2015年11月04日

15/11/03

苛立ちで気分が悪い。
私は自分と外界に壁を作って自分の求めるところ以外は何も考えず何も感じない人間になりたいし、その方向にしか生きていく道がない。他に生きようがないではないか。私など生きるに値しないのだから。
しかし、生きてゆけるだけの才覚も資産もない。
今日もつまらぬことに心を捕らわれて気分を害し吐き気がする。
私は死にたい。しばらくはこんなことを書きたくなかったが、自分の浅ましさがその気持ちにも穴があいた。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

15/9/13


俺は悪の組織に捕まり改造手術を受けている最中に逃走した。だから改造人間には違いないけど、強いストレスを受けると口から『醤油』を吐く以外、普通の人間とは何にも違いはない。『醤油』と言っても、黒い液状に変質した消化物だ。

組織が何を目指して俺を改造していたのか全くわからん。
ところが、最近大変なことを知った。バッタを捕まえると、胃の中の消化物を吐くことがよくあるのだという。この消化物が見た目から『醤油』と呼ばれているらしいのだ。シティボーイの俺は知らなかった。

つまり、俺はバッタの改造人間。
もしかしたら、もう少しで仮面ライダーになっていたのかもしれないのだ。
子供の頃に憧れ、改造人間の端くれとして今でもちょっと憧れている、あのヒーローに。
嫉妬も僻みも擁いた、あのヒーローに。

逃げ出すのをもうちょっと待っていたらな、って思ってる。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

15/9/2

私はもう寝なければいけない時間なのに起きているから書くけど、男の子同士でおちんちんにプロレス技をかけあう競技で友情を育んだり成長したりする少年漫画(ギャグ漫画にしてはいけない)にはまだ誰も着手していないのではないか。と思ったがおちんちんに限定して掛けられるプロレス技となると非常に限定的で、これはおちんちんプロレス用に1から技を考えるくらいの心構えが要る。

男の世界を考えたところで、女の世界についても考えてみたい。

女の子同士でプロレスする漫画が足りない。女子プロレスとは違う、女の子プロレスである。指先でつんつん突いたり(ひゃんっ!)、ほっぺたをムニュッとつまんだり(ひゃなしてよぉ〜)、くすぐったり(やだっ、そんなとこだめぇ)と、それなりに激しい競技だ。大抵は泣いちゃうぞ。
基本的にひざ立ちで進行し、薄いベビードールみたいなのが競技服。観客も全部女。男の子同士のように友情や友情を超えた何かを育まざるを得ない。
posted by ヨシノブ at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

15/08/30

わからない。世の中の不思議の一つは、観劇マナーのなっていない老人は何故そうなったのかという何度も観測された事実が俺を苛む。

 ・若い頃からマナーがなっていないまま干からびた。
 ・若い頃はマナー違反に眉を顰めるような常識人だったが脳がダメになったのでダメ人間になった。
 ・そもそもマナーに対して反発している。自由を取り戻せ!
 ・すべてが許された者。特権を得た者。マナーに縛られない上位存在。

あいつらは何者なんだ。

上演中にビニールをガサガサいわせる、バックの中をガサゴソ音をたてて漁る、そして取り出した飴玉の包みをガサガサいわせる、お友達と楽しいお喋り、後ろの客が見づらくなるのに身を乗り出して見る。
ぜーんぶ上演前にやっちゃダメだってアナウンスされてるやつ。でもやる。老人どもが。
俺の座席の近くに高確率で生じる不逞老人どもが。

寝てしまうのはまだ情状酌量の余地がある。心地良い空間であるから。しかし、連れが鼾たてて寝ていたら起こせよ、お前。俺の隣に座っていた婆のお前が、さっきまで仲良く上演中にお喋りしてビニールをガサガサいわせてガム取り出して分け合っていて今は鼾たてて寝ているお友達の婆を。

時計仕掛けのオレンジよろしく椅子に縛りつけて観させろ。それか棺桶に固定して「今はお花の教室には通っているの?」「いや、お茶だけ」などと芝居中に会話を始めたら火葬場に放り込め!
posted by ヨシノブ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

15/8/25

もう生きているのは嫌だ! 死ぬ!
それで俺は生まれて初めて硫酸のプールに飛び込んだ!
俺は輪郭すら残さず世の中から消えるのだ!

