2012年02月29日

今週の一休さん



出かけることになった和尚さん、小坊主たちに言いつけた。
「そこにある壺はな、猛毒が入っておる。蓋を開けるなど以ての外、近づいてもいかんぞ。よいな。では、行ってくる」

好奇心いっぱいの小坊主たちが言いつけを守るはずがない。早速防護服に身を包み、慎重に壺の蓋を開けると、中身のサンプルを採取。
遠心機や試薬を用いてサンプルを調査すると、水飴であることを示すデータが得られた。小坊主たちはそれに満足せず、各国の大学や研究機関に検証を依頼し、やはり水飴であるとの回答を得てから、漸く壺の中身が水飴であると結論づけたのである。

それから和尚さんが帰ってくるまで、勉強をしたり掃除をしたりと、普段通りに過ごしました。
和尚さんがいないのでつい怠けそうになる小坊主たちでしたが、その度に一休が「そんなことでは立派なお坊さんになれないよ。がんばろう!」と励ますので、みんなはちゃんと修行をやり遂げたのです。


posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

Yaoi is a part of Japanese culture. However, it should be active in the shade.


東京新聞:一体改革大綱 早くも不備 「定数80削減」で首相陳謝
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012022402000057.html

石破茂が陳謝の原稿を書いたらしい。


まず、定数削減を閣議決定した問題。
これは、野田総理がお詫び文を予算委員会で読むことで決着。
なぜか、そのお詫び文まで石破茂野党筆頭理事が書くことになった。
あ〜でもないこーでもないと鉛筆なめながら・・・・
岸田国対委員長や、石原幹事長の意見を聞きながら、ささっと書き上げる石破さん。
さすがだ。
民主党には、そういう知恵のある者はおらんのかね?
おわび文章なら、状況のわかっている俺だって書けるぞ!と思ったが、残念ながら、こういう後始末を引き受ける人物が、民主党にはいないようだ。
本当ならば、政調会長がささっと書くもんだがね、幹事長と協力して。
前原さんは、それどころじゃなくて、「言うだけ番長」記事を書いた産経新聞社を、取材拒否したってそうだから、何をかいわんや。
まぁ、とにかく、野田総理が読み上げるおわび答弁書を石破さんが書いて、一件落着。


衆議院議員 馳浩のはせ日記 2012/02/23
http://www.incl.ne.jp/hase/schedule/s120223.html

実際に読まれたのが石破原稿かはわからないが、こういうこぼれ話は面白い。



古代エジプトのパプレミスの寺院前だ。豊饒(ほうじょう)の神オシリスを信奉する男らが棍棒(こんぼう)を手に集まる。寺院の扉の前にもやはり棍棒を持つ司祭の軍勢が立ちはだかる。男らは棍棒をふるって金色のひつぎに入ったオシリス像を扉に押し込もうとする▲あるスポーツの「起源」とされる戦いの祭礼だ。はて何だろう。まずご納得いただけないだろうが、野球という。平出隆さんの「ベースボールの詩学」(講談社学術文庫)が紹介するR・ヘンダーソンという人の著書は棍棒をバット、神像をボールの起源に見立てた▲さらに怪しい野球のエジプト起源説は米国の「ベースボール百科事典」にあるという。司祭がその年の作柄を占うために台の上に置いたボールをティーバッティングのように打ったという話だ。飛び方によって豊凶を占ったため司祭は特打ちに励んだとのオチもある

余録
http://mainichi.jp/select/opinion/yoroku/news/20120225ddm001070002000c.html

wikipedia野球の歴史
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E7%90%83%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2



407 名前:風と木の名無しさん [sage] :2012/02/21(火) 23:09:07.97 ID:9AGd7Wh/0
Yeah oh I were, nip on no boom car death. Sick are sea, hick a gay, deck at's doe sur Becky death.



ごおgぇ翻訳のお姉さんに、やおいはニッポンの文化です。しかし、日陰で活動するべきです。って言ってもらいたくて頑張った。
30分もかけて何してるんだろう





ごおgぇ翻訳
http://translate.google.co.jp/
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

総力結集!「映画ドラえもん のび太と奇跡の島 アニマル アドベンチャー」公開直前記念大特集



ドラえもん映画公開に合わせて子供たちの心を踏みにじる悪趣味極まりない商品が開発されたのをスクープした当ブログが、シネコンに侵入してその現物を入手しました。世界初です。
dorabrain.jpg
↑無残な解体写真に子供たちが泣き叫ぶ
前回のスクープ記事:今週の新作映画特報
http://qazwsx.seesaa.net/article/244870871.html


