2014年05月30日

人類は残った

高度知的存在集団によって宇宙が管理されているのを地球人は誰も知らない。

高度知的存在が地球人への関心を高めたのは、地球人の宇宙進出が切っ掛けだった。
そろそろ、地球人に地球外まで活動する資格があるか否かを判断しなければならない。地球人にその資格があればこれまで通り監視するにとどめるが、資格が無ければ管理された秩序を乱すものとして抹消する。

分析の結果、地球人にその資格はないと報告がまとまった。地球人の知能は質が低い。宇宙に飛び出る程度の知能は持ちながら、地球人同士で貶し、切り捨て、殺し合う習性を改めることができない。こんな存在を宇宙へ展開させる価値はない。

‡「報告から地球人は抹消すべきと判断する」
◆「反論。報告は疎放であり、我らの基準だけで存亡を論じてはならない。地球人の質が著しく低く見えることに、彼我で重要視する部分が違うことを考慮しなければならない。更に、地球人の個体差を計測し、比較的優秀な一部だけを残すことも可能だ。抹消は拙速である。地球人は地球人なりに高まろうとしており、我々とは違う進路をとる地球人の行く末は観察対象程度には価値が認められる」
○「一理ある。しかし、彼らなりに高めようと重要視するそれは何だ」
◆「心です」
☆「その優劣を計測する方法は如何にする」
◆「彼らの文化史に良き方法を見つけてある」
‡「では、地球人抹消から選別に論を移す」

高度知的存在は地球人に便所掃除をさせた。
高度知的存在は地球人の文化から、便所掃除をすると心が綺麗になることを掴んだ。そこで、掃除の優劣で心の質を計ったのである。
自分が掃除した便所を嘗め回すことができた地球人のみ、生存が許された。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月27日

14/05/26


5/22

この1ヶ月以上、4時間程寝ると目が覚めてしまう。
疲れが抜けずにうとうとする。
それでいて、この2日間は殆ど眠れず、2日間が4日間程に感じるくらい疲れた。私の辛さなど取るに足らないものだが、主観は私にあるので私は辛い。
歩いて立ち止まると、頭だけ慣性の法則で前に進んでいるような感覚がある。じっとしていると頭がふらふらする。
気付いたら中島みゆきを口ずさんでいたので、相当なものだ。

 * * * 

「いつもヨシノブさんが死にたい死にたいと言っているので、早く死ねよと思って毒薬つくってきました。飲んでください!」
「それはありがとうでいいのかなあ」
「これを飲むと、ちょっと苦しむと思いますが、3日目には絶対に死にます。これがホントの『絶対絶命』」
「え、せめて楽に死ねる薬じゃないの」
「3日間の我慢ですよ。まあ、遅くとも4日目には死ねます」
「3日目には絶対って言ったばかりじゃん」
「いいから飲め! 死ね!」

 * * *

5/26

風呂上りに脱衣所を出た足が、何か細いものに乗った。
「何だか知らないが、そのまま踏んでもいいや」と「何でも踏みつけるのは行儀が悪い」が2:8で、踏まずに拾い上げてみたら、いつの間にか落としていた眼鏡だったので助かった。
今日は一日こんな感じで危機を回避する。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

神も仏もありゃしない!「映画ドラえもん のび太と奇跡の島 アニマル アドベンチャー」公開記念特大号



べんりなどうぐでたすけてくれるのはドラえもんだが、ドラえもんを金儲けの道具にしている連中がいることを告発した当ブログが、身銭を切って更なる新情報を公開する!


前回大反響を呼んだ記事
総力結集!「映画ドラえもん のび太と奇跡の島 アニマル アドベンチャー」公開直前記念大特集
http://qazwsx.seesaa.net/article/254250269.html




実はそもそもが「ドラえもん頭の容器で食べるのは猿の脳味噌を食べるのに似ている。ドラえもん頭で脳っぽいものを食べよう。雲丹は脳味噌っぽい」の発想で始まったのだ。
ところが、いざスーパーへ雲丹を買いに行ってみると、安物の雲丹では干からびているようで見栄えが悪い、安物とは言え高い、というわけでまだ安価な蟹味噌に落ち着いたのである。脳味噌に蟹味噌ならば字面もいい。瓶詰の雲丹はベースト状で脳らしくないので論外。

その結果、蟹味噌を食べ過ぎて気持ちが悪くなって話は終わったのだが、これでいいのかという想いが燻り続けていた。だって蟹味噌じゃ見た目が脳味噌っぽくないんだもん。これでいいわけないだろ!