しかし俺は死ななかった。
ちっとも溶けやしない。
溶けるどころかプールの端から端までチャプチャプ泳いで
一回プールサイドに上がってベンチでジュース飲んで
またプールに飛び込んでプカプカ浮いていても何ともない。
死に直面することで超人的な能力が開花したのだ。


なーんてね。
俺が飛び込んだのが硫酸のプールっていうのは勘違いで、
実際には劉さんという中国人マフィアの家のプールだったんだ。ははは。
すぐに殺されちゃった。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

15/8/17

むかしむかし、ある村に羊飼いの少年がいました。

あるとき少年は、村人たちを驚かそうと「狼が来たぞ、狼が来たぞ」と大声で嘘をつきました。すると、村人たちは驚いて少年のもとに駆けつけました。
そんな村人を見て少年は大笑い。村人たちは騙されたことを知って帰っていきました。

次の日、少年はまた「狼が来たぞ、狼が来たぞ」と大声で嘘をつきました。すると、村人たちは驚いて少年のもとに駆けつけました。
そんな村人を見て少年は大笑い。村人たちは騙されたことを知って帰っていきました。

また次の日、そのまた次の日、少年は狼が来たと嘘をつき、その度に村人は驚いて駆けつけるのでした。
それが1週間くらい続くと、「何でこいつらはいちいち駆けつけるのか、学習することを知らんのか」と少年は腹が立ってきました。
少年は駆けつけた村人を注意するようになりましたが、それでもまた狼が来たぞと言えば村人はいちいち駆けつけます。
少年は村人たちを正座させて厳しく説教しました。


次の日、少年は「狼が来たぞ」と嘘をついてみましたが、村人たちは来ませんでした。行けば怒られると思ったので。
posted by ヨシノブ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

15/2/8

家の前を一つの土管が立ったまま通り過ぎてゆく。
たまに土管の中から首が出てきて、周囲を確認すると引っ込む。土管の中にはバイクに乗った人が居たのだ。
ラベル:
posted by ヨシノブ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

15/06/21

パン屋をやっている若い大学生の男がいて、あんまり経営が芳しくないのだけれど、
これをなんとかしようと協力してくれる友人もいて、その友人から宣伝されて
私はそのパン屋へ行った。
私は既に友人宣伝のサービスとして袋一杯に丸っこいパンを貰っていて、
それをもぐもぐしながら店まで行った。もっちりというには随分と歯ごたえがある。
商店街といえば聞こえはいいが、みすぼらしい店のあつまりの一角、
民家の土間を拡張した狭い空間にその店はあった。
バケツのような容器が6つくらいあって、そのバケツには丸っこいパンか、
そのパンに小豆を混ぜて黄粉をまぶした奴のどちらかが詰まっていた。
バケツに挟まれて若い男が黒く分厚い本を読んでいる。
私はパンが2種類しかないことに、これでは商売にならぬだろうとちょっと驚いて、
商売にならぬという部分は伏せて他にパンはないのかと問うた。
男は他の材料を扱うには色々と手続きが必要で、商品を増やせないのです、
それにハーバードギルバート大学のことで頭が一杯で、と答えて本のページを捲った。
ひとり先客がいて、これも友人宣伝でやってきた筋だと見えた。
そいつが、武井徹教授を知っているので店の相談してみましょうか、と言う。
あの身形が小奇麗な人ですか、たしか社会学ですよね。そうです。
客と男のやりとりをパンをもぐもぐ噛みながら、武井徹も忙しいだろうにパン屋の相談に
何と答えるのだろうかと思ったら数日後、武井徹の人生相談みたいなコーナーに
そのパン屋をどうすればいいか質問があって、あ、知っているってこういうことなのねと
拍子抜けしたがその答えは頗る有用で、曰く、パン屋をやめなさい。
私(武井)が何かをやめなさいというときは、それを本気でやっていないときです。
パン屋をやりたいのなら、ハーバードギルバート大学のことなど後回しにしてパン屋を
本気でやって、経営が軌道に乗るなり店を人に任せられるなりして余裕が出来てから
その大学のことを考えなさい。
まあ、そうだよね。
ラベル:
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

15/8/11

もしも島村ジョーの加速装置が前立腺についていたら・・・・・・。


問1 加速装置を使うジョーの気持ちを考えなさい。

問2 加速装置の場所を変えないギルモア博士の気持ちを考えなさい。




模範解答例
答1「これが・・・・・・メスイキ!?」
答2「そうじゃ!!」
posted by ヨシノブ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

