2017年08月07日

科学的に読み解く日本政治が及ぼす地球的影響と経済の先行き





昨今の世界を覆う暗い雰囲気に、怯え、怒り、苦しみ、悲しみ、渦巻く負の感情を抑えることができない人々が急増している。テロ、貧困、踏みにじられる人権、戦争の気配・・・・・・。世界情勢の不穏は人々の心を蝕む。とりわけ日本国における右翼的言論の恥知らずな台頭が作り上げる政治の暴走が目指すのは、軍国主義の復活による戦争である。世界中が不安や怒りの目で日本を注視し声を上げているのだが、独善的な政権とその支持者はそれに気付かず、或いは己こそが絶対正義であるとこれを退け、更に危険な方向へ急進するばかりだ。負の感情が世界中に溢れるのは無理ならぬ話である。

世界人口は増大し続けている。これは人類の感情エネルギーも増大していることを示している。E = mc2 の式で表すように、エネルギーと質量は等価である。先に述べたように増大して止まないのは負の感情である。気分が落ち込む、沈む、と表現されるように、負の感情は正の感情より重い性質を持つ。その重い感情エネルギーが増え続ける人類から算出され続けるということは、地球の質量が増え続けているということである。質量は重力を発生させる。重力は大気を引きつけている。質量の増加は重力の増加である。大気は増加した重力でより強く地球に引き付けられ、圧縮され、圧縮熱が発生する。これが地球温暖化のメカニズムである。つまり、日本の右翼政治が齎す世界情勢への不安が、地球温暖化の真の原因だったのだ。
近年の各種世論調査によれば、日本の若年層に右傾化傾向が強い。残念ながら日本の右翼政治はまだ当分の間続くと警戒したほうが良いであろう。温暖化は一層進むのである。
即ち、かき氷やアイス等、冷やっこいもののビジネスチャンス到来の予感!
posted by ヨシノブ at 04:00| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメント欄にメールドレス、ホームページアドレスの記入は必要ありません。気軽に無記入で。 スパムメール回避のためにも、メールアドレスをそのまま書き込むのは推奨しません。返信方針についてはこちら