2013年10月31日

今週の桃太郎

むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんがありました。
ある日、おじいさんは山へ柴刈に、おばあさんは川へ洗濯に行きました。
おばあさんが川で洗濯をしていると、川上から大きな桃がどんぶらこどんぶらこと流れてきたのですが、お婆さんが腰巻を洗っている支川のほうじゃなくて本川を流れて行っちゃった。残念!
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

13/10/22


日没後。飲食店の浮ついた灯りで縁取られる路地。
最近出来た一軒の店に「からあげ定食200円」の張り紙。
そこにある写真には、小皿に唐揚げ四つと白飯、味噌汁が写っている。
店の大きな窓からは、それを食べている客が見える。
店内は定食屋にしては広く、席も殆ど埋まっている。
大きく使った黒の中に赤を入れた装飾。

からあげ定食を注文した。
四人掛けの机に一人で座る。後に二人連れの客と相席になる。

写真で見たもの以外に、厚切りした豚肉を焼いて切り分けたもの(全部でコロッケくらいの大きさ)、ミニオムレツ、串に刺した野菜を天麩羅にしたものが出る。

豚肉は中心部が赤い。(こういう牛タンを食べたことがあるのを思い出す)
天麩羅は、病院で出される薬の紙袋に入っている。
ボールペンで書かれた誰かの名前(家族の名前だったような気がする)が書かれた使用済みの袋に、サインペンによる異なる筆跡で「ソラマメ」と書かれてある。
大きなのを四つほど並べて串に刺したソラマメの天麩羅に、玉葱の天麩羅(実家の畑で玉葱を収穫すると、よく天麩羅にしたものだった)等、五本くらい。

タグ:
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

今週の収支報告


先月のMVPは、クリップです。
針金をくるくる巻いたやつじゃなくて、曲げた金属板で挟み込むやつ。複数個のセットで100円ショップに売ってます。
メモを挟み込んだり袋の口を閉じたりと、今も使用中なのが30個くらい。重宝してます。






ヨシノブは最近抜け毛が急激に増えたけど、それってやっぱ俺へのリスペクトが嵩じた肉体の変化なんだろうなあ。でもそのままじゃ単なる禿げでしかないから、俺のDVDを観て男を磨くといいぞ。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

13/10/23

鎖を首にまいてデモをしていた 現場を警察と韓電が急襲した。そのためデモをしていた5人の住民のうち、キム 某(60)氏とチェ某(78)氏が鎖で首が締まり、応急搬送された。
午前7時には警察がピョン里の入口を統制したため衝突が起こった。警察は、牛 のエサをやりに出てきた住民まで通行を封鎖したため、小競合いになり、3人の 住民がその場で失神した。また、カン某(80)氏は警察と衝突した後に心臓に痛 みを訴えて応急室に運ばれた。


http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2013/1380911692896Staff


70-80代のおばあさんたちは、韓電が 先に工事現場に入ると翌日の午前3時に現場に進入し、上衣を脱いで屎尿を撒き、 首にロープを巻いて抵抗した。おばあさんたちのすさまじい抵抗に言論の関心 が集まり、世論と国会で袋叩きにされた韓電は退くしかなかった。


http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2013/1381552236088Staff


10月10日午前11時30分頃、密陽警察署は送電塔反対住民のチョ・ゲソン(87)さんとイ・スンド(78)さんを連行した。警察は二人が警察に「汚物」を撒いたことについて調査中だと明らかにした。


http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2013/1381425204190Staff







三波春夫公式サイト:「お客様は神様です」について
http://www.minamiharuo.jp/profile/index2.html

プロによるジョジョ
https://www.facebook.com/shiseido.corporate/app_532780830135607
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

13/10/21


 ぼくのかんがえたラーメン(忙しい中、1時間くらいもかんがえた)


 ビヨンドラーメン
最近アウトレイジビヨンドのDVDを観てインスパイアされた店長が開発したもので、スープの中にミニカーが沈んでいるぞ。もちろん塩ラーメンだ。


 フロムビヨンドラーメン
ビヨンドラーメンにインスパイアされた近所のラーメン屋の店主が開発したもので、背油たっぷりの豚骨ラーメンに松ぼっくりがトッピングされているぞ。


