原発派だけが一本化して舛添票が分散していれば……」とでも言うべきであった。


都選挙管理委員会によると、当選した舛添氏の得票は有効投票数の43.4%(小数点2位を四捨五入)を占めた。宇都宮氏が20.2%、細川氏が19.6%だった。


http://mainichi.jp/select/news/20140210k0000e010239000c.html




*例の詐欺師名義の曲を盲目の有名ピアニストに「感動」という括りで弾かせようという企みが、どこかで画策されていたと思う。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

13/07/22

「アベノミクス、3年たてば必ず破綻」民主・海江田代表
■海江田万里・民主党代表

 参院選が終わると、次の国政選挙まで3年ぐらいかかるといわれる。安倍晋三首相は今、経済政策をうまくやっているようにも思えるが、3年たてば必ず破綻(はたん)する。リーマン・ショックやバブル崩壊と同じような深刻な問題になる。若い人たちが就職ができず、いっときの就職氷河期みたいなことが起きる。(広島市の街頭演説で)


朝日新聞
http://www.asahi.com/politics/update/0719/TKY201307190446.html?ref=dwango

批判抜きの冗談として。
安愚楽牧場の破綻を予想できなかったことで話題の海江田さんが、「必ず破綻」なんて言ってるのはさすがに面白かった。3年というのもほぼ民主党が与党陥落するまでの期間だし。
なお、安愚楽牧場は海江田氏の宣伝から約10年後に自転車操業を始め、更に約10年後経営破綻。架空の事実で宣伝していた元社長は逮捕。





海江田さんについて考える時は、常にこのことを念頭に置きたい。2011年8月の記事。元代表=小沢さん。

26日夜、都内のホテル。元代表を支持するグループのメンバー約90人の前に、元代表と鳩山前首相が連れて現れたのは、海江田万里経済産業相だった。

 「鳩山さんと相談した結果、海江田さんがリーダーとして一番ふさわしいと決めた」

 元代表はこう話し、海江田氏を支持するようメンバーらに訴えた。ところが、拍手はまばら。歓声もなく、会場には冷たい空気が漂った。海江田氏があいさつで冗談を飛ばしても、笑い声すら起きなかった。

 一番盛り上がったのは、ある若手議員の締めくくりのあいさつだった。

 「今回は海江田首相を目指そう。来年は小沢首相を実現するぞ!」

 その途端、会場から万雷の拍手がわき上がり、「ガンバロー」三唱が響いた。


読売新聞:票なき小沢氏、陣頭指揮…非主流派一本化を主導
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110827-OYT1T00125.htm



海江田さんを見る度に、ロバート・ボーン演じる「荒野の七人」の賞金稼ぎリーを思い出す。私にとって七人の中で最も印象深い、そして多分一番好きな一人だ。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

ドイツ見習い

「ドイツを見習って脱原発」という言葉がよく聞かれ、ドイツは原発を全部無くすのかと思っていたら、水間政憲氏が『菅直人元首相が「ドイツは非常時に備えて原発を残す」と発言したのを聴いた!』(大意)と語っているのを見つける。


★12月14日午後6時過ぎ三鷹駅北口での菅元首相と小生との会話。

小生「ホルムズ海峡が封鎖されたらどうするのですか」、菅「ドイツ、ドイツにならって」、小生「ドイツはフランスから買えるじゃないですか。ホルムズ海峡が封鎖されたとき日本はどうするかです」、菅「だからドイツにならって」、小生「ホルムズ海峡封鎖で日本は…」と、かなり大声を発すると、菅「だ・か・ら・ドイツは、万が一のことを考えて5〜6基残すのです」、小生「じゃ日本も安全保障のため使える原発を5〜6基残すってことですか」、菅「そうです安全保障上のためには5〜6基置いておく…」、小生「イヤー良い話を聞けました。そこが心配なのですよ。安全保障のことに触れないから心配なので、こんな良い話、ここにいるみんなに話して上げてください」と、その場を離れました。菅氏の「原発ゼロ」は、通常時のことを言っているのであり、万が一の安全保障上の緊急時には、ドイツのように5〜6基置いて稼動させることなのだそうだ。人口比率だと我が国は、約10基残すことなのだ。


【水間条項ー国益最前線ジャーナリスト水間政憲のブログです。】:超拡散《菅元首相の「原発ゼロ」は選挙用の撒き餌だった》
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1183.html


しかし、この人がそう言っているだけで、その発言記録があるわけではなく、私がちょっと調べたところでは菅氏の発言としてもドイツの記事としてもそのようなものは見つけられなかったため、すっきりしなかったのが、この度、菅氏本人のツイッターで要旨が裏付けられたので、ドイツ原発残しの真偽についてはまた別の話だが、すっきりしました。




xtreme @kekeke7

@NaotoKan 質問です!菅さんは昨年の街頭演説にて「ドイツの様に原発ゼロを」と訴えてましたが、水間氏に追求されると「0と言っても実際はドイツの様に5〜6基の原発を残しておくのです」と答えた様ですね、それ事実ですか?★証言ビデオ http://bit.ly/12XAysC
12:35 PM - 10 Jul 2013







菅 直人 (Naoto Kan) ? @NaotoKan

Xtrem氏のRTへ、ドイツでは中東危機などのエネルギー危機に備えて数機の原発を廃炉にしないで使わないまま残しておくということを説明した。



huffingtonpost:菅直人元首相、3.11 原発事故当時について、ユーザーからの質問へ回答ツイート中
http://www.huffingtonpost.jp/2013/07/10/naoto_kan_twitter_n_3571118.html





カメの甲羅は肋骨

読売新聞:図解 甲羅が出来るまで
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130710-OYT1T00733.htm

朝日新聞:亀とアルマジロの骨格写真
http://www.asahi.com/tech_science/update/0709/OSK201307090173.html
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

非常に社会的地位が高いはず

麻生太郎のコンビニ前でアイスを齧っている姿が流出した。
http://www.j-cast.com/2013/06/15177345.html

この不祥事は大問題になって、そのうち辞任に追い込まれて安倍内閣も崩壊して政権交代して(『一度「国民の生活が第一」に政権をまかせてみよう、駄目だったら代えればいい』という世論高まる)自民は消滅すると予言しておく。

さて、雨宮処凛が宇都宮健児弁護士と初対面した時、その姿に感動して、一瞬にして信頼を抱いたのであった。



 初めて出会った日は、反貧困ネットワークの準備会的な集まりだった。場所は都内どこかの会議室。会議室に宇都宮弁護士が到着した瞬間、私はひそかに緊張していた。何しろ、テレビなんかにもよく出てるとても有名な弁護士さんなのだ。おお、ホンモノだ、せっかくだからよく見ておこう。そんなふうに思っていると、宇都宮弁護士はおもむろに持参したコンビニの袋からアンパンと牛乳を出し、食べ始めたのだった。
 それを見た瞬間、私はなんだか感動していた。メディアなんかで「庶民の味方」などと取り上げられてはいても実態は違う人などザラにいる。というか、そっちの方が多数派だろう。しかし、目の前の、非常に社会的地位が高いはずの弁護士さんは、当たり前のようにアンパンを食べ、牛乳を飲んでいる。またその姿が、妙に似合っている。アンパンと牛乳という昭和っぽいセレクトもいい。この人は、本気でいい人に違いない。私は一瞬で宇都宮弁護士を信頼し、なついた。



マガジン9条:雨宮処凛がゆく!
http://www.magazine9.jp/karin/121114/





アンパンと牛乳が好きな人なんじゃないの、と思わんでもないのだが、それはそれとして、雨宮さんはきっと、幾度も大臣職に就いた元総理にして現副総理、現財務・金融担当大臣で宇都宮さんより非常に社会的地位が高い麻生さんがコンビニ前でアイス齧っていても、感動しないのではないかと思うのです。
雨宮さんの話は非情に感情的な話なんだけど、理屈を経ないで感情でそっちに行っている人には、これがどんなレベルの話なのか、なかなか伝わらない。





このアンパン牛乳は宇都宮けんじ後援会HPでも引用されている。
http://utsunomiyakenji.com/what/

トップページ中頃にある宇都宮氏からのメッセージ、書体が女の子の字みたいで可愛い。きっと本人もこういう字を書くのだろう。
http://utsunomiyakenji.com/




