2011年05月31日

11/05/30

近所の爺さんが死んだ。栄養失調だったという話がある。真偽のほどはわからないが、在り得る話ではある。少なくとも、大したものを食べていなかったのはわかる。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

11/05/29

ぼくのかんがえた落語

イギリス落語

こんな東の果てで落語なんて結構なものがある。すると、イギリスにもあると思うんです、落語。イギリスに行ったことは無いけれど、あるのはわかります。勘がいいので。いつ地球が滅亡するのかも大体勘でわかりますね。イギリスの噺家はシルクハットにスーツにコ−ト(紋章入り)、片眼鏡に口髭顎鬚を豊かに蓄えた紳士で、出囃子はビートルズでしょうね。イエスタデイに乗ってコツコツとステッキを突きながら優雅に高座へあがります。まくらが終わるあたりでコート(マントの人もいる)を脱いで「よう、熊さん。」「なんだい八つぁん。」なんてやりだす。ハンカチを手拭い代わりに、ステッキでは刀や長煙管、提灯を下げる仕草をやる。高座の前に湯呑ではなくティーセットが置いてあり、噺家が右京さんみたいにポットを高く低くしながら紅茶を淹れる。私がイギリス落語で観たいのは野ざらしですね。扇子を釣竿に見立てて振り回す場面をステッキでやるのですから、さぞかしダイナミックなことであろうと思います。演芸場がゴシック建築。

※余談だが、マサイ族噺家の立川マサ志は、高座中に寝た客を持っていた槍で突いて退場させたことがある。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

青木繁

青木繁が没後100年だそうで。彼の展覧会に行ったことがある。青木繁って誰じゃい、知らんぞ、という人も彼の代表作『海の幸』はどこかで目にしたことがあるはずだ。目にしたことなんかない、という人にはもう頭を下げるしかない。ごめんなさい。青木は28歳の若さでこの世を去っただけあって、全般に発展途上の感が漂う作品群であった。代表作『海の幸』が未完であったことは、彼の画家生涯を象徴しているかのようである。書簡や軽いスケッチも展示してあり、なかには遊びのような漫画そのものの絵が幾つかあって、展覧会でこのような作品を観るのは珍しい体験であった。そもそも展覧会に行くこと自体が私には珍しかった。お前今展覧会に行けばポンチ絵くらいあるよねーと俺を馬鹿にしたろ。お、俺を、嗤ったろ。絶対許さないからな。明日になっても忘れないからなお前。知ってるんだぞいつも俺をお前がこそこそ馬鹿にしてるの。絶対許さん。後期の作品の小さ目の奴で、題名を失念したが春がどうのというので、ビリー・ヘリントンが描かれていた。抱き合った二人の一人が正面に向けた顔を大きく描いたもので、髪が長かったので本当は女なのだろうが、先にも述べたとおり青木は画才を完成させることなく終わった人なので、ビリー・ヘリントンになってた。明らかに失敗作だろこれ。それも例の携帯電話をかけている時のイキ気味顔です。これビリー・ヘリントンじゃんプププと噴き出しましたが私以外の客は真面目な顔してその絵を観ていました。何を考えているのでしょうか。青木には海を描いたものが何点もあり、荒い点描のような手法で日の当たる岩礁を描いたものが幾つかある。先にも述べた通り、ビリー・ヘリントンのイキ顔描いちゃう人だから、岩礁が磯辺揚げみたいだった。それも見た目は食欲をそそるのにかぶりついたら味が淡泊で、これまで幾度にも及び俺をがっかりさせてきた鶏の磯辺揚げに似ている。笹身だったのだろうかあれは。安かったのがけないのだろうな。磯辺揚げは青海苔が非常にずるい、あれがあると凄く旨そうに見える、もう俺は何度となく騙されているのに青海苔纏う唐揚げを見るとウヒョーいいおかずになりそうだぜと体が前のめりになってしまい、理性では過去の経験に学べと緊急信号が発せられているが脳髄の理性が宿る部分なんてのはウワッ青海苔だぜと前のめっている体と比べるとタラバガニの全身とカニ味噌みたいな比率ですから、質量が違いすぎて抗えるわけがない、カニ味噌、美味しゅうございますよ、でもカニ味噌とタラバガニ味噌抜きが綱引きしたらどっちが勝つと思うの貴方、カニ味噌が勝てるわけないでしょ、それで私は磯辺揚げに期待外れを味わうのです、竹輪も、竹輪の磯辺揚げも、俺の目から見ればあの十倍は旨いはずなの、そういう見た目をしてるのに、食べると、ふしゅうと生気が抜けるような拍子抜けである、罪な奴、俺はもしかして青海苔に操られているのではないだろうか、青海苔が俺を惑わすのだ、あああああ……。私は青木繁の作品を前にしてビリー・ヘリントンと磯辺揚げの青海苔の魔力について考えていた。貴方も青木繁の展覧会へ行くことがあれば、その辺を重点的に考えてみてほしい。私は焼きそばでもお好み焼きでも青海苔はたっぷりかけたい。紅生姜も。実のところ青海苔より紅生姜が好きなんだ。青海苔より遥かに充足感がある。でも青海苔には夢があるんだな、美味しそう!っていう。青海苔は風味のものであって味自体は非力で虚ろな夢なんだけど、それだけに心が満たされず青海苔を更に追い求めてしまう、そういうところがある。あるんだよなァ……。
 