やるのさ、雲丹で。
その為には、そこそこ値が張る雲丹を使わなければならないが、近所にそんなものを扱う店はない。金もない。
それで計画は頓挫しました。



ところが、これを見てくれ。

http://qazwsx.up.seesaa.net/image/doraheaduni02.jpg
http://qazwsx.up.seesaa.net/image/doraheaduni03.jpg

計画は再開、完遂されたのである。
俺が日々節約しているのはこんなことをするためなのか!
激しい怒りで頭がぼうっとする。
わざわざ朝早くから問屋みたいなところへ行って買って来たんだぞ。

http://qazwsx.up.seesaa.net/image/doraheaduni01.jpg
これを3パック。
合計で5000円くらいした。これでも小売店で買うよりずっと安い。帰って来てから、また白米を五合炊いた。

http://qazwsx.up.seesaa.net/image/doraheaduni04.jpg
http://qazwsx.up.seesaa.net/image/doraheaduni05.jpg


「でも美味しいものが食べられたのだからいいでしょ」なんて君が考えているようだったら、それは食を冒涜している。雲丹は好きだよ。しかし、一度に雲丹ばっかりたくさん食べていると気持ちが悪くなってくるんだよ。もっと脳っぽく盛り付ければよかったと思っているが後の祭り。
明るく描かれた子供たちの夢の陰には、こんな闇が広がっている。企業の横暴を許してはいけない!


posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

平和への歩み


神様は人間の営みをつぶさに御覧になり、人間の苦しみの源が脳と腸にあると御考えになられました。
そして、人間から脳と腸を御抜き取られたのであります。
人間から脳と腸を抜き取ることは、人間の幸福を抜き取ることでもあります。しかし、深い苦しみから解放することは、幸福よりも優先すべきことだと御判断されたのです。
こうして人間は苦しむことのない穏やかな生を得ました。実は、この穏やかな生こそが真の幸福だったのです。
この功績により、神様はノーベル平和賞を受賞なさいました。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

今週の「ふたりはハピネスチャージプリキュア」

第16話「人々に希望を捨てさせた」

宇宙から巨大質量うんこがぼたりと落ちてくることが判明し、街にうんこまみれの危機が迫る。こんなにでっかいうんこを受け止められるのはプリキュアの不思議な力を措いて他にはない。「エヴァンゲリオンでみたことあるから大丈夫」と気合十分のふたりは長野県へ急行し、成層圏より飛来するでっかいうんこを待ち構える。ところがうんこが落ちた先は東京都。23区は埋没し、石原都知事は激怒した。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

14/05/16


私の同級生のM君のお父さんにはなくて、お母さんにはあるものって、なーんだ?


将軍さま「夜な夜な屏風から虎が抜け出して困っておる。退治してくれぬか」
加藤清正「はい」


「いつもちんこをいじっていると思ったら、お前のちんこって粘土で出来ていたんだな。
「ああ、性欲じゃなくて創作意欲でいじっているのさ。


七つのドラゴンボールを尻に詰めているときに神龍を呼ぶと危ない



天魔「ほれほれ、スケベな夢じゃスケベな夢じゃ」
大天「らめぇ、阿羅漢なのに、えっちな夢を見せられちゃったら、禁欲生活で溜まりに溜まった濃厚どろどろスペルマオスミルクがびゅくびゅく出ちゃう〜〜〜〜んほおおおおおおおひいぃぃぃ」

大天「と、いうわけでパジャマ洗ってください」
弟子「あんた本当に阿羅漢ですか?」



山田くん 座布団運びはカメラの前だけ!?
収録会場への搬入ではスタッフ任せで座布団を運んでいない疑惑再燃!!


風雲 途中下車の旅


「腹の底から声を出せ」なんて言うけど、腹の底に口と肛門のどっちが近いかを考えたら、口より肛門から声が出るはず。
肛門が黙っている奴は腹の底から声が出ていない。


オッス、オラ悟空……なのかな。最近自分が解らなくなりました。
他の誰でもない自分、本当の自分って何だろう。うーん、摩訶不思議。
だから、自分を探す旅に出ようと思っています。まさに今こそアドベンチャーって気分です。


ケンブリッジフライドポテト


答え:親権
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

ヱヴァンゲリヲンと日本刀展


試みはいいが、普通の日本刀を観るのとも違うし、アニメのイメージとも合っておらず、いまいちだった。
なぜ合っていないのか、というのを追及してくれると嬉しい。

エヴァの企画書がパネル展示されており、これは面白かった。
実際に放送された内容と大分違い、企画書段階では凄く詰まらないアニメを予感させる。キールが準レギュラーぐらいの位置で、エヴァもパトレイバーみたいな白いデザイン。