先日、インド人経営のカレー屋に行った。
私がカレーを食べたので、インド人は感動したと思う。

インド人「目の前の、非常に社会的地位が高いはずのヨシノブさんは、当たり前のようにカレーを食べ、ラッシーを飲んでいる。またその姿が、妙に似合っている。カレーとラッシーというランチセットっぽいセレクトもいい。この人は、本気でいい人に違いない。私は一瞬でヨシノブを信頼し、なついた」

いい話だ。これからも何かを食べる度に、周囲の人々が感動していると思い込むことにしよう。
これは非常に社会的地位が高いはずの、本気でいい人である私だからこそ内容に齟齬なく成立する遊びであり、そのうちインド人からランチのタダ券を貰えると思う。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

13/05/15




今日、政府主催のコロッケパーティー開会の挨拶にて、首相は政府がヨシノブに自主的な死亡を勧告する方針を固めたと語りました。
ヨシノブについては、あまりにも無能で生きる価値のない存在で、近年は特に「あいつ早く死なないかな」「人間としてつまらない」「いるだけで雰囲気が悪くなる」「見ていると苛々する」「恩知らず」「欠陥品」「頭が悪すぎる」「話の意味がわからない」「いなくなってほしい」「嫌い」「興味ない」「どうでもいいから早く死ね」などの声が高まっていることから、喫緊の課題として政府による対策が迫られていました。

自主的な死亡を勧告という回りくどい対策になったのは、自殺を強制したり、罪にも問われていない人間を殺すための合法的な根拠を提示するのが難しく、また、自殺や殺人に直接的に関与した後に面倒なことを言われるのが目に見えているため、ヨシノブ如きにそこまで手を煩わせたくない思惑が働いているとみられています。

この方針に野党代表は猛反発し、現在開催中の野党主催のおはぎパーティーにて「人権国家にあるまじき判断。狂気の沙汰だ。ロープの1本くらい送るべき」と、勧告のみで死亡に向けた他の対策がないことを批判しました。
しかし、パーティー会場ではロープ代をわざわざ税金から負担することについて否定的な意見が多く囁かれており、党分裂の兆しが見え始めています。
与野党幹部から「ヨシノブがさっさと死ねば万事解決なのに」と溜息混じりの本音も漏れ聞こえるこの問題、国政停滞を解消するためにもヨシノブによる早期の『決断』が待たれています。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

「使いこなす」と余裕をみせていた


選挙報道で嫌いなことの一つは、新聞テレビ等で「有識者」みたいなのが結果について文句を言うこと。
じゃあ、A党が100議席、B党が90議席、C党が……と理想獲得議席数を言え。どうあるべきだったのかをはっきり言わず、もにゃもにゃもにゃもにゃと不満だか負け惜しみだかを並べる。不偏不党公平報道って建前なんだろうけど。

あと、有権者への事前調査では、投票先を訊くだけではなく、希望的議席配分も合わせて訊き、回答を総合した議席配分、A党を最多議席に選んだ人の配分、B党を最多議席に選んだ人の配分……、と詳細に集計すると、これまで以上に民意が表れて興味深いと思う。面倒だからやらないのかな。



若者の投票率が低い。若者が投票しないと、投票する老人を優遇した政策ばかりが厚くなってしまうと言われている。
何故若者は投票に行かないのか。
私が調査したところによると、老後に楽をするための先行投資として投票に行かないことが判明した。

調査方法:テレパシーによる対話。昼にカレーを食べる。






私の選挙区では大変なことが起こっていた。
ここには書きません。
マスコミは取り上げないだろうが(取り上げなくていいことだが)、もしかするとネットでちょっとした騒ぎになるかもしれない。




嘉田代表は25日朝、滋賀県庁で取材に応じ、「小沢さんと連絡がとれず、お隠れになっている。共同代表になりたいのかどうか小沢さんの口から聞きたい」と述べ、不快感を示した。


読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121225-OYT1T00853.htm


玄葉大臣が答弁した「韓国の場合」を思い出したよ。
すごく低俗な意味で日本未来の党大好き。


玄葉大臣はそれに対し、「よく韓国の場合は、都合の悪いことがあるとなかなか先方が電話に出ないとか、連絡が付かないということは、日韓関係の歴史の中で何度かあったと承知しています」と呆れ笑いすら浮かべながら答弁した。


J-CASTニュース:「都合が悪いことあると電話に出ない!」 韓国は日本になんと「居留守」まで使う
http://www.j-cast.com/2012/08/24143960.html?p=all


小沢流の政党運営は顔はだれかにやらせ、実権は握るというやり方。そして顔になった人を、しっかり支えず、気に入らないと電話に出なくなるなど、いじめ始めるというのも特徴だ。


菅直人 今日の一言:2012-11-30傀儡政党
http://ameblo.jp/n-kan-blog/day-20121130.html


結党当初、小沢氏のことを「使いこなす」と余裕をみせていた嘉田代表は「小沢さんと連絡がとれない」と不信感を隠さなくなった。「連絡がとれなくなる」ことを経験したかつての同志は多い。自民党竹下派の幹部から細川護熙元首相、公明党の市川雄一元書記長……。その中でも、嘉田氏の1カ月は最短記録だ。


日本経済新聞:小沢氏また決別、7度目の党は7人
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK26036_W2A221C1000000/?dg=1
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

判ってくれる人ROCK IT!


 防衛相に就任した民主党の一川保夫参院議員は2日、国会内で記者団に「安全保障に関しては素人だが、これが本当のシビリアンコントロール(文民統制)だ」と述べた。

 この発言に対し、元防衛相の石破茂自民党政調会長は、東京都内で記者団に「そのひと言だけで解任に値する。任命した野田佳彦首相の見識も問われる」と批判。国会で追及していく考えを示した。

 一川氏は2日夜、自身の発言に関し「ほとんどの国民が素人なのだから、専門家でなく国民目線で国民が安心できるような安保政策が大事だという趣旨で言った」と官邸で記者団に説明した。


毎日新聞
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110903k0000m010099000c.html

一川防衛大臣は、2日、閣僚の呼び込み前に、記者団に対し「素人が大事なんだよ。それが本当のシビリアンコントロールって言うんだよ」と述べ、その後、「防衛省の政策を素人的な感覚で理解してもらう努力をしなければいけないという趣旨だ」と説明しました。
一川防衛大臣は、2日午前、総理大臣官邸からの閣僚の呼び込み前に、議員会館の事務所で記者団に対し、「素人が大事なんだよ。それが本当のシビリアンコントロールって言うんだよ」と述べました。この発言に対し自民党の石破政務調査会長は、記者団に対し、「とんでもない発言で解任に値する」と批判し、国会などの場で追及していきたいという考えを示しました。一川大臣は、2日夜、NHKの取材に対し、今回の発言について、「真意は、防衛省の政策を素人的な感覚で、国民の目線で皆さんに理解をしてもらうような努力をしなければいけないという趣旨だ。玄人的なことばかり言って、国民に理解してもらえると思ったら大間違いだという意味だ」と説明しました。


NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110903/t10015344371000.html

私はかつて政治改革のひとつとして内田裕也総理大臣の誕生を提唱した。
素人を売りにする内田裕也イズム継承者が防衛大臣に就任した事実に、内田裕也が自衛隊最高指揮官に就任する日はそう遠くないと確信する。
小沢総理の次だと思います。

政治にはアマチュア! 行政能力にもアマチュア! 欠点にプロフェッショナル!
http://www.uchidayuya.com/special/tokyo/koyaku.html

最も必要な政治改革は何か
http://qazwsx.seesaa.net/article/185305405.html

posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

最も必要な政治改革は何か

長年日本の政治を見てきたが、あまりにも緊張感がないと言わざるを得ない。特にその長たる総理大臣に緊張感が欠如していることは実に嘆かわしい。如何にこの現状を打破し緊張感を持たせるか。その改善案をここに示す。

そもそも総理大臣が一人というのがいけないのだ。総理は唯我一人なんて思っているから政治が疎かになる。だから、もっと総理大臣を増やして、やるかやられるかの体制を作る必要がある。具体的には、国会議事堂内にリングを作り、政策ごとに総理大臣同士が闘う。勝った総理の政策が通るのだ。議員の責任問題などもリングで決着をつける。これで長々と国会論戦などという冗長な茶番劇をやらずに済む。全試合真剣勝負だ。演説中や料亭での会合中に他の総理から襲撃されることもあるので、常在戦場の心構えがなければ務まらない。官房長官の裏切りバックドロップ、新人議員による下剋上延髄斬り、なんでもある。国の行く末を賭けた真剣勝負に、リングの中も外も上下関係もないのだ。