15/8/9

最近まで意識しなかったけれど、幽霊存在のありやなしやを論じると、科学世界の論理徹底による存在否定と非科学領域での存在肯定で対立することが多いが、約2500年前に誕生した仏教では幽霊を否定しているんだよなあ。



経済的徴兵制反対論を唱える人は、もっと広い問題意識に目覚めて頂き、生活のために労働を強いられている「経済的強制労働」についての解決を急いでもらいたい。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

15/8/7

たいへんだ!
ぼくの「もう、しんじゃいたい!」って、おねがいが
かみさまにとどいちゃった。
それで「いいよー、ころす」って、かみさまから、おへんじがとどいたの。
こんなことになるとは、ゆめにもおもっていなかったから、
おおいそぎで、じゅんびして、できるだけたくさんのひとをころそう。
ぼくをばかにするあいつらを。

ぼくが、あいつらにすこしくらい、じごくをみせてやらなきゃ、
てんごくにいったって、ぼくのたましいはすくわれないよ。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

15/07/09



外観は小奇麗な家。中に入ると、リビングにショーケースを置いた店。
その一画に並んでパイプベットが2台。表情の読めない年老いた男女が真っ白なシーツに包まれている。鼻にはチューブがあてられている。

ここは同人作家の某兄弟が親の介護をしながら経営している店だ。兄弟はまだ若い。
私は前にも来たことがある。入り口近くには3台目のベッドがあり、私は(何故か)そこでしばらく寝入ってから店内を物色する。

商品は買い取りホビーショップにあるような小物。
兄弟の描いた同人誌もある。
さっき寝させてもらったので、何か買ってやりたい気分。


(この作家兄弟は実在するが、私生活のことは何も知らない
ラベル:
posted by ヨシノブ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

水に流す

死刑だとか安楽死の問題で「命ハ神が与エ給フタモノデ大事デース」てなことを言う人いるけれども、神はその昔大洪水を起こして人類も動植物も壊滅状態にしたじゃないか。もうしないって言ってるけど。
百歩譲歩して人間どもがあまりに罪深くてしゃーないってのを酌量の余地ありとしても、動物一対ずつの保護なんて種の保存でしかなく動物愛護の精神に欠けるという指摘は免れないのではなかろうか。
動物を巻き込むことなく人間だけプチプチ殺せばいいだろうに。手間を惜しんで動物たちの命を惜しまなかったのではないか。
posted by ヨシノブ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

15/6/10

飛び込みで入った初めての店。
創業から長く、高い店ではないが安っぽい雰囲気でないところが気に入った。
「ざる一枚ください」
本当は熱燗も欲しいが、後の予定がそれを許さない。
給仕の親父と調理場の親父の二人しか居ない。夕方の穏やかな時間。

私のすぐ後に入った客が天麩羅と生ビールを注文した。
そのビールがすぐに出て、暫くして天麩羅が届く。私は扇子をパタパタして10分待っている。
給仕の親父が調理場の親父に「あちらのざるそばは」と訊いた。本来は給仕の親父が調理場を仕切っているけれど、客の少ない時間帯だから修行のために独りでやらせている、という雰囲気。
へへへ。客が二組しか居ないのに、私のざる一枚がまったく忘却されてやがんの。へへへ。
更に10分まって、漸く出てきたはいいけれど、食べてみたら妙に水っぽい。恐らく、慌ててやっつけたものだから仕事が粗くなったのだと思う。

まあ、私がやりたかったのは、つゆを蕎麦の半分だけにつけて噛まずに飲み込む、ってやつだったので心置きなく噛まずに飲み込んだ。普通はね、つゆたっぷりで噛んで食べたいから勿体無く思うのだけれど、今回は全くそんな気持ちにならなかった。

たまのことだから贅沢しよう、ここは江戸っ子らしく粋にざるを一枚手繰って、へへへ。
なんてことを、田舎者の私が身分不相応にも考えて入った店だったので、スカイツリーから電波を飛ばされて罰が当たったのだ。神田大明神か石原慎太郎か何かの。
posted by ヨシノブ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

15/04/22


室内に並んだ出店の一画に小さなDJブースがあって、そこにサム&デイヴのサム・ムーアがやってきた。
私はびっくりして、他の店には目もくれずDJブースの前に座ったのだが、曲がさっぱり聴こえない。
HOLD ON, I'M COMINGがかかっていると表示されていたのだが・・・・・・。