 クローネンバーグラーメン
ハンバーグが載った一風変わったラーメン。ランチタイムのみ。


 ローズラーメン
申し訳程度に茹でた薔薇の蔓が山と積まれた頂上に、気高く咲き誇る一輪の薔薇。「イテテ、イテテ」と泣きながらチマチマ食べるゴスロリファッション女性客多数。男性客は注文しない。


 ランバージャックラーメン
薪が2本突っ込まれた豪快なラーメン! 薪でラーメンを食べようと悪戦苦闘する客が偶にいるが、そういうつもりで突っ込んでいるわけじゃないぞ。備え付きの割り箸で食べよう。
食べ終わった後もスープの染みた薪をチュウチュウ吸っていたい逸品。しかし、店内で長居して吸うのは後続の客がつかえる為に御法度。店外でチュウチュウするのがマナーだ。駐車場の脇で常連客が屯してチュウチュウ吸ってる。


 焼きそばラーメン
在りそうで無かった、麺類が具になったラーメン。焼きそばはラーメンの味に一切妥協しないソース味。紅生姜が両者の橋渡しだ。


 Vガンラーメン
ヘルメットの中からラーメンが!


 ドーナツラーメン
店主の好物はラーメンとドーナツ。その両方を一緒に食べられたら……!? 閃いた瞬間に勝負は決まった。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

今週のドラえもん


「ドラえも〜ん、困ったことがあるんだ。助けておくれよ。
「お、どうした
「バットを振り回しながら歩いていたら、しずかちゃんのお父さんがぶつかって来て倒れちゃったんだよ。誰も見ていなかったから、空き地の草叢に放り込んでおいたんだけどさ、そこに捨て犬や捨て猫が……。うちじゃ飼えないし、どうしよう」
「よし、3億年前の地球に放り込もう

リメイク版 のび太のワンニャン時空伝 冒頭
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

健全なる精神

健全なる精神 呉智英  双葉文庫

そろそろ夫子の文庫本が何か出てるだろうと思い、探すとこれがあった。夫子の仏教系の本も読んでみたいが、これらは文庫で出るのだろうか。出来れば文庫で買いたいのだが出ない気がする。


 刑法は何のためにあるのか。犯罪者を罰するためにある……のだろうか。常識的には、そんな気がする。しかし、法治国家における罪刑法定主義では、そうではない。犯罪者を罰しすぎないためにある。犯罪者に対する国家権力の執行を限定的にするためにあるのだ。
 考えてみれば当り前のこの道理を、私は、三十数年前の学生時代に法学部の講義においてではなく、それをサボって出ていた学生運動の集会で知った。当時学生に人気のあった老アジテーター羽仁五郎が、数千人の学生を前にこう言ったのだ。
「法律は君たちの味方だ。刑法は君たちを罰するためにあるんじゃないよ。権力を制限するためにあるんだ」
 マルクス主義では法律や国家を階級関係の反映と見ることぐらいは知っていたが、羽仁五郎のこの話は、情けないことに、私には新鮮だった、そして、これはマルクス主義の法律観の是非とは別に、法治国家という視点から見ればまちがいなくその通りであった。
 刑法は、国家の人民に対する可罰権の範囲を定めたものである。刑法を守るべきは、人民ではなく、国家なのである。



この話は、情けないことに、私には新鮮だった。多分私はこの解釈に気付いたことがなかった。少なくとも、明確に意識したことはない。

「加害者の人権ばかり尊重されて被害者の人権は無視されている」というしごくもっともな批判は、刑法の根本へ向けられた批判だということになる。断っておくが、「戦後憲法」という言い方はあるが「戦後刑法」という言い方はない。刑法は明治以来根幹に関わる改定はただの一度もなされていないからだ。加害者の人権ばかり尊重されるのは、戦後の風潮ではない。大日本帝国以来の近代法治国家の宿痾なのだ。




話はずれるが、前に夫子が仇討ち復活論を述べた文章で、受刑者が服役期間全く反省しなくとも、刑期が満ちれば出所で延長はない、ということを指摘していた。償いも反省も更生も、そんな義務は課されちゃいない、しなくても規定通りに出所するのだ。
では刑務所に入るとはどういうことか。私は第一義として、法的手続きに過ぎないと思っている。