 新たな総理大臣たちを一部紹介

キャッチフレーズ:密林の声を聴け!
名前:ジャングル総理大臣
政策方針:環境問題に全力投球。ビルを潰し、アスファルトはひっぺがし、コンピューターを投げ捨てて、文明からの脱却を目指す。富士の樹海を首都に、木曽山脈を政令指定都市に。議員宿舎は木の洞。国内CO2排出量25%減など生温い、日本列島を森林で埋め尽くし、世界のCO2を25%吸収します。樹木を輸出して世界の緑化にも貢献。エコ道一直線。自然命。

キャッチフレーズ:たちあがる日本繁栄プログラム。
名前:ロボット総理大臣
政策方針:全国民に電子チップを埋め込みネットワーク化する。自衛隊に巨大ロボット配備。ロボットの地位向上。ウイーン、ガシャン、ガシャン。ピコピコピコ。喋るときに目のライトが点滅します。無言で口から悪口の書かれたパンチカードを出す。テクノサウンドであなたを魅了。アシモは潰す。 ※ガソリン値下げ隊隊長

キャッチフレーズ:男女不平等参画社会基本法
名前:アマゾネス総理大臣
政策方針:オーッホッホッホ。男はすべて女の奴隷さ。跪いて忠誠を誓いな! 男は首輪をつけて鎖で繋がれ、女の言いなりになるんだよ。食事は椅子もテーブルも、ナイフもフォークも使っちゃいけない。床に這いつくばって犬のように漁るんだ。男には何の権利も、尊厳もありゃしないのさ。む、男どもの反乱だ! 者ども、矢を放て!

キャッチフレーズ:みんなで全員野球しようぜ
名前:野球総理大臣
政策方針:各市町村に野球場を作り、全国民を野球部に入れる。プロ野球全試合地上波完全放送の実現。野球備品購入に助成金。サッカー税、バスケ税等の導入。野球帽着用で映画館料金半額。手術を控えた子供を対象に次の試合でのホームランを確約。リリーフカーの普及。空白の一日を徹底解明。グリーンウェルを連れ戻して野球させます。

キャッチフレーズ:国があなたのために何ができるかではなく、あなたが国のために何ができるか、問いかけてください。
名前:小学生総理大臣
政策方針:元気にあいさつします。ローカは走りません。食べ物の好き嫌いをなくします。運動や勉強にがんばります。授業中、むだ話や手遊びをしません。宿題を忘れません。外から帰ったら手洗いうがいをします。係の仕事をかんばります。横断歩道は手をあげてわたります。家の仕事の手伝いをします。図書室では静かにします。ゲームの貸し借りはしません。うんこ。うんこうんこうんこー。

キャッチフレーズ:俺はロッキンローラー
名前:内田裕也総理大臣
SEISAKU:NANKA 変だなあ!? キケンするならROCKにヨロシク!!
政治にはアマチュア! 行政能力にもアマチュア! 欠点にプロフェッショナル!
http://www.uchidayuya.com/special/tokyo/koyaku.html
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

毛人気

中国メディアによる報道は政府の意向に沿ったものであるというのが通説だが、最近は違った動きが出てきたらしい。

5日、著名全国紙の『光明日報』はある暴露記事を掲載した。重慶市開県や吉林省永吉県の地方政府がウェブ上で県民を対象に「行政に対する満足度調査」を行った際、「満足度」が常に50%以上となるようインチキを行っていることを暴いたのである。

その前日の4日、共産党中央委員会の機関紙である『人民日報』も堂々たる「政府批判」をやった。各地方政府が中央政府のバブル抑制政策を無視して不動産価格の暴騰を助長したことを厳しく批判する論文を掲載したのである。

昨年12月中旬、『第一財経報』という経済専門紙と中央官庁の国家発展改革委員会との間で展開されていた「華麗なるけんか」も注目すべき事例である。

産経新聞【石平のChina Watch】中国メディアが政府批判始める 地方政府のインチキ調査を暴露
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110120/chn11012010050026-n1.htm

石平はこう見ている。

新聞が政府批判を盛んにやるようになった背景には、党と政府の支配からはみ出しつつある市場経済とネット世論の発達がある。市場経済は生まれつき政治的支配を嫌うものであるし、ネット上の自由奔放な批判は従来のメディアのあり方にも多大な影響を及ぼしている。日に増して高まる民衆の不満はもはや無視できない段階に来ていることも大きな要因であろう。


これに連なる動きか、中国共産党機関紙の人民日報で毛沢東をイメージを低下させるような記事が出た。

1957年11月に毛沢東がソ連で開かれた社会主義陣営の各国首脳会議に参加したときのエピソードを紹介したものである。記事によると、毛沢東はこの会議で、当時のソ連共産党フルシチョフ第一書記の提唱する「西側との平和的共存論」に猛烈に反発して次のような過激な「核戦争論」をぶち上げたという。

 「われわれは西側諸国と話し合いすることは何もない。武力をもって彼らを打ち破ればよいのだ。核戦争になっても別に構わない。世界に27億人がいる。半分が死んでも後の半分が残る。中国の人口は6億だが半分が消えてもなお3億がいる。われわれは一体何を恐れるのだろうか」と。

 毛沢東のこの「核戦争演説」が終わったとき、在席の各国首脳はいっせいに凍りついて言葉も出なかったという。さすがの共産党指導者たちも、「世界人口の半分が死んでも構わない」という毛沢東の暴論に「圧倒」されて閉口したようである。


一方で重慶の地元紙には毛沢東回帰運動の記事が載る。

どうやら重慶市の共産党委員会は、幹部から子供まで全市民を巻き込んで「毛沢東に戻ろう」とする政治運動を展開している様子だが、その立役者は、「毛沢東好きの野心家」として全国的に知られている、重慶市共産党委員会書記の薄煕来氏である。

産経新聞【石平のChina Watch】「毛沢東の狂気」が蘇る時
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110203/chn11020312410001-n1.htm


中国では今でも毛沢東に根強い人気がある。下は去年6月の記事。

【北京=矢板明夫】中国の「建国の父」、毛沢東の出身地である湖南省政府は26日までに、観光地などで記念品として販売される毛沢東の像について、頭部と体の比率など統一基準を設け、顔が似ていないものや粗悪品は没収すると発表した。こうした像が出回り、毛沢東のイメージ低下につながることを防ぐのが狙い。

 中国では近年、共産党の歴史的な地を観光する「紅色旅行」がブーム。それに伴い各地で記念品として売られる毛沢東像が人気を呼んでいる。湖南省政府によると、毛沢東の生家の韶山では昨年、像の売り上げは約1億元(約13億円)を記録したという。

 しかし、製造者はコストを抑えるため低品質の素材を使うことが少なくなく、「購入後すぐにさびついた」「頭が取れた」「毛沢東に全く似ていない」といった苦情が寄せられるという。合金で作った像を加工し、金や銅の像として外国人観光客に高く売るケースもあるという。

 湖南省は今後、統一基準に満たない像をすべて没収し、悪質な業者からは罰金を取る。毛沢東の孫、中国軍事科学院の毛新宇大佐は「品質が高い像を作り続けることは遺族の強い望みだ」と、湖南省の決定を高く評価している。

 中国の市場調査機関、零点研究コンサルティンググループの「都市部住民の宗教信仰」に関する調査(2009年)によると、一般家庭の11・5%が毛沢東像を飾っている。


産経新聞:粗悪な毛沢東像は没収 出身地の中国湖南省が統一基準 2010.6.26
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110119/chn11011919570104-n1.htm


 新中国の創建者・毛沢東の像は昔から人気が高い。毛沢東への個人崇拝思想が高まった文革期には、毛沢東像は大量に製造され、その種類は数えきれない位に増えた。
 「文革」後、毛沢東は「神壇」を一段ずつ降りはじめた。しかし、生誕100年記念行事が盛大に行われた1993年以降、韶山観光市場では、毛沢東像ブームが再来した。
 毛沢東遺物館の夏佑新館長は「全国各地で製造された各種毛沢東像の中でも、1949年に天安門城楼で開かれた建国大典の毛沢東像と、建国宣言後上着姿で手を振る毛沢東像の人気が飛びぬけて高い」と語った。