休憩時間になって、サムがお茶漬けのようなものを作り出した。

 ・小型の丼、3分の1くらいに氷
 ・白飯を茶碗1杯分くらい
 ・わさびふりかけと少な目の胡椒
 ・お茶漬けのように水をかける

私も一口わけてもらったが、危惧したほど悪くはなかった。サムは「胡椒の辛さが効いていていい。これが食べられるから日本はいいんだよ」と喜んでいた。




最後の曲がHOLD ON, I'M COMING



あれこれ思い出していたらキャブ・キャロウェイが聴きたくなった。

http://www.xinhuaxia.jp/social/67224
ラベル:
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

15/5/7

三行で終わったはずの海老を吸う話が長くなり、結局徹夜で書いてしまった分を寝て、急な思い付きを著作権に完全配慮した画像にしてたらまた徹夜になって、寝て。
それが私のゴールデンウィークでした。




今日は、栄養をつけようと4個で100円のリンゴを買って1個食べましたが、食べてはいけない部分まで食べてしまい、ぼんやりしています。

今月は1500円の焼肉食べ放題に行く予定です。



いつになったら私はブログの収入で遊び暮らせるようになるのか。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

「わー、宇宙人の軍団が攻めてきたー」



襲来した宇宙人に人類は立ち上がりましたが、
まったく歯が立ちません。
このまま人類は絶滅しちゃうのかな?

「ピギー」「ピグー」「ピギギー」
あっ、宇宙人たちが苦しんでバタバタと死に始めたぞ。
どうしたんだろう?

HGおじさん「宇宙人たちは、地球の微生物に対する免疫が
なかったので、死んでしまったのだよ」

なーんだ、そうなのか。
地球は救われたんだね。めでたし、めでたし。



「うぎゃー」「うぐぐー」「うぎぎ」
あれ、今度は人類がバタバタと死に始めたぞ。
HGおじさん「どうしたんだろう?」

????「人類は宇宙人が持ち込んだ微生物への免疫が無かったので、
死んでしまったのだよ」
なーんだ、そうなのか。
HGおじさん「こりゃあ一本取られたな。あっはっは」













(この3人は既に死んでいて、生身の人間とは違う段階の意識を持っているため、
宇宙人襲来や人類絶滅-そこに或る苦しみや悲しみ-を大したことだと思っていない)

posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

おげんきですか


あなたが これを よんでいるころ
わたしは しんでします
しんでいると おもいます
いつよむのかしらないから たしかなことは いえません
しんでると おもうのだけど どうかな
もしかしたら いきているかも しれない
いきていそうだな
いきているな
でも あんがい しんでいそう
しんでいる うたがいが のうこうになってきました
しんでいる
しんでいますね わたしは
しんでる
しにました
しんでいますよ
あなたが これを よんでいるころ
わたしは しんでいますよ
すでに しんでいるのです

どこにも いばしょがなくて
だれにも ひつようなくて
いなくていい わたしが いなくなるには
しぬしか なかったのです
posted by ヨシノブ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

15/4/13


脳髄に愛想をつかされてた挙句、寝ている間に脳髄から逃げられた哀れな男。
逃げた脳髄を追って無銭飲食・無賃乗車などを繰り返す。犬に追いかけられもする。
自作の筏で海を渡ろうとしたが、転覆して海に放り出される。救命胴衣を着ていたが、鎖帷子も着ていたのが災いして徐々に沈む。
このままでは死んでしまう!
しかし、お留守になっている頭に浮力が発生したことによりぷかぷか浮いたのである。
おでこから下は沈んでいたので死んだ。
posted by ヨシノブ at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