単身シネコンへ乗り込んだ私は、映画も観ずにドラを買ってすぐに外へ出た。出てすぐのところで3人組の若者から「ドラえもん、ぷっ」と笑われた(実話)ので、「貴様らに俺の映画ロマンがわかってたまるかーっ」とスモールライトで滅多打ちにしてやった。そうするしかなかった。ヨシノブおじさんは、とても深く傷付いてしまったのだから。後でライト点けたら光が赤い。

私の買ったところでは広告にあるほどこんもり盛ってはくれなかったが、あまり厚みのない容器で底上げもなく、頭の中はまるまる積載スペースなので、結構な量が入っていた。私は映画館で飲食物を買うのが初めてである。
映画を1本観ながら2人で食べるくらいの量ではないか。頭の蓋はしっかり閉まる。

家に帰り、ルパン3世とキャッツアイを観ながら食べた。手を汚したくないのでスプーンを使い、咽喉が乾くので抹茶ラテで割った焼酎を飲む。頭にスプーンを突っ込まれて硬い表情を浮かべるドラ首を見ていたら、人間はなんて残酷なことをするのだろうなんて妙な事を考えてしまいました。

公式ページでは『食べ終わったら、おうちで活用しちゃおう!』と書いてあるが、本体の天辺に『本来の用途以外では使用しないでください』と書かれている。

ABS樹脂(ブラスチック)製。直径約17cmのほぼ球形。内部は部品接続のために一部凹凸あり。容量2リットル。耐熱温度-20℃から80℃。中国製。








ポップコーンは食べ終わったので、おうちで活用してみました。
(一部パーツを外しています。少しグロテスクなので覚悟してください)
http://qazwsx.up.seesaa.net/image/dorahead01.jpg


本来なら猿の脳味噌を入れたいところですが、手に入らなかったので蟹味噌を盛ってみました。いただきます。
ドラ頭ポップコーンが700円もして高いと思ったのですが、後で蟹味噌の缶詰に1100円も使う破目になるとは。俺から幾ら搾取したら気が済むんだ。


http://qazwsx.up.seesaa.net/image/dorahead02.jpg
中身は白米。五合も入るのでランチボックスに最適ですね。
最初は四合炊いてこれで十分だろうと思ったのですが、頭に詰めたら余裕が出来て腹が立ったので、後日五合炊き直しました。
本物のドラえもんの頭には一体何合入るのでしょうか。


http://qazwsx.up.seesaa.net/image/dorahead03.jpg
断面図はこんな具合。
蟹味噌御飯をもりもり食べていると、ドラえもんが未来から来た無機物質ではなく、海から来た有機生命体であることがよくわかります。
半分近く食べたところで箸からスプーンに切り替え。スプーンでドラ頭をほじって食べている気分は、深いグラスに入ったパフェをほじって食べている気分に似ています。


http://qazwsx.up.seesaa.net/image/dorahead04.jpg
ココロのスキマを埋めるのが喪黒福造ならば、アタマのスキマを埋めるのは蟹のほぐし身です。缶詰ひとつ500円也。とほほ。


http://qazwsx.up.seesaa.net/image/dorahead05.jpg
朝食を一口程度で済ませて、昼と夜はドラ頭にかかりっきりだったのですが、半分しか食べられませんでした。
蟹味噌なんて一度に沢山食ってうまいものじゃねえや。気持ち悪くなるぞ。
残りは翌日食べました。ごちそうさま。





こんなこと二度とやらぬ!
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

今週の収支報告


MVP該当品は無し。
こんなことでは社会に通用しないぞ。
私は遊びでブログをやっているわけではありません。収入のためです。
もっと真面目に私の生活を考えてください。













上で馬鹿こいてるヨシノブ自身が社会に全く通用していないんだが、自覚あるのかな。
お前の生活なんて遅かれ早かれ野垂れ死にじゃねえか。

わざわざこんなブログから何か買う必要はねえよ。
アマゾンのアドレス貼っておくから、そこから入って、
俺のDVDを買いなさい。
http://www.amazon.co.jp/
ラベル:マルコビッチ
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

