2016年07月09日

老婆とバスの運転手

「あのう、ちっと物を訊ねますが」
「はい、なんでしょうか」
「このバスは、アフリカまで行きますか」
「あふりか?」
「AFRICA」
「アフリカまでは行きませんよ。次の、山川営業所前で終点です」
「アフリカまでは行かないのですか」
「行きません」
「あらあら。でも、この空は、アフリカまで繋がっていますよね」
「ええ、繋がっていますよ」
「うんんん。む、うむむむむむむむむうむうむうむうむ……」
「どうされました」
「空を掴んでツーっと向こうまで行って戻ってまいりました」
「お婆ちゃん、アフリカにお知り合いでもいなさるんですか」
「ええ、まあ。実は、うちの本家が三代前に家系図を失くしましてね。もう諦めておりましたが、最近になって倉の整理をしたところ、それが見つかりまして。先日、本家に一族を集めた報告会が開かれて、今日はその帰りなのです。
身内の自慢をするようでお恥ずかしいのですが、立派な家系図でしてね。御先祖様の最初から三代前まで、ずうっと書いてあるのです。壮観ですよ。
どこに住んでどんなことをしていたかなんて添え書きもありましてね。御先祖様を辿ってゆくと、もとはアフリカの出だと書いてあるのです。噂には聴いていましたがね、まさかと思いましたよ。でも書かれていますからね、アフリカなんです。
わたしはまだアフリカに行ったことがありませんから、アフリカにある御先祖様の御墓参りにも行ったことがなかったんです。それで今、行ってまいりました」
「その家系図には、最初の御先祖様から御名前が書かれているのですか」
「ええ、そうです」
「つまり、人類の始祖の御名前ということですか」
「そうなりますね」
「もしかして、その御名前は……」

 私はそのよく知られた御名前を出す前に、一瞬言いよどんだ。
 これは人類史の最初を問い質す、とてつもない確認なのである。

「……アダムとイブ、ではありませんか」

老婆は一瞬真顔になってから笑い出した。

「……ふふふ。嫌ですよ、うちの家系図は宗教書じゃないんだから」
「あ、ははは。では、何という御名前なのですか」






この一族は、まだ言葉も文字も無い時代、まだ名前という概念もない時代から、代々その名前―――存在の認識を示す証―――を伝えて来たのだ。
ヒトの短い時間で結んだ長い長い時代を、言葉とは言えぬ鳴き声に始まり、文字とは言えぬ記号を経て、現代に到る家系図として、未来へ向けて伝え続ける。

人間がいた、ということを。

posted by ヨシノブ at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
コメント欄にメールドレス、ホームページアドレスの記入は必要ありません。気軽に無記入で。 スパムメール回避のためにも、メールアドレスをそのまま書き込むのは推奨しません。返信方針についてはこちら