ヱヴァグッズの物販コーナーあり。
その中のクリアファイルが実にバカバカしかったので買った。レイ・アスカ・マリの水着姿。売ることしか考えず水着にしているどうしようもなさに心を打たれてしまった。
商品の中でこれが2番目にバカバカしかった。
1番バカバカしかったのはパンツ1枚の男2人。私はこれに付き合う程バカではない。

http://www.evastore.jp/pc/article/A701190S.html

公式通販では、なんと両者をセットのみで販売する横暴。

posted by ヨシノブ at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

KURUTOGA




文房具コーナーでクルトガを見かける。
ノックしなくても芯が出てくるシャーペンである。発売当初はすごいテクノロジーだと興味があったものの、以来すっかり忘れていた。それを衝動買いする。
材質によって600円から1000円くらい。

三菱鉛筆 クルトガ
http://www.mpuni.co.jp/products/mechanical_pencils/sharp_pen/kurutoga/standard.html


芯を消費する速度より出る速度が遅いから、しばし親指でペンの頭をノックする必要がある。また、ペン先を紙に押し付ける動きを内部へ伝えるために、ペン先が少し沈み込む感覚がある。
上記の事で、当初は使い心地に少し拍子抜けしたが、しばらく使っているとまったく気にならなくなった。(そもそも芯を消費する速度を出てくる速度が上回ったら使い物にならない)
そして、文字の太さが均一になる快適さが残って、現在気に入っている。
通常より複雑な機構をしているはずで、故障が心配。


クルトガと通常のシャーペンによる比較
http://www.adrive.com/public/dUkan3/kurutoga01.JPG
(ストレージってのを初めて使ってみました。クリックで画像がダウンロードされるはずです)
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

14/05/08


*最近は体調が変で睡眠時間が短く頭がすっきりしない。
統一教会に顔を褒められたのも最近はすっかり忘れていた。死にたい。今日も大失敗した。


*バキの新シリーズが欠伸ばっかりで殆ど欠伸指南の様相を呈しているが、ハンターハンター再開の一報を受けて少し許してやる気になった。
少しだけ。恩赦による減刑です。
ハンタアニメはネテロ永井一郎の配役を見た時から王戦が楽しみだったのだが……。


*クラッシャー・バンバン・ビガロを、いつの間にかクリストファー・バンバン・ビガロだと思っていて、もう少しで恥をかくところだった。


*高菜ラーメンだと思って買ったらラーメン用高菜だった。箱を開けてびっくりよ。
posted by ヨシノブ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月09日

BGM:TechnoSound


飲めと言われて 軽油を飲んだ
産業機械の おいらはいいが
同僚のヒューマンにゃ つらいだろうな
機械でよかった 神様ありがとう
テクノサウンドだよ おいらのおいらの BGMは
posted by ヨシノブ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

* 終了のお知らせ *


君のつまらない人生を照らす唯一の光であるこのブログですが、閉鎖することが合意されました。
10年近く続けてきましたものの、書籍・アニメ・ゲーム・カード・キーホルダー等の大儲けには結びつかず、疲れてしまいました。精神科で処方してもらわないといい薬はないみたいで、それがすごく面倒です。だから行ってません。おかねもあんまりないの。
アニメ化したら誰が声を当てるのだろう、どの記事が使われるだろう、と夢想するのも今や虚しくなってしまいました。
(君はどの記事にどんなキャスティングを考えているかな?)


閉鎖は大分前から決まっていて、最終回用の記事も出来ているのですが、いつ辞めようか明確に決めていなかったために今までずるずると先延ばししていました。そのうち、その記事載せますけど、「いつかまた再開するその時までさようなら」みたいなこと書いてたはずですが、再開するほど気持ちに余裕はありません。書いた時点ではそういう気持もあった。現時点では4人ともそういうの無い。1人はかなり前から離脱状態だったし。
私はこの先が不安で不安でたまらないのに「飲めと言われて 軽油を飲んだ」の閃きから続きの歌詞を考えるなんて生活を続けてどうするのですか。吐き気がするので胃薬を飲んでいますが吐き気がします。歌詞は出来ました。

誰かいますか。私はブログの全文が石碑に彫られて数千年先に解読されたらどうしようと思ったりします。誰か私を助けて下さい、と私が思っているのは否定し難いのです。

ブログのは終わりますが、メモ帳に残している分は投稿するつもりなのでまだしばらくは開いてます。こんにちは!

posted by ヨシノブ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動方針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

今週の収支報告


偶にエロ本が売れる当ブログ。
先月売れたのは「オトコのコプレイ」(BENNY'S )です。
なんで私のブログから学術書とか文学とかじゃなくて、こんなものを買おうと思えるのか理解不能ですが、私が触手まみれの二次元ドリームコミックスとこっちのプレイとどっちを選ぶかと言えばこっちですね。MVPあげます。