12/02/22


「娘さんの実印を、僕にください!」
「ならん! 急に上り込んできた何処の馬の骨ともわからん奴に、娘の実印をやれるか!」
「この通りです! お願いします!」
「駄目だ!」
「まあまあお父さん、なかなか良さそうな人じゃないの。そんなこと言わずにあげちゃいなさいよ」
「母さん、何を言うんだ。大体こいつ誰だ。タカコ、お前こんなのと付き合っているのか」
「いいえ、全然知らない人。初対面。でもお父さん、彼に実印を渡すことを認めてください。私からもお願いします。」
「お願いします。お義父さん、僕は真剣なんです!」
「ええい、お義父さんなどと呼ぶな。真剣だと言うのなら、実印をどうするか、そういう将来のことまでちゃんと考えているのか」
「ふふっ、内緒」
「この野郎っ!」
「やめて、お父さん。誠実そうな人じゃないの。彼の事、信用してあげて」
「そうよ、お父さん。いい加減に娘離れしなさい。みっともない」
「お願いします! 一生、大事にします!」
「……わかった。好きにしろ!」
「あ、ありが、ぶへ、ぶへへへへ、ありがとうございます! うへへ。じゃ、さよなら」
「いい人に貰われて良かったわねえ」
「私、幸せ。ありがとう、お父さん!」
「ふん、あとで泣きを見ても知らんぞ」
「あら、お父さんったら負け惜しみかしら、おほほほほ」
「あはは、あははははは」
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

12/02/21


ゴーカイジャーの一員であるゴーカイシルバーゴールドモードのデザインを全く良いと思えない。(仮面ライダーディケイド コンプリートフォームも)

http://www.tv-asahi.co.jp/go-kai/gokaiger/silver_g.html
http://www.tv-asahi.co.jp/decade/rider/decade_all.html


唐突に思いだしたが、10年くらい前モーニング娘コンサート会場の近所を通った時に、メンバー顔写真の缶バッヂを沢山服に付けていたケミカルウォッシュジーンズのおじさんがいた。
田舎暮らしの私はそういうイレコミ方をしている人を実際に見るのが初めてで、非常にびっくりしたのである。

ゴーカイシルバーのモチーフはあのおじさんだと今頃になって気付いて二度びっくりです。てっきりデビルマンのジンメンか、聖闘士星矢の巨蟹宮だと……。
ディケイドのは十面鬼だろ。
十一面観音は無関係だと思う。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

12/02/20

 『古事記』によれば、第10代の崇神天皇は168歳の長寿を全うした。『日本書紀』は120歳としている。ほかにも100歳を超える古代の天皇は多い。むろん科学的には不自然で、そうした天皇の「実在」を否定する根拠ともなってきた。
 ▼8世紀初め史書を編纂(へんさん)するにあたり、国の紀元をBC660年に設定した。以来長すぎる時間を各天皇に割り振ったため、長寿の天皇が誕生した。それがこれまでの「定説」だった。しかし古代史家、八木荘司氏は著書『古代天皇はなぜ殺されたのか』でこの長寿捏造(ねつぞう)説に反論する。
 ▼長寿天皇の年齢は『古事記』と『日本書紀』とでまちまちで、年齢が書かれていない例もある。捏造したのならもっと統一的にやったはずだ。そうではない。原史料にある年齢を改竄(かいざん)せず採用した。定説とは逆に、その年齢を足し算したため紀元が途方もなく遡(さかのぼ)ったと見る。
 ▼中国の『三国志』の注釈の「日本人は春の耕作開始と秋の収穫期にそれぞれ年を数える」という記述にも注目する。つまり上古の日本では年齢を2倍に数えた。奈良時代の編纂者たちはそれを知らず、原史料の年齢をそのまま写した可能性があるという。


産経抄
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120220/imp12022003060001-n1.htm

前にも聴いたことがある説だけど、すっかり忘れていた。



カメレオン:世界最小級、マダガスカルで発見

アフリカ南部の島国マダガスカルで、全長3センチに満たない新種のカメレオンが見付かった。爬虫(はちゅう)類で世界最小級という。独、米の研究チームが米科学誌プロスワンで発表した。
 「ブロケシア・ミクラ」と名付けられた新種の体色は茶色で、大きな頭と短い尾が特徴。成長しても体長は15ミリ程度で、雄雌共に鼻先から尾までの全長は3センチ未満だった。
 島の限られた資源で生物が環境に適応して体が小さくなる現象は「島嶼(とうしょ)化」と呼ばれ、研究チームは新種をその「極端な例」だとしている。【八田浩輔】


毎日新聞
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120217k0000e040134000c.html

プロスワンの画像
http://www.plosone.org/article/slideshow.action?uri=info:doi/10.1371/journal.pone.0031314&imageURI=info:doi/10.1371/journal.pone.0031314.g008

叔父に体調を聞かれ、ハムレットが答える。「至極上々、カメレオンふうの食事のお陰で、空気ばかり食べている…」(シェークスピア『ハムレット』第3幕、野島秀勝訳)◆西洋にはその昔、カメレオンは空気を食べて生きている、という俗信があったらしい。カメレオンには和名がない。

編集手帳
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/column1/news/20120217-OYT1T01148.htm



