2015年07月28日

閉幕の言葉



こちら宇宙船。こちら宇宙船。
応答願います。
多分、遭難しています。
窓の外は星の海です。どこにいるのかわかりません。
朝起きたらここにいました。
食料はあります。


こちら宇宙船。こちら宇宙船。
応答願います。
聴こえていますか。
おーい。
見渡す限りの星の海です。昨日と同じこと言ってますね。
もう一度寝たら元に戻れるんじゃないかと思ったけど、戻れませんでした。


こちら宇宙船。こちら宇宙船。
応答願います。
もしかして地球に戻れないんですかね。
困ったなあ。そろそろ僕の誕生日なんですよ。
何か約束があるわけじゃないけど、誰かがプレゼントを用意してくれていたら、どうしようって。
今まで一度も貰ったことありませんけどね。
でもねえ。それがケーキだったら・・・・・・。
おめでとうと言って貰えたこともないけどね。
ああ。早く帰りたいなあ。
せめて誕生日の日だけでも、地球に。


こちら宇宙船。こちら宇宙船。
本当にこれ聴こえてますか?
何の返事もないけど。
今日は僕の誕生日です。そのはずです。
カップケーキがあったので、それにロウソクを立てて火をつけたら
スプリンクラーが作動しちゃいました。ハハハ。
・・・・・・。
地球で祝ってくれようとした人、ごめん!
いないかもしれないけど、ね。
実はまだ、船の中の掃除が終わっていません。びしょびしょです。
ちょっと休憩していたところです。
また、連絡します。


こちら宇宙船。こちら宇宙船。
応答願います。
ちょっと風邪引いたみたいです。
だから布団の中から失礼します。
そういえば、船の時計は今AM10時35分になっているんですけど、これどこの時間ですかね?
もしかしてそっちは真夜中ですか?
みんな寝ているから返事がないのですか?
次はこっちの真夜中時間に連絡します。
おやすみなさーい。








 嫌なことばっかりの世の中だと
 あきらめようとしているのに、
 ああ、まるで私の絶望をからかうかのように、
 不意に素敵なことを見つけてしまうんだ。




映画祭は終わりました。
でも、素敵な映画は終わりません。

世の中には、ほんのちょっぴりだけ、素敵なことがあります。
それで罪深く残酷な世界の帳尻が合うわけじゃないけど、
素敵なことに触れたとき、心は少し救われてしまうのです。

もっと救われていい人のために、
私の映画は何度でも上演されます。

必要なくなる、その日まで。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

15/7/20


ワァ〜オ、駅前再開発が無駄だったァ!

そんな不吉な夢から飛び起きた山田源八は駅前再開発を阻止するために孤軍奮闘する!
感動しない奴は人間ではない大巨編3部作。

T
まずは線路を引っ張って駅を立てよう!
役場への説得、近い駅を爆破、鉄道会社への殴り込みなどの運動に戸惑う地域住民だったが、やがて源八の熱意に心を動かされた多くの住民が誘致運動に身を投じる。
飼い犬の死、病気にやられて収穫できなかったえんどう豆などの悲劇に屈することなく源八は運動の最前線に立ち、やがて線路は通り、駅が出来た。

U
線路は通った。駅も出来た。しかし、電車が走らない・・・!?
鉄道会社の意地悪で運転士にお猿さんしか確保できなかった源八たち。お猿さんに電車の運転なんて無理ざんしょ!
あまりの仕打ちに前作で加わった運動家の大半は自殺。
ところが幾つかの不祥事で鉄道会社をクビになった元運転士:春川晴雄さんが現れてお猿さんの運転教習をしてくれることに!
晴雄さんはお猿さんと寝食をともにすることで彼らの心の扉を開き、運転のイロハを丁寧に教えるのだった。
こうして遂に電車の運行が開始されてみんな拍手。墓前に報告も怠らない。バンザァーイ!

V
バナナやイモを投げ与えればそこそこ満足するお猿さんで意外と経営も安定し、ついに恐れていた駅前再開発の話が浮上する。
ここからが正念場であるが、あの夢から飛び起きて早六十年。源八はもうヨボヨボのお爺さんであった。
かつて共に戦った運動家たちは再開発いけいけドンドン派となって若い連中をオルグし、源八は孤軍奮闘するも膝が痛くて死にそう。
しかし再開発に注ぎ込まれる血税を思うと死んでも死に切れず、たびたび心肺停止になり緊急搬送されながらも頑張る源八。
そんな時、再開発への弾みをつけるため鉄道沿線に沿ったマラソン大会が企画され、テレビで全国中継されることになった。
源八は再開発阻止の世論を沸騰させるための起死回生で死亡必至の奇策を閃く。
「再開発すると日本沈没の呪いがかかる」と書いた旗を持ってマラソン大会に出場した源八。そして必ずテレビ中継される上位集団に食い込むことによって日本中に呪いを触れ回ったのである。源八は執念で優勝し、インタビューに「Dead or Alive」と叫んで絶命した。
恐怖にかられた世論によって、役場には再開発への抗議が殺到し、推進派へは闇討ちが相次ぐ。推進派は世論の勢いに流され再開発計画はポシャる。
源八の墓はかつての戦友であり後の宿敵となったドンドン派の生き残りによって落書きされ、打ち壊され、谷底へと突き落とされた。
谷底では源八の墓石へ手向けられたように、誰からも摘まれず踏まれずに美しく咲き誇っている花々が広がっていた。