15/4/11

脳があんまり詰まっていないから無能なのだ。頭の中に隙間がある。
その隙間にカマキリが卵を産みつけた。
霊長の温もりによって健やかに孵化したカマキリたちは、
生まれながらに頭の中に囚われているのである!
しかし、細く小さいカマキリたちだが、無能人間の足らぬ頭脳で朽ち果てるほど弱くはない!!
カマキリたちは無能霊長類の脳を突き引っかき刺激することで、自らを搭載する人間に餌を調達するよう指令を送った。脳からの勅令を受けてこの無能人間はカマキリの餌となる蚯蚓、蝶々、蝉、飛蝗、蛙、蜥蜴、芋虫などをもりもり食べた。彼には自分がそれらを食べる理由などまったくわからない。
食べられたそれらは彼の血肉となり全身を回る。
昆虫や小動物で構成された彼の体。頭の中において君臨するカマキリたちはその肉を食み、体液を啜り、人体は生ける養分の城と化した。
こんなことが可能なのか?
可能なのだ!
もう生きていてもしょうがない彼の体は、人間世界から放逐されてカマキリの王国となりカマキリの巨大な僕となったのである!
これは幻想か現実か地獄か。いつでもカマキリの蠢く細かな振動が頭の中から全身を揺する!


振動は徐々に大きくなっている。カマキリは大きく成長するから。
成長するカマキリたちには、相対的に頭の中の空間が狭くなっている。
やがて、殺し合いが始まる。狭すぎる領土を取り合って。摂り過ぎては瓦解する養分の配分を巡って。
今までみんなで生きてきたのに。
思い出も言葉も無くカマキリ同士で殺しあう。
こんな残酷があるなんて誰も知らない。だから誰もこのカマキリたちのためには泣かない。この残酷を頭に頂いている人間ですらこの残酷を知らないで、不可解な心境で蜘蛛を頬張ったり蜂の幼虫を吸い出したりしている。
殺し合いはいつか終わって、生き延びたカマキリが卵を産むだろう。
予め残酷が課された卵を。
ヨシノブは死ね!
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

15/3/29

あと1週間くらい更新できません




 * * * * * * * * 


あいつ、「俺は駄目な人間だ、生きていちゃいけない、死んだほうが良いんだ」って独り言を漏らすようになって、自分から死んじまったんだ。
確かに要領の悪いところはあったけどさ、悪い奴じゃなかったよ。失敗をしないように、失敗すればそれを取り戻そうと、努力してたのみんなわかってたし。
だから、お前は駄目じゃないよとか気にすんなよとか、みんな声をかけてたんだけど、本人があれほど苦しんでいただなんて、ちゃんと気付いてやれなくて、助けになれなくて、すごく、悲しんだよ。あいつを一番傷つけていたのは、何もわかっていなかった俺たちだったんじゃないかって。


葬式も終わって、骨を墓に納める時ね。
あいつ、死ぬ前にタイマーで反魂の術を仕掛けていて、それで生き返ったんだよ。俺たち何にも知らされてなかった。家族も知らされてなかったから葬式あげちゃったんだよ。遺書とか何にもないんだもん。さすがにこれは、要領が悪いにも程がある。
死亡届とか色んな手続きを進めていたからさ、その訂正で面倒なことになったり、あとあれ、あいつ骨壺割って出て来たんだよ。残った骨からぐんぐん再生して壺の内側からパーンって割って急に出てきた。それがちょうど墓の中に骨壺置いたところだったから、周りにあった御先祖様の骨壺を幾つか割っちゃってさあ。中身飛び散っちゃって、その後始末というか御供養しなきゃいけなくなったんだよ。
親は泣いたよ。嬉し泣きではない方向で。
だからあいつ、生き返った瞬間から家族とは険悪なの。


俺たちも複雑な気持ちになったよ。生き返って良かったという気持ちはあるけど、何の説明もしないで人騒がせなことしてるんじゃねえよ、とか、振り回される家族への同情、とか、一度は死なせてしまった申し訳無さ、とか。
本人はケロッとしていて、しかも、一度死んだことで自分の存在に対する禊が全て済んだつもりらしくて、態度がでかい。
それどころか、死を選んだほどの謙虚で健気で立派な自分って意識があるみたいで、死んでない他の連中を見下したような振る舞いが目立つ。

もうあいつ死んでくれないかな、ずーっと。いつまでも死んでてほしい。


posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

15/03/22

一日中体がだるい。何がいけなかったのか思い当たる節が無い。寝冷えでもしたのか。
後に、2週間前に期限切れした牛乳を朝に飲んでいたことを突き止める。名探偵だから。
毎日毎日の砂を噛むような日々が未来に続いてゆく。
砂を噛む未来に。