・一部の有毒カエルは、毒と一緒に糖と胆汁酸を分泌していることが、最新研究によって明らかになった。

・糖は、カエルが餌のアリから得ているもので、これには湿気とカビの多い生息環境からカエルを保護する機能があるのではないかとクラーク氏は推測している。「戦場の兵士たちは、感染症を防ぐために傷口に砂糖をすり込んできた」とクラーク氏は言う。実際、ボストン大学の最近の研究でも、抗生物質の細菌感染に対する効果を糖が高める可能性を示す証拠が見つかっている。


ナショナルジオグラフィック:有毒カエルの皮膚は甘くて苦い?
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20120220001&expand#title

蛙の背中味より傷口に砂糖というのが興味を惹いた。


・精糖工業会の斎藤祥治さんに聞いてみました。

「砂糖は、実は強い防腐作用を持っています。防腐剤というと塩を思い浮かべがちですが砂糖も負けていません。砂糖には食品などに含まれる水分を奪い取る性質があり、それにより微生物の活動を抑える効果があるんです。ジャムや砂糖漬けの日持ちがいいのはこういった理由から。ちなみに、食品の全重量の半分以上を砂糖にすれば防腐の効果が期待できる、ということを覚えておくといいでしょう」

・「たんこぶや切り傷などに水で溶いた砂糖を付けると、不思議と跡が残らず、きれいに直るようです。古くから伝わるものの、ただの民間療法といわれていましたが、アメリカの医者が7年間にわたり患者に試したところ、一定の成果が見られたようで効用は実証済みです。同じ姿勢で寝続けているとなりやすい、床擦れにも効果があるみたいですよ。ただし、すこしでも異常を感じたらすぐに中止するようにしてください」


R25:砂糖が傷口の治療に効くってホント!?
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20110613-00020372-r25

砂糖漬けで傷口にいいのなら、塩漬けで傷口に塩もいいのだろうか。と、ちょっと考えて、傷口の洗浄に生理食塩水が使われることを思い出した。
しかし、水道水を使うのと大差はないという報告もある。このあたりの事はよくわからん。

Y's Square:
傷口の洗浄法のための水道水と滅菌生理食塩水の多施設比較

http://www.yoshida-pharm.com/carlisle/1402/review06.html



「15の夜」のもとになったとみられる詩もあり、当初の題名は「無免許」

産経新聞:尾崎豊さんの創作過程明らかに 創作ノート約60冊を公表へ
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120220/ent12022009130002-n1.htm

ますますとんでもねえ野郎だ




801 名前:風と木の名無しさん [sage] :2012/02/18(土) 21:14:15.08 ID:lrSLxmsf0
What a shit wan neigh. Yeah oh I dice keith.
Yeah oh I girl night, kit, shin death see maim ass.

ごおgぇ翻訳で英語を発音してくれるお姉さんに私はね、やおい大好き!やおいが無いときっと死んでしまいます!って言って貰いたくて頑張った


ごおgぇ翻訳
http://translate.google.co.jp/

何くそワンいななき。ああうん、私はキースをサイコロ。
ええオハイオ州私は女の子の夜、キット、すね死が不具にお尻を参照してください。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

12/02/17

11/08/11
旅の途中で寄った(と思われる)施設。公民館か?
そこで、幾つかの料理を出した宴会のようなことをした。宴会といっても、幾つかはその場で料理を作り、出席者は各自あちこち動き回って好きなところで食べるもので、一番の目玉はラーメンだった。名物は味噌ラーメンだが、他のラーメンもある。
私は塩ラーメンか何かを食べて、入り口近くで草餅のようなものを食べて、その隣で青いゼリーのようなものを食べて、味噌ラーメンを食べようとしたら品切れになっていた。私はここのラーメン屋に関する秘密を知っていて、公表すべきか否かを迷っている。(本当はここのラーメンはおいしくないとか何とか、そういう秘密?だったと思う。)
残った料理にご飯に合うやつがあって、これならご飯を炊いとけば良かったと思う。(寝る前の記憶が影響している

1/22
知り合って間もない某さんから頼まれ事をした。明日、知り合いの子供二人を水族館に連れて行く約束なのだが、急用が出来て行けない。まだ小さい彼らだけで行かせるのは不安なので、代わりに付き添ってやってはくれまいか。
私は了承し、明日の計画を練る。


1/30
細身の白い中型犬が私を守るために遣わされてきた。毛がやや短くて、利発そうな顔をしている。
実家に私一人。先程まで両親がいたが、父は呼ばれて舟に飲みに行くと言って出て行き、母はいつのまにかいなくなっていた。
窓から緑色のパイプ車庫が見える。(今はもうない)