こんな話を思い出した。
阿佐田哲也が若者と麻雀を打ち、或る場面で阿佐田は立直をかけた。上がるためではなく、相手の動きを見るためだったかの空立直である。
その局、別の者が上がって終わった。阿佐田は自分の手を見せたくないし、空立直を隠すつもりもないので、牌を伏せたまま罰符を支払う。すると若者が牌を見せろと迫る。立直したのだから見せるべきだと。
阿佐田は何のために罰符を払っているのかと苦笑しながら、それに応じた。

刑務所とは、この罰符みたいなものではないか。それに対し、さも当然であるかのように手牌は見せるものだと思う人がいて……。





夫子による山野車輪「マンガ嫌韓流」評。

マンガとしては未熟な点も多いし、小さな異論もあるが大筋では間違っていない。



美味しんぼ第76巻にて、支那の要人が「支那そば」の名称に怒る話があり、「支那という言葉がどんなにいい言葉であろうと、蔑称ではなかろうと」「相手がいやだと言うことは、やめればいい」とマンガ内で結論されているのだが、後々の美味しんぼにて、「シナハマグリ」が出てくる。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

13/10/11

きれいに護岸された川辺で出会った少年は、漫画家の某だった。
(写真で本人を見たことはあるが、それとは似ても似つかぬ線の細い少年)
近くの商業ビル内を巡りながら、色々な話を聴く。
・漫画が長期休載しているのは、某国を連想させる展開に編集部が待ったをかけたからだそうだ。私は編集部が悪いと思う。
・奥さんともうまくいっていないらしい。
・このビルは彼の親がオーナーで、少しくらいなら彼の無理が利くらしいが、彼は親族から冷遇されている。

可哀想な境遇の美少年で、愛おしいほどであり、何とか彼の支えになってやりたいと思う。
タグ:
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

今週の三年B組 豚肉先生

 第5話
豚肉先生が席を離れた隙に、お調子者で悪戯好きの村田が置きっぱなしの豚肉を牛肉と入れ替えた。どうなることやらと見守る生徒達の前で、戻ってきた豚肉先生は普段と変わらぬ素振りで牛肉を平らげる。最初はクスクス笑っていた生徒達だが、やがて変わった反応のない豚肉先生に白けてしまう。
村田がぼそりと「ちっ、つまんねえな」と呟くと、黒板に向かっていた豚肉先生が急に振り返って村田の席へ走り、村田を椅子から突き飛ばすと、机の中身をぶちまけ、鞄を振りまわして中身をぶちまけ、摩り替えられた豚肉の包みが出てくると、それを持って黒板へと戻った。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

13/09/09


私はリメイク版スーパーマンの副題「マン・オブ・スティール」を「マン・オブ・盗み」と解釈していたのだが、ひょっとしたら「マン・オブ・鋼」かもしれない可能性に今日気付いた。
泥棒怪人をこらしめる映画かと思っていたが……。


新番組紹介
『三年B組 豚肉先生』
日本で唯一、生の豚肉を食べても平気な中学教師、豚生肉食部太郎(通称:豚肉先生)。
その健康をいいことに、一日中、生の豚肉を口にしている豚肉先生が、揺れ動く思春期の心を持つ生徒達を、優しく、時には厳しく、見守り導いてゆく。涙あり笑いありの学園ドラマ決定版。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

13/10/06


女と歩いている。
女は私によく懐いていて、嬉しそうだ。
私たちは直に結婚する。
既に両親には紹介してある。

ふと不安になる。
私は本当にこの女と結婚したいんだろうか。

紹介した女と違う女と結婚するだなんて、
両親には何と説明しよう。
(最初は一緒にいる女と紹介した女が同一人物だったが、
この時点から紹介した女と一緒にいる女は別人と認識)
前の女とは別れたと言えばいいのだが、
その気まずさに気が重い。
何より、結婚に乗り気ではない本心を
自覚してしまったので気が重い。

