2015年11月28日

仏様の顔

仏様の顔をこさえてる奴が、こさえて、うん、こさえておられる奴がいて。教室の後ろに棚あった? 俺の学校は一人一人に割り当てられた四角い棚があってね。扉の無いコインロッカーみたいな。上下段の。
その、普段はバッグとか教科書とか押し込んでて、そいつの棚は奥が見えないんだけど、ある時担任が、あまりにも整頓できてないってホームルームの時間に片付けさせたのね。そしたら棚の奥に仏様の御尊顔がデーンって。金色に青とか赤とか使って、おっさんみたいな顔だけど結構本格的なやつ。そいつは、朝早くとか放課後遅くとか、誰もいない時間にこっそり奥の壁を彫ったり盛ったりして色塗って仏の顔こさえていたのね。これどうしようってことになって、校長とか見に来て、しょうがないからそのまま残しておこう、って。仏様の顔が隠れないようにきちんと整頓するようにと条件付きで。
それから授業中は後ろから仏様が俺たちを見ている状態になって、先生も仏様がちょいちょい気になって目が合ったりして。角度的に本来は目が合うはずはないんだけどね、そんな具合でなんか落ち着かなくなった。こさえたやつは仏師って渾名になって、今では何かの造型の仕事してるって。
棚の仏はまだ残ってるみたい。余った給食供えたりしてるらしい。
posted by ヨシノブ at 04:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

15/11/22


供述調書

・神様か人間かわからなくなった。

・昔は見ただけで判別できた。

・わからなくなる少し前、神様から神様判別法を教えてもらった。

・どうしても神様に頼みたいことがあったから。
posted by ヨシノブ at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

15/11/03

苛立ちで気分が悪い。
私は自分と外界に壁を作って自分の求めるところ以外は何も考えず何も感じない人間になりたいし、その方向にしか生きていく道がない。他に生きようがないではないか。私など生きるに値しないのだから。
しかし、生きてゆけるだけの才覚も資産もない。
今日もつまらぬことに心を捕らわれて気分を害し吐き気がする。
私は死にたい。しばらくはこんなことを書きたくなかったが、自分の浅ましさがその気持ちにも穴があいた。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

牛丼戦士カズオ


牛丼戦士カズオとは一体何か!?
それは牛丼を愛する一個の魂である。


カズオの戦場は飲食店である。
あらゆる飲食店に入り、戦う!

カズオは深呼吸すると戦場のドアを開けた。
ちりんちり〜ん♪
戦の鐘が鳴る。
「いらっしゃいませ〜」
まだここが戦場だと気付かぬ店員の明るい声。
―――コイツには、戦う覚悟が出来ているのだろうか。
既に覚悟を腹に収めているカズオには、店員に苛立ちと哀れみを抱かずにはいられなかった。

カズオはテーブル席に空きがあるのを見つけながらも、敢えてカウンター席に陣取った。今回は厳しい戦場である。だからこそ、敢えて最前線で戦おうと、今日はなんとなくそういう気分なのである。
店員が注文を取ろうとする直前、その気配を読んでカズオは仕掛けた。
カズオ「牛丼ください」
店員「えっ」
カズオ「牛丼をください」
店員「牛丼はないんですが・・・・・・」

・・・・・・あああっ!
カズオは苦痛を堪えた。覚悟はしていた。ここは喫茶店だから。
大抵の喫茶店には牛丼がない。わかっていたが、それが突きつけられると、歴戦の勇士と言えども、がっかりした気持ちや恥ずかしさで心に刺さるモノがあるのだ。

店員「こちらのメニューからお選びいただけますか?」
カズオはなるべく目を伏せたまま、メニューのベーグルサンドを指差した。というより、震える指先を持っていたらそこがベーグルサンドだったのである。食べたいのは牛丼なのである。

カズオは葉っぱと肉を挟んだパンを食べて店を出た。
これは退却ではない。敗北ではない。
今、カズオは戦った。これから先もまた戦う。これはまだ戦いの最中なのである。


カズオは牛丼を愛している。
全ての飲食店で牛丼が食べられたらいいと思っている。
だから、どんな飲食店でも牛丼を注文する。牛丼が出ないことが解かっていても、必ず注文する。そうすることにより、牛丼置いてない店でも「牛丼人気あるな〜。ウチの店でもやってみるか!」って牛丼はじめるでしょ、そのうち。商売人ってのは、金のためなら何でもやるから。それで全ての飲食店で牛丼を食べられるようになるって寸法よ。


カズオは戦う。
戦わずして生きてはいけないのだから。
posted by ヨシノブ at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメント欄にメールドレス、ホームページアドレスの記入は必要ありません。気軽に無記入で。 スパムメール回避のためにも、メールアドレスをそのまま書き込むのは推奨しません。返信方針についてはこちら