私は何者かに狙われているのだ。台所で洗い物をしていると、外で犬が何者かを撃退してくれた。しかし後ろ足を一本欠いてしまう。(血は出ないが不思議と思わない)
次の犬がもう玄関に届いている。置いてあるトランクの中に、毛の長い黒と白の斑犬がいるのがわかる。あまり頭が良さそうではないことに失望する。

怪我をした犬は砂だらけになっているので、風呂場で洗ってやる。シャワーを嫌がるかと思ったが、まったく意に介さない様子で大人しい。風呂場から出そうとしたら、何故かそれには嫌がった。




12/02/17
父からメロンを貰った。(メロンと言っても、ビーチボールのような大きさと質感で、薄緑色、重さはあまりない。)
包丁で羊羹のような直方体に切る。(何故こんな切り方をしたのだろう)
緑色は薄い表皮だけで、中身は真っ白。あまり甘くないのが食べずともわかる。(研磨用掃除スポンジにそっくり)
メロンを青いプラスチックのバケツに詰めると、ちょうど収まった。今は寒いから冷蔵庫に入れなくてもいいだろう。

部屋の外で、踊り歩いている人たちがいる。チンドン屋のようで、そうではない。

二日後、メロンがあったことを思い出し、バケツの蓋を開けると、端の方に黒く黴が生えていた。真ん中の白い部分は大丈夫だろうと食べてみる。何の味もしない。しばらく食べて、捨てようと思う。
ラベル:
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

V3


仮面ライダーV3第23話「恐怖!墓場から来た吸血男」
V3とデストンの一味が実際の墓地で戦うので、墓地であんな撮影していいのだろうかと心配する。吸血男プロペラカブトがV3に蹴られて鐘突堂で倒れこむと、場面が墓場のジオラマに切り替わり、鐘付堂が大爆発した。周囲の地表が吹き飛ぶほどの爆発。卒塔婆や墓石が吹っ飛ぶのに合わせて、何故か私の心配も吹っ飛んだ。


25話から出てきた、怪人の邪魔をするために振りまわすホース。これを売りたいのだろうが、まったく憧れない。
3話くらいで消滅。


カニレーザー、あんまり強い感じがしなかった……。
せっかくのレーザーが、全然当たらないんだもん……。
鳴き声も「カラバ」らしいけど、「タラバ」に聴こえるし……。



 結城丈二
新年おめでとう。今年こそ
裏切り者は殺す。
デストロンを代表して。
  ヨロイ元帥

悪の組織デストロンを裏切ったライダーマン結城丈二。彼のもとに宿敵ヨロイ元帥から年賀状が届くことで有名な第47話。送り主の住所を記すことでライダーを誘き寄せることが真の狙い。
第3話でも、ライダー隊本部の仮の姿「セントラルスポーツ店」を開店させた折に、デストロンは花輪を送って、その送り主住所へライダーを誘き寄せるという手段を取っているし、ついこの間はヨロイ元帥が丁寧な手描き地図付きの手紙をライダーに送っていた。

年賀状に目を奪われてしまうが、ヨロイ元帥の「デーストロンの正月パーテェー、参加するかね」、デストロン首領の「悪いことは言わん、ヨロイ元帥と仲直りするのだ」という台詞もなかなかのものだと思う。正月パーテェー。


第48話。
シゲル少年が成長期に突入したらしく、体がすっかり大きくなっている。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

卑しい人々




また声楽聴きに行ったんだよ。
自由席なので開場前から並ぶ。私が着いた時にはまだ人が少なく、並んで暫くすると徐々に後列が伸びていった。
9割くらいは年配の女性、それも高そうな服で着飾っている人ばかり。後で確認すると若い人は30人に1人くらいだった。
私の前に居る客も金のありそうな小母様方。友人同士で来たらしく、歓談に熱心である。

列は伸びて大きくU字を描き、やがて前の小母様が、向かいの離れた列にいる小母様と交信を始めた。手を振り、呼び合い、こっちの小母様が手招きをする。向こうの小母様が小走りでやってきて、暫しの歓談をして、元の列に帰らずこちらへ同化した。

周囲の視線に気付いていない振りをするために、無理に歓談へ没頭する振りをしているのが、有り有りとわかる。着飾った身形から御上品な生活をしていると見受けられるが、顔付が非常に卑しい。

開場するまでの間に、私が気付いただけで同様の事例が他に3件あった。
私は怒るより笑ってしまう。婆が前に数人増えたところで席に大した違いはない。文化水準の低い田舎では、この程度は黙認されてもいるのだろう。それよりも、せっかく身形を整えておきながら詰まらぬ下品を丸出しにする老人の顔をじっくりと観察したい。これが下等な人間の顔か。
私ならこんなことはしない。高潔だし、友達がいないから。