人民網日本語版:湖南、毛沢東像を規格化 国内初2010年6月22日
http://j.people.com.cn/94475/7034874.html

こういうのが基準を満たすらしい。
人民網日本語版:湖南省が毛沢東彫像の統一基準を制定2010年7月1日
http://j.people.com.cn/96160/7049042.html
http://j.people.com.cn/96160/7049043.html


人民網日本語版:青島で毛沢東そっくりの奇石を発見
http://j.people.com.cn/94475/6669094.html

最初はどこに毛がいるのかもわからなかったが、しばらく見ていてようやくわかった。空にぽこっと出ている部分が毛の頭部(横顔)で、ぽこっの右上の少し色が違う部分が髪です。これがわかると体格のいい胸像のように見える。



毛沢東支持が「都市部住民の宗教信仰」で調査されるというのが不思議だが、実際に毛沢東支持は「信仰」と呼べる域で展開されているようだ。下は1年前の記事。


上海・千変万化:毛沢東「信仰」の再燃=鈴木玲子

 まるで仏に救いを求めて祈る信者のようだった。中国の故毛沢東主席(1893〜1976年)の古里、湖南省韶山。毛沢東広場に建つ高さ約10メートルの毛主席の像の前は、100人以上の「参拝者」であふれていた。人垣の中、中年女性がひざまずく。
地面に手と額をこすり付け、涙を流しながら像に向かって両手を合わせていた。

 拝礼していた中年男性は「株が暴落し、ためた金がパーだ。仕事もうまくいかない。毛時代は貧しくても皆が平等だった」と懐かしむ。近くの毛主席の故居前には数百人が並ぶ。毛主席の誕生日である12月26日、広場は未明から参観者で埋め尽くされるという。

 毛沢東「信仰」が中国で再燃している。文化大革命(66〜76年)では毛主席に対する個人崇拝が全土に吹き荒れたが、文革後の改革・開放政策による経済発展が進むと、各地にあった毛沢東像はめっきり減った。しかし、官僚の腐敗など社会矛盾が噴出し、発展から取り残された弱者の中には、大衆政治を目指した毛時代の「復活」を望む者も少なくない。
調査会社が08年に実施した庶民の宗教信仰に関する世論調査では、「家に毛沢東像をまつっている」と答えた人は11・5%。「先祖の位牌(いはい)」(12・1%)に次いで多く、「仏像」(9・9%)を上回った。

 北京の雑居ビルの一室を訪れると、市民約100人が49年の新中国建国時の社会状況について論じ合っていた。壁には「毛沢東思想が中国を救う」と書かれた横断幕。初老の男性が「誰もが新中国建設に燃え、金もうけに走ることはなかった」と現在の「拝金主義」の傾向に憤りを見せた。若い男性が口をはさみかけると、「君は生まれていなかった。おれはあの時代を生きてきた」と制した。参加者は中高年者が中心だが、若者の姿も多く、異様な熱気に圧倒された。

 暴力団一掃に大ナタを振るう重慶市トップの薄熙来・市党委書記は昨年5月、毛主席の格言を市民1300万人に携帯電話メールで送った。同年11月には格言集「毛沢東の箴言(しんげん)」が刊行された。湖南省長沙では同年12月26日、毛主席が32歳のころをモデルにした高さ32メートルの像が完成した。総工費7000万元(約9億円)。同省は、毛主席の誕生日を「中国の観光日」に定めるよう
中央政府に進言した。

 毛沢東「信仰」は、庶民の不満を底流に抱えながら、反腐敗運動や観光開発などさまざまな思惑が渦巻く中で広がっている。(上海支局)


毎日新聞 2010年1月25日 東京夕刊
http://mainichi.jp/select/opinion/suzuki/news/20100125dde012070015000c.html

これらの記事だけで薄熙来をみると、やけに陽気な人のように思われるが、調べてみるとなかなかすごい人物らしいが、ここでは扱わない。

人民網では毛主席生誕記念活動の記事に、毛を「世紀の偉人」と書いている。
「人民網日本語版」2010年12月27日
http://j.people.com.cn/94475/7243639.html

日本で毛支持を表明する人はすっかり見なくなった(仙谷の「文革」発言は例外的)し、日本の中国報道で毛支持の動きが伝わってくることはほとんどなくなったが、中国の毛支持はかなり強いらしい。人民網で毛沢東を検索すると単に歴史の登場人物ではなく、偉人として毛を扱う記事が幾つも出てきて日本との温度差を感じる。


 中国での故毛沢東主席に対する公式評価は「晩年に過ちもあったが、建国への貢献などを考えれば、全体として功績が上回る」だ。文化大革命中などに大量に作られた毛沢東像が、今でも一部残るのは、「玉虫色」の歴史評価のため。

  「個人崇拝」を前面に政治的安定を図る国で、指導者の「偶像」が作られることは珍しくない。ソ連におけるレーニン像、スターリン像、北朝鮮の金日成像、イラクのサダム・フセイン像などがある。政変が起こると、これらの像は「引き倒される」場合が多い。例外的なのは、モンゴル国で、現在でもウランバートル市内にレーニン像が残る。「偉い人には間違いないんだから、わざわざ壊す必要もないのでは」との市民感情があり、破壊を免れているという。(編集担当:如月隼人)


サーチナ:巨大「毛沢東」像改めて白塗り、26日は生誕117周年=福建 2010/12/17
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1217&f=national_1217_115.shtml

外はみぞれ、何を笑ふやレニン像。  太宰治
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

俺の勝利と怒り


高速料金上限制、ETC車限定に方針転換 料金複雑化で現金ムリ

 政府・与党は15日、新たに導入する高速道路の料金上限制について、対象を自動料金収受システム(ETC)の搭載車に限定する方針を固めた。4月に発表した制度案では、未搭載車も含めたすべての車を対象としていたが、ETC搭載率が利用者の8割前後まで上昇しているほか、通勤時間帯割引などの現行の割引制度を継続することにしているため、料金が複雑化し、現金支払いには料金所が対応できないと判断した。
 国交省は今月9日、普通車について、現行の土日祝日は1千円で乗り放題となる割引を廃止した上で、曜日に関係なく、普通車は一定以上の距離を走った場合、上限2千円とする制度案を提示。対象については、4月の案と同様にETC未搭載車も含めていた。
 これに対し、民主党などから1千円乗り放題に比べ値上げになるとの不満が噴出。このため、通勤時間帯割引などの現行制度を継続することにしたが、現金支払いの場合、誤徴収や料金所で渋滞が起きる恐れが出てきた。
 対象外のETC未搭載車は現在の正規料金が適用され、過度の負担が生じるため、不公平感を緩和する施策について検討する。


産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/101216/biz1012160201002-n1.htm


高速無料化、来年度は1200億円=区間の大幅増困難に−政府

 政府は16日、2011年度予算案に盛り込む高速道路の無料化社会実験の事業費を1200億円(今年度予算額1000億円)とする方針を固めた。今年度と同じ50区間の無料化を来年4月からさらに1年間継続するには1200億円程度が必要。実質的に、6月から開始した今年度並みの予算にとどまることになり、来年度の無料区間の大幅拡大は難しくなった。
 国土交通省は概算要求で、来年度予算の特別枠を活用して今年度の予算額を500億円上回る1500億円を要求。しかし、特別枠の配分をめぐる政府の政策コンテストの意見公募では高速無料化に厳しい評価が相次いでいた。(2010/12/16-12:14)


時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2010121600345


まだ決定前だから早計と言われようが俺は先ず喜びたい。かつて自民党政権時代にETC搭載車のみ一部を除き高速道路料金を値下げしたことがあり、伴ってETC設置費用の助成も行われた。我が家の車はその頃ETCを設置したのであるが、世間にはこれを「民主党は高速道路料金を無料にする、ETCなんか無駄だ」と主張する者が、信じられぬかもしれぬが、実在したのである。
やっぱり要るんじゃないかETC。仮に今すぐ全面無料化されたところで、我が家は自民党ETC搭載車1000円時代にETC設置費用の元を十分取ったので個人戦では勝ちが確定していたが、この度民主党自らETCを当てにした高速道路の約8割有料継続方針を打ち出したために「民主党政権になれば高速道路無料化でETCいらず」論者への全面的な勝利がほぼ確定したのである。もうとっくに確定していたという説もあるが、まだ勝利宣言していなかったので今した。