何もかも気兼ねなく簡単に決めていいものなら、
この結婚はやめたい。
しかし、隣で無邪気に笑っている女を見ると、
罪悪感による責任感から、この女と結婚すべきなのかとも思う。
(この女と具体的な結婚の話をしたわけではないが、
結婚が決定的であるかのような雰囲気)
だが、それは良からぬ選択ではないかとも思う。
私が結婚したいのはあの女であってこの女ではない。
この女と結婚せぬからといって、あの女と結婚できるかは
わからぬ。

この女と一緒に居れば、やがてこれで良かったと
思うようになるだろう。悪い人間ではないのだから。
否、良かったと思えぬまま、己の心を生涯偽り続けるのだろう。

悩んだ結果、私は結婚の意思がないことを告白する決意を固める。

(かなり苦しく悩んで、目が覚めた時にも、現実には
このような問題が生じていないことに暫く気が付かず、
気付いてから安堵した。
そして、あれが現実と思っている状況で、間違った選択を
しなかった事にも安堵した。)



甲子園のグラウンドに腹這いになって高校(?)野球観戦。
女の選手が膝を怪我して血を流し、試合が一時中断。
白地に赤の縁取りがあるユニフォーム。
タグ:
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

13/10/04

老人が7年後には死んでいるかもしれぬと話していることを書いたときに書き忘れていたが、私も7年後には生きているかわからん或いは死亡の疑いが強い。だってだってこの先生きていて何がありますか。まどマギ、ガルパン、エヴァ完結編、これらは3年くらいで済んじゃうでしょ。映画公開までが。まどマギなんて今月ですよ。それで今GyaoでTVシリーズを無料配信http://gyao.yahoo.co.jp/special/madoka_magica/開始されまして、この岩永哲哉あんまり上手じゃないと思い(声を作るのに注力して台詞の流れが悪いように思う)ましたが、体重が思うように減らないし、やはり、3年そこそこで死ぬんじゃないでしょうか。お腹も空いてきたし。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

13/10/03

10/3 22:40時点での記事

ダイハツが軽「タント」を全面改良 室内空間をより広々と

同日会見した三井正則社長は、「自身をもってお客さまにお届けできる車に仕上がった」と自信を示した。


産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/131003/biz13100314100015-n1.htm



中国共産党元政治局員、薄煕来被告に無期懲役が言い渡された法廷で、身長186センチの薄被告の両脇を固めたのは、さらに長身のいずれも2メートル近い法廷警察官らだった。「薄被告が小さく見えるように、山東省内の警察官の中から2人の元バスケットボール選手を選んだ」(司法関係者)とされ、今回の裁判が政治ショーであることを改めて印象づけた。


http://sankei.jp.msn.com/world/news/130923/chn13092307490002-n1.htm



全国各地を巡回するサザエさん展

「サザエさん神社」で磯野家のご先祖様からユニークなお告げを聞くことができたり、オヤツを盗み食いして波平から「ばっかも〜ん!」と叱られたりといった体験ができます。


http://www.sazaesan45.com/UserPage/Detail/8
できるんだそうです。
私は花沢不動産で家を買うつもりです。

花沢不動産
サザエさんの住む「あさひが丘」の街並みのジオラマに、自分でデザインしたミニチュアの家を設置できるコーナー。



富士山本宮浅間大社に、サザエさんとフネさんがステッカーを奉納
http://www.sazaesan45.com/UserPage/Detail/9




例の韓国の送電塔を巡る対立に、「人間の鎖」が登場。

住民たちは最後まで抵抗する意思を明らかにして、現場に穴と墓まで堀り、 急に悪化した状況になれば、鎖とロープなどで互いにからだを縛って墓に 入ると決意している。


http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2013/1380335759277Staff

住民9人が明け方2時に鉄塔工事予定地付近の入り口に近づいたが、韓電は午前9時から工事を始めた。韓電はまずフェンスと敷地整地作業を行い、これを阻止するために住民たちは鎖を縛って抵抗した。


http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2013/1380721551064Staff
(写真あり)

負傷者どころか自殺者も出ていた。

2012年1月16日、「このくやしさを ぜひ世の中が認めてほしい」と言って焼身した故イ・チウさんの死で、密陽 送電塔問題が社会的問題になった。


http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/column/2013/1370245691242Staff