確かにこいつ等は品性下劣な醜い耄碌婆であるし、私は同じことをしない。
しかし、私もまた別のところで品性下劣なのではないか。その時この婆共は節度ある態度をみせるのではないか。よくよく考えれば、私は高潔ではなかった。これまの人生を振り返れば、屁理屈捏ねて和尚さんの水飴を舐める、金の斧を落としたと言い張る、×××××××××××××××××××××××××等々、浅ましさの限りを尽くしてきた。私もあの老い耄れ共と同類なのだ。それどころか、更に下を行くかもしれない! 





何か美しいものに触れられたら。
そう思って今日は来たのに、己の醜さを直視させられ、私は泣き濡れて蟹とたわむれた。そして食べた。

posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

12/02/12

「柳亭市馬の首の動きが鳩か鶏みたいで落ち着かない友の会」のみなさん、こんにちは!
私の体調や糸こんにゃくの強度が足りないことを心配する書き込み、無責任な励まし、どうもありがとう。
私は今、生きていてもしょうがないし友達居ないから、宗教入るかゲーム機買うかで迷っています。
手元に日蓮宗の勤行要典と立正佼成会の本と聖書があるのですが、どれも長続きしそうにありません。
ゲーム機を買うお金もありません。
私は収入を得るためにブログをやっているのですが、どうしたことか、これがさっぱり儲からないのです。
毎日の煙草代にもなりゃしません。私が喫煙者じゃなくてよかったですね。
事業拡大として流行のステルスマーケティングを始めたい。だから金払いのいい企業・団体・個人は早急に連絡をください。
頭がおかしくなりそうです。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

12/02/11



身を清めるぞ!!
勇んで冷水シャワーを浴びんとする君よ、待て。
やってはいけない。

シャワーを浴びて震えている間はまだいいが、そのあとぐんぐん熱が出る。
ウソ吐き、学校を休もうとして水風呂に入ったことあったけど少しの間熱が出ただけで平気だった、って?
ちょっと高い熱が出たけど、あったかい布団の中で気持ち良く寝ていたらすぐに治っちゃって拍子抜けしたことは、確かにあった。でもな、あれは6月だったからだ。合羽着て雨の中寝たりもしたんだがな、かえって蒸し暑くなっちゃって風邪引かなかったな。

この時期に冷水シャワーなんてやったら格段にまずい。
やめろ。
でも、そういうわけにはいかないんだよな。
わかっている。事情は全部知っている。
私は、未来の君だからだ。
あの6月のことも、ちゃんと憶えている。
私には君が熱を出す未来を、私が熱を出した過去を、見ていることしかできない。
でもな、安心しろ。熱は、下がる。
しかし、下がったところで君の人生が好転するわけではない。
君に見合った無様で無駄な人生が続く。
どうしよう。
死ぬしかないんだよな。
死にます。
冷蔵庫に糸こんにゃくがあるから、それで首括る。
さようなら。
要らない人間で終わってしまってごめんなさい。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

ありがとうございました

いままでありがとうございました
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

今週の質疑応答


 ヨシノブのオススメレシピ何かある?
 簡単なやつで



* * * *

久しぶりに質問が来ました。ありがとう。
オススメレシピは「卵かけ御飯」です。
ご飯と卵の簡素な基礎からの汎用性の高さが魅力。
醤油、各種ソース、ふりかけ、塩、マヨネーズ、たれ、だし、薬味……。
めんつゆも合うぞ。


ふたつめ、「餡かけご飯」
さらっとしたものを食べたくて自作。
基本は湯に中華スープの素とオイスターソース。
あとはその日の気分でめんつゆや鰹だしなど。
味を失敗した時は、豆板醤で辛くして誤魔化した。
具は、その日の冷蔵庫と相談。なくてもいい。
オススメは卵、もやし、刻み海苔、紅生姜。ごま油を垂らしてても良し。
最後に片栗粉でとろみをつけてご飯にかける。
おじやのようにしてもいい。
この間まで、2週間くらい毎日これを食べていた。


みっつめ、これ。

クックパッド:とろける湯豆腐
http://cookpad.com/recipe/185898

やけに簡単ですが、この通りです。重曹を入れるところで、こんなもの食べて大丈夫だろうかと思うでしょうが、大丈夫なんです。
確かに温泉豆腐に似ています。
出来上がりの汁にポン酢を多めに入れると、温泉卵の白身のような味になります。