◇キーワード 高速道路無料化
 2003年の衆院選から民主党が政権公約に盛り込んだ。首都高速など都市部を除き、通行料金を原則無料にする。流通コストを下げたり、地域経済を活性化させたりするのが狙いで、段階的に実施する。これに向けて、6月から全区間の約2割にあたる1626キロで無料化の「社会実験」がスタートした。実験は来年3月末まで続けられ、地域経済への効果、渋滞や環境への影響を把握する。


朝日新聞 2010年07月04日
http://mytown.asahi.com/ibaraki/news.php?k_id=08000811007040002


民主党2009年マニフェストには、高速道路原則無料化を平成22〜23年に段階的実施、平成24年(2012年)から完全実施、と、受け取れなくも、ない、かな、というイメージ図が載っている。
テキスト版に具体的な日付を伴った工程は書かれていない。

30.高速道路を原則無料化して、地域経済の活性化を図る
【政策目的】
○流通コストの引き下げを通じて、生活コストを引き下げる。
○産地から消費地へ商品を運びやすいようにして、地域経済を活性化する。
○高速道路の出入り口を増設し、今ある社会資本を有効に使って、渋滞などの経済的損失を軽減する。
【具体策】
○割引率の順次拡大などの社会実験を実施し、その影響を確認しながら、高速道路を無料化していく。
【所要額】
1.3兆円程度


http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2009/index.html


2003年のマニフェスト(第43回衆議院総選挙)には3年以内と書いてあった。

道路公団廃止と高速道路原則無料化
多額の投資をしながら有効活用されていない高速道路を生かすことで、地方を活性化するとともに、流通コストの削減を図るために、高速道路は、3 年以内に、一部大都市を除き無料とします。日本道路公団・本州四国連絡橋公団は廃止します。無料化によってコストが削減するだけでなく、出入り口を大幅に増設できることから、地方の高速道路が暮らしに生かせる道路としてよみがえります。高速道路に係る債務返済と道路の維持管理には、年間2兆円が必要ですが、現在、国と地方を合わせて9兆円に達している道路予算の一部振り替えと、渋滞・環境対策の観点から例外的に徴収する大都市部の通行料でまかないます。


http://www.dpj.or.jp/policy/manifesto/manifesto2003/05_02.html#2

2004(第20回参議院選挙)・2005年(第44回衆議院総選挙)のマニフェストにも3年以内の原則無料化が明記されている。
2007年(第21回参議院選挙)には時期の明記がないが、マニフェスト内で『「高速道路事業改革基本法案」を提出しました』と書いてある。これは2004年4月に国会へ提出されたもので、法案には『第五条 高速道路事業の改革は、この法律の施行後三年以内に実施するものとする。第七条 (前半省略)当該高速道路の通行又は利用について、原則として料金を徴収しないようにするものとする。』と書いてある

民主党マニフェスト
http://www.dpj.or.jp/policy/manifesto/

高速道路事業改革基本法案の概要
http://www.dpj.or.jp/news/?num=496


一方、民主党が掲げている景気対策の一つに、高速道路の無料化という政策がある。もし、これが実現したらETCはどうなるか。いうまでもなく、ETCのシステムはすべて不要になってしまう。

日経BP:厳しい時代に「生き残る」には 経済アナリスト森永卓郎氏 2009年4月7日
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/o/179/index2.html


今度の総選挙で与党が勝てば、条件付き「1000円でどこまでも」方式が再来年3月まで続く。民主党が勝てば、平日も含めて無期限にタダ。ETCもへったくれもない。
世界と時代の潮流が日本のバカ高い高速道路料金の壁を崩しつつある。民主党は流れにさおさして官僚の抵抗と問題点をよく洗い出した。官僚に粘られて中間的な「1000円」案を採らざるを得なかった自民党との優劣は既に明らかだ。

と、毎日新聞の山田孝男さんは2009年6月に語る。
http://qazwsx.seesaa.net/article/122964595.html





2011年1月2日にフジテレビ系で放送される新春ドラマ「新春サザエさんスペシャル」(中略)
ドラマの中でカツオが妄想する未来のシーンには、平野綾も出演。トシ(タカアンドトシ)演じるカツオと平野綾演じるカオリちゃんが新婚生活を展開する。

ナタリー
http://natalie.mu/music/news/42152

カツオには今年中にくたばっていただきたい。まだ間に合う。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

いいかげんに目を覚ませ!

郵便ポストに入っていた幸福の科学小冊子5月号を今になって開いてみた。
君は読んだか。すごいことが書かれている。





日本の未来を憂う。

天上界の神々は、今の日本をどのようにご覧になっているか。
大川隆法総裁の霊言集のなかに、その答えがある。
日本人よ、いいかげんに目を覚ませ!
高級霊からの警醒の声を、
あなた自身の魂で、まっすぐに受け止めてほしい。



松下幸之助の霊言
単なる同情のために撒くような金は、
ほどほどにしなはれ。
怠けとるやつについては、
鞭打って働かしなさい。
汗を流して働きなさい。



坂本龍馬の霊言
小沢一郎が「無血革命」やったって?
なんもしとらん。
看板を替えただけのことだ。
革命でも何でもないわ、あんなのは。



吉田松陰の霊言
ときには心を鬼にすることが、
仏に通じることもあるのだ。
今必要なのは、"辛口"の政策だ。
国民に厳しさを突きつけねばならない。



西郷隆盛の霊言
国民が間違い、政治家が間違い、
マスコミが間違っているならば、
破滅以外にあるべきものはない。
奈落の底より国家を再生せよ。



福沢諭吉の霊言
(現在の学問が)実用の学から
離れている理由の一つは、
教員制度にあるのではなかと、
私は思うんですよ。


二宮尊徳の霊言
(年金制度は)もともと老後を
養うつもりなどなかったはずで、
税収の不足を補うつもりで
やっていたはずですね。



渋沢栄一の霊言
(鳩山政権は)
役所も使う気がなくなって、
「政治主導でやる」って
言ってるんでしょ。
恐怖の素人政治が、
今、始まろうとしているわけだ。



勝海舟の霊言
今年は、外交は危険だよ。
このままで行くと、年内日本は、
「アメリカを取るか、中国を取るか」の
二者択一に追い込まれる。



P.F.ドラッカーの霊言
鳩山さんの、
「先進国に先駆けて、
CO2を25%カットする」というのは、
"日本自殺宣言"であることは
間違いないでしょうね。



ミカエルの霊言
アメリカという国をナメているようですが、
もうそろそろ我慢の限界です。
今年、爆発します。
もう許さないと思います。



ムハンマドの霊言
(日本は)まもなく
中国に支配される可能性があります。
この十年のせめぎ合いで
流れが決定すると思いますね。



まあ、いつもの大川総裁なのですが、不信心者には馴染みのない世界だけにドキッとしてしまいました。
渋沢の「言ってるんでしょ」という現世との距離感、福沢の「私は思うんですよ」という謙虚、一人だけなまりが抜けない松下など、生き生きとした言葉がたまりませんね。どんなに敬虔なキリスト教徒やイスラム教徒でも、時事問題についてミカエルやムハンマドの寸評を聴くことはなかなかないでしょう。
アメリカの怒りが本物であるとよくわかります。もう許さないと思います。



幸福の教えはなんだか近づきがたいなあ、と思う貴方へ。
まずは4コママンガで親しんでみては?