posted by ヨシノブ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

15/7/17


世の中、己以外は皆他人!
一律無慈悲に皆他人なのだ!
だが、あらゆる他人の中で君だけは特別だった。
君にとって俺は無価値だった。
時間が俺と君を更に突き放す。
その速度は最早地球脱出速度を突破した。
地球外へ放り出される俺。
情けない声をあげて、宇宙を何かにぶつかるまで、或いはどこかの重力圏に捕まるまでツーッと滑ってゆく。
食べかけのラーメンも、冷蔵庫のパンも、次の給料日も、社会問題も明日の天気も、全部地球に置いたまま。
未だ物理学が到達していない論理で俺は加速しつづける。
地球上のすべてが光速に近い速さで離れ行く。
加速するほど離れ行くほど俺は泣いた。
君の事だけは頭を離れないのが苦しくて。
時間や事象の概念が吹き飛ぶ速度の中で俺は後生大事に君の事を無意味に抱え込んでどうしようというのか。
これは毒だ。俺の血肉となってしまった毒だ。
吐き捨てていなければならなかった毒だ。
この毒で俺は死ぬ。亜光速にも宇宙空間にも耐える俺が君という毒で内面から死ぬる。
そう思っていたら宇宙船に衝突して死んだ。
血肉がパッと散った。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

15/7/16

寂れた温泉街を復活させようと、温泉を埋め立てて一大遊園地に!
大人気で地域再生は果たされた。やったね!

ところが、温泉の復讐が始まる・・・・・・。 (ギャー!)
徐々に地盤沈下する遊園地の恐怖。
あらゆるアトラクションが地下温泉に繋がってしまい、体があったまるやら湯冷めするやら人類は大パニック!
働かずに一日中温泉に浸かってる従業員多発!

そしてとうとう来てしまったクリスマス。
サンタを乗せたトナカイのソリが、温泉に・・・・・・ザブーン!
腰痛にキクぜ!
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

15/7/13

今日限りで店仕舞いするは七代続いた村の雑貨屋。
色んな物を売りました。
スケ番刑事のヨーヨー。アメリカンクラッカー。スーパーボール・・・・・・。

あまり流行らない店だったけれども、この店に懸けた一族がいた。
その歴史を時代時代の売り物とともにドキュメンタリータッチで描き出す長編絵巻。

夏場に薄着で団扇を仰ぐお婆ちゃん。店番もそこそこに畑の世話をするお婆ちゃん。
店番中に相撲中継を鑑賞するお婆ちゃん。大一番の時に客が来て迷惑そうなお婆ちゃん。
野球はまだわかるけどサッカーは全然わからないお婆ちゃん。
売り物の棒アイスを食べているお婆ちゃん・・・・・・。

単なるホームビデオの域を出ない自然体の作風が感動を呼ぶ。
アカデミー賞を10個あげたい。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

15/7/10

ビリビリビリーッ!
バリッ、バリバリバリーッ!
障子を、襖を破って宇宙人が、日本家屋へ襲来したァー!

枯山水に着陸した宇宙船から降り立った3人の宇宙人。
手入れの整った植木を棒切れでバシバシ叩く!
池から錦鯉を手掴みして齧り付く!
元気いっぱいになって鎧戸を破って屋敷へ侵入した!

人間は逃げ回るしかないのか!
否!
床の間に飾ってある先祖伝来の鎧兜と槍を身につけ、宇宙人どもを討ち取るのだ!
人間VS宇宙人の屋内大決戦が真夜中の日本で生じたことは生き残りのための必然に他ならない!
エイヤー!!
突貫の叫びが彼奴らの内臓へ穂先を導く!
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

15/7/7

お前に無視されるのはとっても悲しく辛く苦しい。
だからお前を殺してやる!
でもお前が何処に住んでいるのか知らないんだよー、ウェ〜ン。

ナイフ包丁金槌縫い針ペンチ爪切り鋏ドライバーと殺しに使えるようなものを引っ提げて昼夜を問わず捜索!
泣き虫だけど、たまにほんのちょっと勇ましい。
そんな共感を得られにくいヒーローが登場!!

俺にお前が見つけられないように、お前にだって俺は見つからないというかお前は俺に無関心!
悲しく皮肉な運命に寂しくって仕方がない誰かへ贈る、宛先不明でほとんど郵便事故な映画。
posted by ヨシノブ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

15/7/4

ドガバコーン!
お前の実家に戦車が突入することから物語は始まる!
つまりそれまでのお前の人生は全く無意味だったのだ!
よかったな、戦車来て!
追っかけてくる戦車から必死にお前が逃げるロードムービー。
どこの映画賞にもお呼ばれしない、箸にも棒にも引っかからぬ出来!
posted by ヨシノブ at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

15/7/2


誰もが心の中に蟹を飼っている!
貴方はそれに気付いていますか?
知らなかったとか飼っているはずがないとか、
そういうことを抜かす奴は蟹の世話をしていない!
心の蟹が死んでるぞ!!
おまえがころしたんだ!
その蟹は、お前がちゃんと面倒見なかったから、死んだのだ!
だからお前は死ぬまで笑うな! 喪に服してろ!
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

15/6/30

現代人を絶滅させる大型時代劇登場!
理屈はいらぬ! 問答無用で皆殺し!
侍が刀で、農民が鋤や鍬で、商人が金に物を言わせ、ほかにもい〜っぱい時代劇から現代人を、とどのつまりはお前を、殺しにかかる!
宇宙原理の深遠も知らず、始まりの前に何があったのか見たこともないお前らに、これを不条理だなんていえる筋合いはない! 死ね!
現代人亡き地球は俺たち時代劇に任せろ!
だからお前らはドーナツでも食って死ぬのを待ってろ! バーカ!
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメント欄にメールドレス、ホームページアドレスの記入は必要ありません。気軽に無記入で。 スパムメール回避のためにも、メールアドレスをそのまま書き込むのは推奨しません。返信方針についてはこちら