イ・ギェサム密陽送電塔反対対策委事務局長は「いろいろな所で工事が 始まった」とし「一部のお年寄りは工事現場に穴をほり、その下に棺桶の形の 墓穴を掘り、工事が強行されればここで命を終えると言って動かずにいる」と 伝えた。


http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2013/1380721517660Staff

丹場面パドゥ里の入口で警察と対峙している住民のコ・ジュンギル氏(70歳)


コ氏は「あちこちの現場で一週間、10日前から昼夜で守っていて、防空壕のような トンネルを構築している」とし「今回負ければわれわれは立ち上がれない。 私たちの命を差し出して、今回は皆で死ぬ」とインタビューの途中に涙を流した。

続いて彼は「3千人もの兵力をわれわれ70〜80代の老人と戦うのは野蛮で... これは野蛮大統領で、野蛮の国だ。国民のすべてが憤慨し、私たちを支援し、 私たちを助けてほしい。私たち70、80の老人にどんな力があってこの3千人の 兵力と戦えるか」と涙で訴えた。


だがコ・ジュンギル氏がこの日の午前11時に警察と対峙していた途中で倒れ、 救急車が出動した状況だ。


http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2013/1380662853768Staff

反対住民が道を塞いでいるため、ヘリコプターで資材搬送。
住民は竪穴で対策会議。

資材をヘリコプターで運んでいる。3日午前だけで6回以上ヘリ コプターが離陸し、工事資材を積み出した。


午前9時30分から4工区現場事務所反対側にある住民対策委の竪穴を撤去するた めの行政代執行が始まった。この竪穴は、住民がヘリコプターを監視して会議 などをする場所だ。

あるおばあさんは「警察署長さん、私たちの邪魔をせず、ヘリコプターを防い で下さい」とし、警官たちに最敬礼をし続けた。「私はポラ村でエゴマの葉を 作っています。私たちを助けて下さい」と泣き叫び、疲れて倒れることもした。


韓電側は、午後にヘリコプターで大型ショベルカーを現場に投入する予定だ。


http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2013/1380794695442Staff


岩波書店代表「対韓感情の変化、背景に東日本大震災」

同代表は最近悪化している韓日関係についても慎重に見解を示した。「韓国に対する日本国民の感情が変わった背景には、2011年3月11日の東日本大震災があります。大災害が発生すると、その国の国民たちは難局を打開するために『私たちは強い。このような状況を乗り越えられる』ということを確かめたがるのです。安倍晋三首相や橋下徹大阪市長などの右翼政権がこうした国民感情に便乗して対立を誘導する側面もあります」

 そして最後に「現在の状況は、まるで小学生が『これは僕のものだ。渡すもんか』とけんかしているような感じ。日本の歴史認識については反省すべき部分が明らかにある。出版界はこうしたメッセージを伝える役割を果たしていかなければならない」と述べた。


岩波書店・岡本厚代表インタビュー
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/10/01/2013100101335.html
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

今週の収支報告

今週の収支報告

先月のMVPは3Dエロビデオ。発売日は2010年の末です。
3Dテレビが持て囃された頃、こういうビデオも大々的に登場したのですが、3Dテレビ自体があまり普及しなかったせいか、今でも新作が出るものの、一時の勢いはありません。

7年後の東京五輪の際には、また3Dテレビが大々的に売り出されるだろうから(次の五輪ではまだ普及力が弱いと思う)、また3Dエロビデオが大々的に出るんだろうなーと思います。

あと東京五輪が決定してから、周囲で何人かの老人が「それまで生きていられるだろうか」と言い出しました。返答に困ります。









年齢的に本当に死んでいてもおかしくない連中だし、本当に困るのは、死んでいても構わない奴への返答なんだよな。
でも、死への不安と現実感の他に、もう死んでいるかもしれない年齢なのに、いつまでも生きているつもりと思われないための言い訳として言ってしまう部分は理解できる。
「東京五輪観るぞー」なんて言ったら、若人から内心「其の頃死んでるだろ」「吉田兼好が男子たる者四十くらいで死ぬのがいいって書いてたろ」「お前、泉重千代目指してんかよ」とか思われたりしないだろうかって。

posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメント欄にメールドレス、ホームページアドレスの記入は必要ありません。気軽に無記入で。 スパムメール回避のためにも、メールアドレスをそのまま書き込むのは推奨しません。返信方針についてはこちら