具はねりものがオススメ。私には豆腐よりこっちが主役。
揚げ物は一口大よりやや小さく切っておく。異様に膨れます。


この調理法が効果的かという観点からの評価

がんもどき、油揚げ やや溶け破れる。よく合う。◎
さつま揚げ、ごぼう天 ◎
はんぺん  うまいが、もともとこんな味? 味は合う 〇
牛筋 とろとろする。しかし味が染みない。 △
にんじん(一口大) やわらかくなるが味が染みない。 
苦味がある場合、汁に苦味が溶け出す。△
ゆでたまご 表面がちょっとぬるぬるする。それだけ。 △ 
殻付き海老 殻が弱体化することを願ったが叶わず。 ×
出汁に使った昆布 とろっとする。食べられる。 〇

番外編:モツ 
あの飲み込むタイミングがわからないと評判の腸類たちも重曹で素直になるのではないかと思って。
重曹で20分も煮込むと、随分噛み切りやすくなります。ただ、肉に淀んだ炭酸が籠ったようになって不味くなる。(重曹=重炭酸ソーダ)
何か誤魔化せる強い味付けが出来れば良いかもしれないが、私の手に余るので二度とやらない。


重曹で煮た後に洗う鍋はやたら綺麗になる。
(重曹は洗剤がわりになる)

posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

代々木周辺に急げ!



yoyogigay.jpg





国立のゲイ競技体育館があるなんて、東京は進んでるなあ……。


随分前に東京でモノレールに乗ったら、車体に沿った座席の向かい側に、スーツ姿の女二人が並んで座っていた。一人はもう一人の胸元へ寄り掛かるように、寄り掛かられた女は正面を向いているが、片手を相手の体にまわして「こいつ、俺の女」という顔。

ネコとタチを体現している!

おら、こういうの初めて見たべよ。
東京はすげえとこだべ……。
車いっぱい走ってっけどトラクター走ってねがったし。






当初はゲイ競技体育館はコラージュか単なる誤植ではないかと疑ったが、事実であることを裏付けるこんなツイッターログを見つけた。

我が街千駄ヶ谷は国立競技場体育館の為かゲイの可愛い男の子が多くて楽しい。

keibun Miyamoto
http://twitter.com/#!/keibuny/status/109544385267507201

千駄ヶ谷は代々木の隣である(らしい)。
あそこはやっぱゲイ競技体育館なんだよ。

posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

桃太郎、売れたよ


前に一度だけチエコを連れて行った高座が花緑で、これではあんまりだと思ったので(私は花緑が下手だと思う)彼女を小三治の高座へ連れて行った。
会場施設へ着くと、やけに若者が多い。私がこれまで行った落語会はどれも老人が圧倒的に多くて、若者が3人いるかどうかという具合。20年後に同じ客を集めたら空席が目立つと思われる。
それが今回は、10代20代くらいが半分を占めているのではないかという盛況ぶりだ。




売れっ子であった先代の昔々亭桃太郎は、兵隊に召集されて日本を離れ、敗戦後もシベリア抑留を食らう。その間に彼の芸風を真似た三遊亭歌笑が人気を博した。やがて桃太郎の復員が決まり、歌笑は自分の人気もこれまでだと悲観したが、復帰した桃太郎を観た世間は彼こそ可笑の真似だと思い、可笑は売れ続けた。世間はもう桃太郎を忘れていたのである。桃太郎は売れなくなった。歌笑は1950年に事故死する。
色川武大は桃太郎のことを気にかけていた。また売れないだろうかと談志に話している。
やがて、桃太郎が少しずつ売れ出した。談志が色川に「桃太郎、売れたよ」と伝えると、色川は「ああ、そう」と象のような優しい目をして答えた。

以上は色川と談志がそれぞれ自分の本に書いていることだが、どこに載っていたのか忘れてしまったので記憶を頼りに書いた。細部は異なるだろうが、だいたいこんな内容ではある。
歌笑はかなり勉強していたらしいと談志は書いている。ニーチェの詩集も読んでいたそうだ。

桃太郎に関する色川の一文(寄席放浪記)を見つけた。桃太郎が売れなかった頃の話であろう。

立川談志と四方山話をしているうちに、談志がふいに桃太郎の新作の一つを誉めた。そのときどうしてか私は身内を誉められたようにうれしかった。私自身桃太郎の高座をそれほどおもしろがっていなかったにもかかわらず