萌える幸福の科学 4コマ漫画
メイド喫茶の主人公による4コマ漫画。時事的な話題を織り交ぜて「幸福の科学」の教えや「幸福実現党」の政策を紹介しています。 (宗教法人幸福の科学ならびに幸福実現党の公式サイトではありません。この漫画に登場する人物・団体は架空のものです。)
http://ameblo.jp/elne/

posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

10/05/10


最近、首相は海兵隊が抑止力であることを学んだそうでなによりだ。
論語をパラパラ捲っていたら、陽貨篇8で孔子がこんなことを言っていた。


仁を好んでも学問を好まないと、その害として〔情におぼれて〕愚かとなる。智を好んでも学問を好まないと、その害として〔高遠に走って〕とりとめがなくなる。信を好んでも学問を好まないと、その害として〔盲信におちいって〕人をそこなうことになる。まっ直ぐなのを好んでも学問を好まないと、その害としてきゅうくつになる。勇を好んでも学問を好まないと、その害として乱暴になる。剛強を好んでも学問を好まないと、その害として気違い沙汰になる。 (金谷治訳)


呆れた。内閣支持率が低迷しているものだから、世間に迎合して鳩山バッシングと来たよ。「愚かとなる」なんてルーピーの誤訳だった話を未だに引っ張り出して御熱心なことだ。要するに鳩山を貶めたいだけじゃん。いつも君子だの政治だのを偉そうに語ってるけどさ、お前は本当に日本のことを考えているのか、と孔子に問いたい。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

反体制パンクロックの前に

政治の領域にある事柄へ子供に口出しさせる集会に嫌なものを感じていたところ、これは「鼓腹撃壌」に繋がるのではないかと気付いた。

「鰹節が生きてる!」とお好み焼きに怯え「ソースをかけると死ぬ!」と生命の神秘に心打たれる、純朴なれど教養と学識が欠如した君へ、慈悲深くも御説明してさしあげますると、「鼓腹撃壌」とは、中国地方に伝わるスペースオペラで、セイントカイザー堯が身分を隠して諸国漫遊する道中を描いたものです。何度かリメイクされるほどの人気ぶりで、終盤の激しいドラミングとシャウトのライブシーンが最大の見せ場となっています。
ファンも評論家もこのライブを重点的に語りがちなんだけど、今回私が取り上げたいのは、その前にストリートチルドレンたちが日々の生活と政治に関する雑感を歌い上げるシーンで、カイザー堯がそれを聴いて、大切な市民の声を真摯に受け取ろうとするんだけど、すぐさま思い直すやつ。
「もしかしてこれ、大人に歌わされてるだけじゃねーの」

ライブを通して示された政治の理想形がこの作品のテーマなんだけど、自分の意見を持ち主張することが手放しに尊ばれ、市民であることが政治に物申す立派な資格となった民主主義国家日本には、堯の判断に学ぶべきものがあるのではないだろうか。

 
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

デイ

菅直人 今日の一言

ウズベキスタン
2010年5月 4日 17:42 :

 ウズベキスタンから今日帰国。往復とも韓国経由。日本の空港のハブ化の遅れを痛感。日本全体の空港戦略がなく与野党の政治家による地方空港整備の要請に応えた結果だ。アセアン+日中韓の会議やアジア開発銀行の総会に出席。アジア勢は日本を除いて元気がいい。日本を生き返らせるためには的確でスピーデイな政策遂行が必要だ。


http://www.n-kan.jp/2010/05/post-1950.php

この日に、この最後の一文。首相への非難かと勘ぐってしまったが、考えすぎだろう。





あっ!

「スピーディ」じゃなくて「スピーデイ」になってる!
江戸っ子なのか! (「てやんでい」みたいな。しかし管直人は山口出身、本籍岡山です)


そういえば、かつてこんな表記もあった。



松野頼三さんが亡くなられた。政局の節目で時折アドバイスをいただいていた。ダンデイーな姿が忘れられない。


アドバイス
2006年5月11日 00:00 :
http://www.n-kan.jp/2006/05/post-269.php

ダンデイー。
ひょっとすると、こんな表記がゴロゴロしているのかも知れぬと思って一言を幾つか読んでみると、ヨーロッパ・ギリシャ・ニュートン・マニフェスト、と間違いはない。
単に同じ入力間違いが目に付いただけだろう。そう思ったが、サイト内検索で「デイ」を検索してみることを思いつき、期待するでもなくやってみた。














ワイズ・スペンデイングか。それとも一時的バラマキで経済再建につながらないフーリッシュ・スペンデイングか。

フーリッシュ・スペンデイング
2009年4月30日 07:14 :
http://www.n-kan.jp/2009/04/post-1905.php



電力は風力とソーラ、使用する車はバイオデイーゼルか又はバイオエタノール車。こんな本部を作ってみたいが今のところ実現可能性は低い

師走
2007年11月30日 00:00 :
http://www.n-kan.jp/2007/11/post-14.php



私はこれまですでに「バイオマスエタノールは食料と同じ原料のため限界がある」と指摘してきた。キューピーマヨネーズの値上げもバイオデイーゼルなどエネルギーとのバッテイングによる原料の高騰が原因。食料とバッテングしない草木を原料としたバイオエネルギーの実現が必要。その応援を続けている。

バイオエネルギー
2007年5月11日 00:00 :
http://www.n-kan.jp/2007/05/post-93.php



昨日の続き東京を考える。日本の現状は経済もメデイアも政治も極端に東京に集中している。

東京(続)
2007年3月17日 00:00 :
http://www.n-kan.jp/2007/03/post-108.php



東京はメデイアも金融も官庁も国会も全てが集まり全国に大きな影響を与える存在。

東京
2007年3月16日 00:00 :
http://www.n-kan.jp/2007/03/post-109.php



上野の東京美術館に、日展で特選を受賞したジュデイ・オングさんの木版画を見に出かける。作品は現在、料亭として使われている江戸時代末期に建てられた建物をモデルにした100号の大作。ジュデイ・オングさん本人に案内してもらい、作品の説明も受け感激。

日展
2005年11月16日 00:00 :
http://www.n-kan.jp/2005/11/post-382.php



ベンチャー的技術開発のコーデイネイトも手がけたいと書いたため、早速クリーンなエネルギーによる動力装置の実用化の相談もいただいた。

自治体選挙
2005年10月20日 00:00 :
http://www.n-kan.jp/2005/10/post-397.php



大阪大学教授の小野善康教授のインタビユー記事がちょうど読売の朝刊に出ている。もう一人のパネリストには高野孟氏を頼んだ。コーデイネイターには学生時代からの友人で厚生大臣時代に秘書官もやってもらった宮城氏にお願いした。

シンポジウム
2002年4月24日 00:00 :
http://www.n-kan.jp/2002/04/post-1325.php



先に紹介したもの以外から、検索結果の気になる部分を抜粋した。これはどういうことだろう。最後には「インタビユー」なる新種も発見された。
原語に忠実な発音だとデイが適切なのだろうか。
でも、「ジュデイ・オング」はやりすぎだと思う。

一年ほど前に、鳩山由紀夫の公式サイトで「日本→日木」「自由→白由」「理解→埋解」のように、奇妙な表記が行われていたことがある。しかも同単語が同じ文章中に正しい表記でも出てくる。原因は幾説か考えられているが、特定には至らなかったと思う。

魚拓
http://s01.megalodon.jp/2009-0420-1406-47/www.hatoyama.gr.jp/cont03/speech/ot02_2.html



ふと思いついて、菅直人公式サイトで「ディ」を検索してみる。
ディーゼル・メディア・ハードランディング・ムーディーズ、と出てくるではないか。「デイ」になっていたのは多分、ローマ字入力をする際、Iを打つ前にXを打つのを忘れただけなのだろう。(でも「ディ」で引っかかる記事は6件しかなかった)
真実はひとつ。謎はすべて解けた。じっちゃんも成仏。




麻生自民党政調会長は自爆テロに備えて「バズーガ砲」も持って行くべきと繰り返し発言している。

攻撃目標
2001年10月 7日 00:00 :
http://www.n-kan.jp/2001/10/post-1508.php

これは「」で強調しているあたり、麻生がbazookaをバズーガと発音したのだろう。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

10/05/03

ニュースで福島瑞穂が「憲法9条はどんなことがあっても変えさせません」と言っているのを見る。言葉の綾なのだろうが、意地悪に重箱の隅を突付くと、憲法自身が改憲を認めているのだから福島の発言は憲法違反ではないかと思う。


「社民党がいる限り、憲法審査会は動かしません!」とも。

福島みずほのどきどき日記/span> 5/3
http://mizuhofukushima.blog83.fc2.com/blog-date-20100503-1.html






不名誉な話を蒸し返して申し訳ないが、社民党に関してもうひとつ。
土井たかこにはこんな発言があった。



【6:65】【政治】土井前社民党首「参院選、違反すれすれで頑張ろう」
1 名前:うろんφ ★ 04/06/23 22:55

社民党の土井たか子・前党首は23日夕、党本部で行われた参院再選を目指す
福島党首の「出発式」であいさつし、「『無理をしないで』とは断じて言わない。
無理をして、無理をできる限りして勝って欲しい」と激励した。その上で、
「選挙違反をやっていいとは言わないが、すれすれのところまで、本気になって頑張ろう」と述べた。


