2016年07月16日

16/07/15



「もしも明日、世界が終わるとしても、私は林檎の木を植えるだろう」

なんて世界最後の日が来ても自分はいつもと変わらぬ一日を過ごしますよ、って
言う人がいるけどね、もうね、俺はそのような油断しきった将来計画を提出して
事足れりと思っている輩は信用ならぬ。

最後の一日の前の日に、ネットで天気予報とかニュースとか見るでしょ。
ブックマークからリンク開いたりするでしょ。
そんで、ひょんなことから女装子のツイッター見てたら、アップされた
女装写真が振られた女に似ていて、そりゃもう、君、あのね、
林檎の木どころじゃないんだよ。
角度がね、今まで気付かなかったけどこの人、この角度から見ると
ちょっと似てるんじゃないか、と。あれれ、似てるじゃん、と。
それが尻だの乳首だの出しとるわけでしょ。
取り合えず布団に寝転んで、落ち着いてからもう一度写真見て、
やっぱ似てるな、って再確認。林檎の木なんかどうでもいい。
ピーマンとツナでおかず作って、炊飯器仕掛けて、
後はもう寝るだけよ。
明日、もりもりご飯食べるために。


こうして迎えた世界最後の日を、君は林檎植えて過ごしますか。
これは君の話なんですよ。
もりもりご飯食べて後は一日中寝るでしょ。寝とけよ。
起きてたって死にたくなるばかりだぞ。

世界最後の日がもっと早くきとけば良かったな。
posted by ヨシノブ at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
コメント欄にメールドレス、ホームページアドレスの記入は必要ありません。気軽に無記入で。 スパムメール回避のためにも、メールアドレスをそのまま書き込むのは推奨しません。返信方針についてはこちら