私が「小三治、売れたよ」「ああ、そう」と一人二役して感慨に耽りながら会場ロビーに入っていくと、何だか様子がおかしい。老人と若者の陣地がはっきりと分かれ、それぞれ別の入り口から会場へ……。
ちょいちょいとチエコに袖を引かれ、掲示板を見るように促された。掲示物を読み解くと、小三治と同日同時刻同施設内別会場にて、バンドコンサートが開かれる旨が記載されていた。若い層を中心に人気を集める、名の知れたバンドである。ロビーに屯していた若者たちは根こそぎそっちの会場へ入り、老人たちは漏れなく小三治会場へ。
小三治会場で若者を探してみたが、3人しか見かけなかった。その誰もが灰色の青春時代を送ってそうな顔をしていたが、偶然だろうか。

若い奴も落語に来いよ、と言いたいところであるが、私自身も若い頃落語を聴かなかったので分が悪い。ははは。
高座は前回の方が良かった。
小三治、売れろォ。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

談志最後の落語論

談志最後の落語論 立川談志  梧桐書院

2009年11月初版。



断っとくが、「いい女」とは、見た目じゃねぇぞ。やれ“綺麗だ”、やれ“スタイルがいい”だのとみんな騒ぐが、よくいるだろう、“こんなバカいねえ”という女。例えば、ミス・ワールド。

ミス・ワールドの称号って、どれくらいの人が有難がってんだろ。


枝雀の小噺というかジョークに
「おお、定期券が落ちてやがった。あれ? 何も書いてねえぞ、これ。どこからどこ、とか、名前とか。 ……? 俺、何でこれ定期券だと思ったのかな」


これ、ぞくぞくするような強烈なジョーク。たまんない。凄まじい。



小三治は噺家

 あるとき、その「長いマクラ」で確定申告について延々と語っているうちに、職業欄の話になった。
「私は落語家って書きたくない。噺家と書きたい! でも噺家って書いたら税務署から電話が掛かってきた。『クチアタラシイ……何です、これ?』って。そんなとこに税金払いたくないね!」

「だいたい落語家なんて言い方、昔はありませんでしたよ。昭和初期には噺家と書いてた。『落語家』と書いて『ハナシカ』とルビが振ってあったモノもある」


ニューポストセブン:「落語家」にこだわる立川談志と「噺家」柳家小三治の違い
http://www.news-postseven.com/archives/20110226_13474.html


談志は落語家

ちなみに、「噺家」と「落語家」は私の中で違うのだ。ただ喋ってるのが噺家で、談志好みの連中を落語家と称い、これらの者は落語を演っていて、噺家とは違う。噺家は話をしているだけなのだ。それも下手でイヤらしく、下品で……。


江戸っ子、東京人は、「あァー、そうだ」(と言いながら、“パン”と膝などを打つ)、と、こういう暮らしをしている。
「向こうから来ましたよと(パン)。えェ、いい女(パン)。誰でげす。左曲がっていなくなった。あ、それっきり? いやァーやーやーやー。あちらから来る女というものは、また何とも言えませんな」
喋りが全編音楽なのだ。私はこれを「演れ」と噺家たちに言っているが、誰も演ろうとしない。


談志の追悼番組で中村吉右衛門が話していた。
或る芝居で、台詞の合間にパンと膝を打つ場面が出てくる。この膝を打つ間がとても難しい。役者でもそう出来るものではないし、この間がわかる客も少ない。ある時、この場面を吉右衛門がやると、「うまいッ」と客席から声が掛かった。この間がわかるなんてどんな奴なのだろうと声のした方を窺うと、客席の中にバンダナが見えた。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

東京奇譚集

東京奇譚集 村上春樹  新潮社


取り巻く読者によるスカした雰囲気が苦手なため、読まずにいた村上だが、漸く手に取ってみた。本来ならもっと有名な(評判のいい)代表作を読めばいいのかもしれないが、手近にあったこれを。短編集。

思っていたより堂々とファンタジーをやっているけれど、想像していた村上作品象にかなり近い。読みこなすには、それなりの勉強が要ると思う。

私が不満に思う翻訳小説の文章を洗練させたらこうなるんじゃないかと思わせる文章。海外でも高い名声がある一因は、もしや文章が訳し易いせいではないだろうか。

小洒落たインテリ趣味が漂うというのも想像通りだった。
特に最初の一編に対しては、死んでも御洒落組に入れない日陰者の私などは呆れて「こいつ馬鹿なんじゃねえの」と呟いてしまった。
これは、嵌る人は大いに嵌って大変なことになるまいか。漫画やアニメのファンでそうなってしまう人をよく見かけるので心配してしまう。
世界は平和にならないと思った。



日の当たらない文学
http://www20.atwiki.jp/6syaku_aniki/
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメント欄にメールドレス、ホームページアドレスの記入は必要ありません。気軽に無記入で。 スパムメール回避のためにも、メールアドレスをそのまま書き込むのは推奨しません。返信方針についてはこちら