引用元
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20040623ia22.htm


既に引用元は消えているが、私は当時テレビでこれを見て驚いた記憶がある。
これ、リークじゃなくて部外者(マスコミ)のいる前で言ってんだよ。

posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

LSD

ああ、ごめんなさい。申し訳ない。すいません。私は先日鳩山首相が米紙コラムにてloopyと書かれたことについて、その意味を「くるくるぱー」と断定しましたが誤りでした。





鳩山首相は「現実から変に遊離した人」 米紙コラムニスト
2010.4.28 13:31

 鳩山由紀夫首相を核安全保障サミットの「最大の敗者」と皮肉った米紙ワシントン・ポストは、同記事で首相を表現した「ルーピー(loopy)」は「愚か」や「変わり者」でなく「現実から変に遊離した人」が真意だとするコラムを28日付の同紙電子版に載せた。
 著名コラムニストのアル・カメン氏が再び執筆。記事をめぐっては平野博文官房長官らが「非礼な面がある」と不快感を示していたが、首相を重ねてやゆしているとの指摘も出そうだ。
 カメン氏は「ルーピー」について「組織の意思決定について十分な情報を得ている、つまり『輪の中に入っている』状態とは正反対の意味」とも強調した。
 首相が国会で「ポスト紙が言うように、私は愚かな首相かもしれない」と答弁したことに触れ「ルーピー」という言葉が日本で注目を浴びていると紹介した。(共同)


産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100428/amr1004281336010-n1.htm


「loopy」は「現実離れ」 米紙、鳩山氏批判で辛口続報

(前略)
(コラム筆者は)日本の言語学者から「愚か」と翻訳されたのはおかしいとの訴えがあったことに言及。「ルーピー」の代表例として、浮気が報じられたエドワーズ元上院議員が再三うその言い訳をしたことを挙げ、「現実から奇妙に遊離している」という意味だと解説した。

「これで(鳩山氏の)助けになるといいね」と締めくくったが、鳩山氏を評価していないことに変わりはないようだ。


日本経済新聞



米国では格好つけて英語で記事を書くので、こんな過ちが生じてしまいました。米英帝国主義による英語の押し付けを我々は断じて許すわけにはいきません。抗議の声をあげましょう。ローマ字で書け!


ワシントンポスト:'Loopy' takes Japan by storm
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/04/27/AR2010042704746_pf.html


無学文盲ながらざっと読んでみると、産経日経が報じた「現実から奇妙に遊離している」で大体あっているよーな気がします。





私は、人々が縦列をつくって黙々と歩いている横に並んで、ふわふわと飛んでいる鳩山さんを想像しました。人々は薄暗い中を歩いていますが、鳩山さんの周辺だけは青空です。時々笑いながら幸夫人が飛んできて、夫婦でワルツを踊ります。踊り終わると、幸夫人は笑いながら何処かへ飛んでゆきます。行き先は誰にもわかりません。
BGMはThe Beatlesの「Loopy in the Sky with Diamonds」です。お金持ちとDiamonds、太陽パクパクとthe sun in her eyes、何を考えているのかよくわからない様子とyour head in the clouds、鳩山さんの言動と曲全体に漂う奇妙な遊離感、どれもピッタリだと思います。これは鳩山総理のためにThe Beatlesが再結成し、自身の曲をリメイクしたものです。原曲とあまり変わりません。



 
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

ディスアビリティー

「障がい」表記 呼ばれる側の立場から

 「障害者」という表記を「障がい者」などに改める動きが広がっている。「害」には否定的な意味、印象が強いといわれるためで、国の論議も始まった。呼ばれる側の立場から考えたい。
 「障がい」表記の基になっているのは、戦前に使われていた「障碍(がい)」。「害」が「損なう」「災い」の意味なのに対し、「碍」は「妨げる」の意で、否定的な意味合いが比較的弱いとされることから言い換えに使う人もいる。自治体などでは「障がい」を使うところが増えている。
 内閣府によると、二〇〇八年度末で都道府県と政令指定都市のうち、岐阜、三重両県、浜松市など十道府県と五市が「障がい者」「障がいのある人(方)」という言い方に変更している。東京都多摩市や愛知県豊田市、石川県加賀市など、市町村でも改めたところがある。
 英語圏でも「ハンディキャップド」があまり使われなくなった。「キャップ・イン・ハンド(手に帽子)」が物ごいを連想させるからだともいう。最近は「パーソン・ウィズ・ディスアビリティー(障害のある人)」が一般的で、バンクーバー・パラリンピックでもこの表記を使用した。
 国の法令は今もすべて「障害」だが、鳩山政権は見直しに積極的だ。障害者政策を提言するために新たに発足した「障がい者制度改革推進会議」は、政府の会議では初めて名称に「がい」を使用。正式に法令上の表記も検討する。
 ただ、変更については、障害者の意見もさまざま。「『害』をなくしても、障害者への偏見が変わるとは思えない」と消極的な人もいる。その思いも考えたい。精神分裂病を統合失調症、痴呆(ちほう)症を認知症と表記を変えたのは言葉の正確さだけでなく、呼ばれる側の痛みの反映でもあった。
 鳩山首相は一月の施政方針演説で、障害者を「努力を必要とする人」という意味の英語「チャレンジド」と呼んだ。首相なりの発議だったのだろう。
 「推進会議」は、障害そのものの定義の見直しをすることにもなっている。国際的な障害の定義では、障害者の社会参加を阻む社会の側の対応が重視されるようになった。
 問われているのは社会でもある。会議の委員二十四人のうち十四人が障害者やその家族だ。当事者ならではの議論を通じ、新しい社会・社会参加像を見いだし、新しい表記も見つけてほしい。


中日新聞 社説
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2010032202000053.html


「呼ばれる側の立場から」なんて書いてあるから期待して読んだら、期待はずれだった。

しかし、ハンディキャップド云々の話には新知識を得られた。「パーソン・ウィズ・ディスアビリティー」という呼び名(単にディスアビリティーと略してもいいようだ)は、アビリティー(能力)がディス(否定・欠如・無など)なんだから、要するに「身体障害者」ほぼそのままの呼び名で、日本の障害者表記に問題が無いことを意味しているのではないか? 能力障害者と呼べばいいのか? それだとちょっと機能障害っぽいが。
パラリンピックで使っているのだから、呼ばれる側を無視した呼び名ではないはずだ。
ハンディキャップドの問題点は理解できたが、ディスアビリティーはより直接的表現であり、日本の「障がい」化への流れとは反しているようにしか思えない。

「チャレンジド」には「挑戦という使命やチャンスを与えられた人」という意味が込められているらしい。誰が言い出したか知らないが、キリスト教文化圏の敬虔な前向き真面目が考えそうな呼び名だ。障害があるだけでチャレンジドとは馬鹿らしい、と私は思うが思わない人は思わないから困る。向こうは善意のつもりなんだろう。

前にNHKである障害者がこんなことを言っていた。

安藤(聴覚障害)「番組で取材してもらったが、それをみた健常者からどうやって障害を乗り越えたのかと言われる。自分は生まれつき障害があり、それが普通なので乗り越えたという意識がない。どうも、テレビでは『すばらしい障害者』として描かれてしまい、実際の自分からは乖離した姿になってしまって大きなプレッシャーを感じるようになった」

同番組では、ある車椅子生活者からも「車椅子に乗っていると、頑張っているね、と言われることがある。自分は普通のこととして車椅子に乗っているだけで、何か頑張っているわけではない」という意見もあった。

チャレンジドに平気な人は、ここから何か汲んでもらいたい。



この障害名称問題の話はちぃちょい出てくるが、私が知りたいのは「じゃあ本人は何と呼ばれたいんだ」であり、まずは障害者による協議で新名称案を幾つか用意して、それから世間に問うべきだろうと思っている。健常者が何もかも御膳立てすべき話じゃない。だから、健常者が障害者を蔑ろにしているからこんなにひどい呼び名を式の論調には辟易する。
「障がい者制度改革推進会議」はその名前にげんなりするが、政府という大きな看板の下でやるからには、結論が出ずとも何らかの積み重ね、起点に出来るだろうから、良い試みになるだろうと思う。



「障害」を「障がい」と表記して何か対応できたかのように思える人は、お猿さんではないかと思う。その「がい」の示すところは「碍」か「害」以外の何者でもない。朝に木の実が三つ、暮に四つじゃ我慢ならぬ。朝四つ、暮三つにしてもらったぞ、わーい。同じことである。また、「障」は「差し障る」なのに表記を許していることからも、少々お猿さんではないかと思う。