先日、嘔吐して駐輪場で2時間寝る。


グレゴール・ザムザが芋虫になるからカフカの不条理文学であって
ウルトラマンが芋虫になったらモスラの怪獣映画だ。












posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

15/3/13



みんなが楽しみにしているこのブログが、近頃の忙しさにかまけて更新できずに申し訳ないと思っています。
近頃も忙しく、まともな睡眠のとり方をしていません。

この前はせっかく時間ができたというのに、2時間くらい遊ぶつもりでシヴィライゼーションWを始めたら、画面を見続けて目が痛くなるし、同じ姿勢が続いて右腕が痛くなるし、というわけで丸一日遊んでしまいました。
本当のことを話しますと、一番簡単な酋長でやったのに、攻め込む時期と蓄える戦力を誤り、順位こそ1位だったのに戦争しかけた2位に負けそうになったので最後までやらずに終えました。最少マップ、プレイヤーは4人です。
もっと本当の事を話しましょう。私だけ、使え切れない程度に所持金を持った状態でのスタートです。それなのにこうなりました。

また別の日には、特に何もしていないのに1日が終わりました。
ブログを書く暇が無いのです。
posted by ヨシノブ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

でかいキンタマ戦士


それはでかいキンタマを持った戦士なのか?
キンタマ戦士がでかいのか?
謎が謎を呼び、人類は恐怖に包まれる!

1999年を生き延び、安堵した人類。
しかし、ノストラダムスの予言が新たに解読されたことで人類は戦慄する!
『皇紀弐千六百八拾年を越える頃、でかいキンタマ戦士が世界の中心に全員集合』

謎のキンタマ戦士!
しかも、複数存在する!
もしかしたら、君の隣にも・・・・・・!?

恐怖に陥った人類は、早くも5人が腰を抜かし、3人が寝込んだ。
混迷する世界の行く先を、誰も読み解くことが出来ない。


すべてのキンタマ戦士が集う時。
それは、世界が終焉を迎える時かもしれない。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

15/02/23


トミカの新作ミニカーから、4月に90式戦車が出る。
http://takaratomymall.jp/shop/g/g4904810824282/
1000円弱と値段も手頃なので、母への贈り物に買おうと思っていたらアマゾンでは早くも予約が品切れ、早々に2500円弱で予約を受け付けている業者が出ている。(現時点で4店)
調べてみると、トミカの新作は、よく買占め転売が横行するようだ。
(あるサイトではこの新作について「当商品はメーカー生産数が少なく希望数量を提供できない可能性が高い」と表記されていた)
普段買わないものなので近隣の店で買えるかわからず、送料を抑えたいのでアマゾンが良かったのだが、こうも高くては買いたくない。
1つ買って、出来がよければ自分用にも買うつもりだった。


実は90式より、10式戦車が欲しい。性能の高さもいいが、あの平べったく角ばった「科学」を感じさせるメカらしい外観がいい。そのうちトミカから出るだろう。出るよね。出してね。
陸上自衛隊広報センターで双方とも見ている。
自走式対空砲もトミカで出して欲しい。化学防護車も艦艇も。


トミカを高く買わなければならぬとしたら、別にトミカの新作でなくても良いわけだが、手頃な価格でそれなりのものとなると、見当たらない。戦車の主力はプラモデルとラジコンなのだ。プラモデルは買えるが作る腕がない。ラジコンは高くて買えない。
困っていたが、送料無料で定価よりちょっと安くヨドバシが売っていたのを見つけたので一件落着。

yodobashi.com



ミニカー90式戦車の値段について。
トミカの公式通販だと本体定価1000円弱に送料540円。
アマゾンの高額業者だと本体2500円弱に送料500円程度。
商品が払底するのを見越して今から高値をつけているのだろうか。





唐突だが、職業に貴賎はあると思っている。
大抵の人間には多かれ少なかれ賎しい部分がある。その賎しい部分を誰も職業にしない・それが職業として成立しないなんてことがあるだろうか。
それでいて、賎しい職業には人間という存在が賎しいからこそ必要なものと、幾ら何でも無くていいものがあると思っている。

では、貴い職業が成立しているのかと言うと、するわけがないという声が聞こえてくるような気がするが、私はまだ貴い職業の成立不成立を確認していないし、貴い職業の存在する余地を認めえぬほどの見解もないので、今のところ「ある」にマルをつけている。無くたってどうということはない。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメント欄にメールドレス、ホームページアドレスの記入は必要ありません。気軽に無記入で。 スパムメール回避のためにも、メールアドレスをそのまま書き込むのは推奨しません。返信方針についてはこちら