なんで俺のDVDを買わずにこんなものを買おうと思えるのか理解不能ですが、BENNY'Sは男女ものより、こっち側のほうが良くなってきた感がある。

posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

14/05/01



私は嘘をついていました。
ブログには、友達と楽しい日々を送っていると書き連ねてありますが、本当は、友達がいません。友達と遊びに行っただの、友達が泊まりに来ただの、すべて嘘です。
私には友達がいません。家の外にも、ネットの中にも。独りで打ち込めるものもなく、独りでいられる安寧も得られず、金もなく、将来への展望もなく、才能もなく、意欲もなく、孤独で、不安で、寂しいのです。

恥ずかしい話ですが、私は寂しさのあまり身を捩って呻くことがあります。
実は、そこまでの寂しさなんてありはしません。ありふれた寂しさなのです。浅瀬です。
しかし、この程度の寂しさが苦しくて苦しくて、死んでしまいたくなり、その情けなさでまた死にたくなります。そして、死ぬるのが怖くて果たせず、このみっともなさに気が滅入るのです。
それでつい、宗田理のぼくらシリーズから盗作した友達エピソードの数々を実話であるかのように書いて、見栄を張ってしまったのでした。中学校に戦車が来た話も嘘です。
鎌倉に親戚もいません。

私は孤独です。本当に孤独な人は他にいると知っているし、自分にはいつか友達が出来るのではないかと期待しているからです。友達が出来たら、その手を振り切ってまで孤独な人に寄り添おうとは、しないでしょう。
本当に孤独な人々とは紐帯できず、本当の孤独になりたいわけでもなく、現実には友達がいないのですから、私は宙ぶらりんで孤独なのです。動物もなつきません。
森の動物たちと仲良しだなんて話もでっちあげでした。動物たちはみんな逃げてしまい、虫に刺されるばかりです。


人は所詮独り。誰でも死ぬ。
気の持ちようだと理屈は理解できるのですが、孤独のあまり頭痛、吐き気、倦怠、胃痛などが生じて理屈を嘲笑います。現実に、私は苦しいのです。

孤独でない人々への羨望も嫉妬もあります。
しかし、彼ら相手に事を起こそうとは思いません。そこまで他人に関わりたい欲求が無いのです。
関わったところでしょうがないという諦めでしょうか。

実は、自殺者が少ないことに驚いています。死なない人には不満が無いのだ、なんてことは思いません。寂しく生きている人がたくさんたくさんいるはずです。
しかし、死ぬに死ねなくて生きている人がわんさといるのを考慮しても、寂しくて寂しくて寂しさのあまり死ぬ人がこの国で多くとも数万人程度しかいないということに、内心こっそり驚いています。
寂しさの浅瀬でちゃぷちゃぷしている私が死にたいのだから、寂しさの奥底に沈んでいる人ならば続々と死んでしまって無理はないと思うのです。私の見積もりでは、人間の社会や精神や人生模様から計算するに、寂しさの奥底でゆらゆらと、或いは沈殿している人々が相当いるはずです。


子供の頃、ミイラ状に干からびたアマガエルの死体を持っていました。今では無くしてしまったそれを思い出すと、なんだか離れ離れになった友達を思い出すような気持ちになります。


僕らは地底電車に乗って溶鉱炉に落ちてゆく
どうしてこれしきのことに耐えられないのか

posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

今週の桃太郎


むかしむかし、あるところのお爺さんとお婆さんがありました。
ある日、お爺さんは山へ柴刈に、お婆さんは川へ洗濯に行きました。

お婆さんが洗濯をしていると、川下のほうから大きな桃を抱えた男がザブザブと走ってきました。
「お婆ちゃん、桃、桃! なんで拾わなかったの!」
「はあ、おっきくて気味が悪ィし、重そうだし、そんなもの拾おうとして引っくり返ったら自分が川に流されちまうやね」
「うーん。むむむ。わかりました。まあ、それはもういいです。ここに置いときますから、持って帰って下さいね」
「駄目駄目。婆ァ一人でこんなもの持って帰れんがね」
「ええっ、まいったなあ。どうしても駄目? うーん、それじゃあ私が家まで運びますよ」
「そうかい。ちょうど洗濯も終わって帰るところだで、家まで付いておいで」
「はい」


「お婆ちゃん、ちょっと待って。一旦休憩。ああ、腰が……」
「ほら、若けェ男がそげん苦労するものを、婆ァが運べるわけないやね。ひゃっはっは」
「いやあ、これはさっき川の中を走ったから……。ははは」
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメント欄にメールドレス、ホームページアドレスの記入は必要ありません。気軽に無記入で。 スパムメール回避のためにも、メールアドレスをそのまま書き込むのは推奨しません。返信方針についてはこちら