障がい者制度改革推進会議の発言録が公開されていたので、「障害の表記に関する意見」の部分を読んでみた。
中身を簡潔に纏めると、障害名称の是非・障害表記法について各委員が意見表明しただけのような段階で、良くも悪くも表記問題第一回という印象。対案といえるほどの意見も出されず。
思っていたよりも障害表記を可とする意見が主張されていて、ちょっと安心した。これならば、「障がい」を受け入れて平気な感覚での話に染まることはないだろう。
私は「障害」でいいと思っている。それに代わる適切な名称があれば変えてもいい。だから、不満があるならまず対案を。
「障害のある人」は、しまりがない。可哀想な人に同情しながら話しかけているような感触がある。「障害のある方」も馬鹿丁寧なだけで、腫れ物に触るようだ。
会議ではチャレンジドという名称も紹介されていたが、人気薄だった。総理……。

第5回障がい者制度改革推進会議議事次第
http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/kaikaku/s_kaigi/k_5/index.html
※リンク先においてある資料はPDF。


興味深かった意見を二つ

【尾上委員】 尾上浩二 (NPO)障害者インターナショナルに本会議事務局長
障害者権利条約の批准に際して、求められているのは障害についての医学モ
デルから社会モデルへの転換であり、そのことをふまえた各種の法改正を行い、
制度の谷間なく、必要な人が必要な支援等を得て、地域での自立した生活を実
現できるような社会をつくることである。
そうした医学モデルから社会モデルへの転換ということなく、表記だけを見直
すことに積極的な意味を見いだすことはできない。
権利条約では、「Impairment」は、視覚、聴覚、上下肢等の機能の不全等を意
味する機能障害を表し、「Disabilities」は、社会環境との相互作用において障
害者の生活や行動が制限・制約される「社会的不利」を意味する。そして、第1
条後段で、障害者は、「障害者(Persons with Disabilities)」と定義され、
「Impairment(機能障害)」のある人々は、その中に含まれると規定した。前文
(e)においても、同様の考え方を採用している。障害者の社会参加の不利の原因
を、個人の機能障害に求めるものではなく、機能障害と社会との相互の作用に
よって生じるもの、ということである。一方、個人の機能障害に社会参加の不
利の原因を求める考え方が「障害の医学モデル」である。


ディスアビリティーへの疑問氷解。ディスなのは身体機能のみを指すのではなく、そこに社会が対応出来ていない不備をも指しているのか。
日本で障害者の物語が多く美談とされていたり、障害に「頑張っている」「乗り越える」という言葉が付き物なのは、障害を個人的な事情とする感覚が突出していることの反映だろう。ディスアビリティーという概念は普及の必要があるとは思うものの、障害と関わりのない生活をしている多くの人々にとっては、なかなか実感しにくい概念ではなかろうか。じゃあそれでどうしたらいいの、と。バリアフリーの推進くらいしか思い浮かばないし、日本語でピタリとくるディスアビリティーの訳語もちょっと思い浮かばない。


【佐藤委員】 佐藤久夫 日本社会事業大学教授
「障碍」がよいと思う。
「碍」の本字は「礙」であり、この意味は「旅人が道をふさいでいる大きな
石の前で立ち止まってどうしたらよいか考え込んでいる姿」と香港の大学教員
から説明を受けた。(10 年程前に,香港私立大学助教授で国際リハビリテーショ
ン協会(RI)社会委員長、ジョセフ・コック氏から,故埼玉県立大学教授丸山一
郎氏などとともに)。
環境の障壁を前に立ち止まっているとの意味は,現実を反映しており,また障
害者権利条約やICF の視点からしても適切な表現と思われる。


旅人は障害へどう取り組めばいいのか思案する健常者の姿でもあり、自身の障害へどう取り組めばいいのか思案する障害者の姿でもあり、障害と社会との関わりについて思案する世の中全体の姿とも受け取れる。なかなかうまく出来ているではないか。
ラベル:中日新聞
posted by ヨシノブ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

非常に仲がいい

岡田氏「私たちは仲良しトリオ」 “蚊帳の外”に反論

 岡田克也外相は6日、札幌市内での講演などで、米軍普天間飛行場移設問題をめぐり平野博文官房長官と北沢俊美防衛相がルース駐日米大使と極秘会談したことに関し「新聞は『外相は外されているのではないか』と想像たくましく書くが、私たちは昔から非常に仲の良い3人トリオだ。お互いに連絡を取っている」と反論した。

 “蚊帳の外”との見方が広がることに神経質になっている様子で、極秘会談に呼ばれなかったことについては「私に負担をかけずに進めなければという思いがあるのだろう。感謝している」と強調。その一方で「3人の言うことが違うじゃないかと言われる。3閣僚が力を合わせることが必要だ」とも述べ、暗に平野氏らをけん制した。


北海道新聞
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/219248.html

あの生真面目な岡田による「非常に仲の良い3人トリオだという言葉の選択が可愛らしいので記録しておきたい。「私たちは仲良しトリオ」という記事の見出しが、何かの小さい賞を取った小中学生の作文題名のようである。
新聞のたくましき想像通りならば、バブられた一人が「僕たち仲良しトリオなんだい」と言い張っていることになり、不憫でならない。それに「3人の言うことが違う、力を合わせることが必要だ」という発言からは、実のところ仲が良くないような想像が働く。

そういえば私も、小学五年の時に担任の発案したる調査で、各自友達二人の名を紙に記せと命じられ、その後担任が回収した紙が教卓の上に出しっぱなしになっていて事実上の結果発表となり、私が「私たちは仲良しトリオ」だと思っていたうちの二人の紙には私の名前が。名前が。他の紙にも私の。私の名前は。
あとは想像にまかせる。
posted by ヨシノブ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

だが、待ってほしい。孤立する。

幾つか主張を抜き出してみれば、私と彼らには共通するところがある。だからといって支持者に見られるのは困るし、目指すところが違うとしても彼らの姿勢には納得がいかない。
そこで改善をすすめてみた。その反応で、何を考えての抗議姿勢なのか、それをどう評価しての支持なのかも知りたい。
質問を絞り、波風立てず、相手を立てているので、簡単な遣り取りで済むだろうと思ったが、そうは問屋が卸さない。
『良識派の振りをしたサヨク』『反対派を無視するような差別主義者』『荒らし』『他人の間違いを批判する一方で自分の間違いを批判されたら自己弁護しかしないで反省もしない』『「自分は善人で正しい事をしている」と勘違いした狭量な人間』『痛い人間』『軍曹氏へ意見できる人間的資格はこれっぽっちも無い』『都合の悪い指摘から逃げ回る典型的なサヨクの態度』『随分と他人に厳しく自分に甘い奴』『自分の論拠が行き詰った人間』『相良氏への唯一の追求点を封じられまいと必死になっている左翼』との称号を賜ったものの、話は一向に進まなかった。
そんな牛さんのお話。



ADON-K@戯れ言:【緊急街宣!】変態タカリ新聞社が捏造記事を書いたので、突撃抗議してみますた。【電話ガチャ切りwww】
http://adon-k.seesaa.net/article/128285364.html



「手を出されたら…その時は遠慮は要りません!!容赦なく反撃してやりなさい!!!」の発言は、別の記事にある相良氏のコメントによる。


15 相良 宗介 at 2009年09月28日 08:22

(前半省略)

ちなみに、こういうデモ行進の際は、西村修平氏や桜井誠氏が口をすっぱくして言ってます。

『いいですか、左翼のバカタレどもが突っかかって来ても、こちらからは手を出してはいけません!
ただし、手を出されたら…その時は遠慮は要りません!!容赦なく反撃してやりなさい!!!』(桜井誠氏)


つか、集団暴行とかやってたら…デモ行進は中止になるし、逮捕者がゾロゾロ出るでしょうに。
そんな事になったら、絶対テロ麻とかT豚Sが黙ってないでしょうに。

ま、今日のニュースでテレビや新聞がどう扱うか、ですな。



ADON-K@戯れ言:【社会】外国人参政権断固反対東京デモ中に「反対」というプラカードを持った男性1名を集団暴行
http://adon-k.seesaa.net/article/129009225.html
posted by ヨシノブ at 02:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメント欄にメールドレス、ホームページアドレスの記入は必要ありません。気軽に無記入で。 スパムメール回避のためにも、メールアドレスをそのまま書き込むのは推奨しません。返信方針についてはこちら