 
 
 
telephone-s.jpg

posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

大いなる西部

勇気や強さは見せびらかすものではない、己の中にしっかりと在ればそれで良いのだ。一理ある。一理はあるが二理はない。グレゴリー・ペックの迷惑な善人・自己満足紳士ぶりに説教してやりたくなる。ペック、そこに座れ。周囲から腰抜け呼ばわりされるのを黙って耐えて、それがお前ひとりの事ならばいい。だが、婚約者のパットはどんな気持ちになる。パットは周囲からどんな目で見られる。ならず者たちは調子に乗るぞ。俺の嫁になるのなら我慢しろとでも言うつもりか。我慢できるだけの信頼を築いてやれなかったではないか。荒馬を乗りこなしたこと、迷子にならなかったこと、どちらも証明できるではないか。それを証明することでお前は何が困る。頑固に自分を飾らない男なのかと思ったら、水源地のある牧場を買い取ったことを「プレゼントにするから内緒」とはどういう了見だ。お前その水源地が抗争に絡んでいることを知っているじゃないか。そういう重要な要素を無視して個人的に買ったものだから個人の好きにしていいという、社会情勢を考慮しない態度のせいで事がややこしくなったんだ。序盤で荒馬サンダーを乗りこなしたのは、後半それに乗って現場へ駆けつけるための伏線かと思ったらそれっきり。だったら最初から乗るな!
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

宅配寿司新時代来たる今ここに

現行の宅配寿司というシステムはもう時代に合わない。カウンターでオンデマンドするあのライブ感がないことに、現代人は虚しさを感じています。そこで私は新システムを提唱しますので貴方は明日からやりなさい。まず、客は電話をかけます。「大将、やってる?」「へい、どうぞ。」前者が客で、後者が寿司屋、つまり明日からの貴方です。「最初に玉子貰おうかな。」「へい。」注文を受けた貴方は玉子を握り、それを持って客の家までスクーターを飛ばします。「へい、おまち。」客に玉子を届けたら店に帰ります。また電話がかかってきます。「コハダ握って。」「へい。」貴方はコハダを握ってスクーターに跨ります。なるべく寄り道せずに到着しましょう。地図があると便利です。届けたら帰ります。「むぐぐ、喉に詰まった。大将、お茶頂戴。」「へい。」貴方はアチチなんて言いながら湯呑を持って階段を上がります。吉田さんの部屋はアパートの2階だから。で、また店に。「次はアナゴを。」「へい。」アナゴをバーナーで炙ってスクーターでブイーン。「この前ハゼ釣りに行ったらさ、ヒラメが釣れてさ。」「へえ、そうすか。」注文以外でも電話で世間話に付き合うなどして、客に寛いでもらいます。どうです。現行の宅配システムでは成し得なかった、カウンター席の如きライブ感。更に、顔が見えないのを活かして、田中角栄やルパン三世の物真似をすると、その本人が話していると思って客が喜びます。貴方が絵を得意とするならば、その日のネタを絵に描いて客に見せ、注文を受けるのも良いでしょう。その為の絵描きを雇っても構いません。ただし、油絵だと完成に時間がかかるので、ラフなスケッチで適当に済ませるのが無難です。前衛画、抽象画、キース・ヘリングやバスキアのような絵は好まれません。本格的に描きたいのならば、思い切って画家に転職するのが吉です。さて、客との会話が弾んだからといって、スクーター運転時に通話してはいけません。危険です。電話は店に置いておきましょう。寿司を握っている最中の通話も、片手作業で仕事が疎かになってしまう為、あまり感心出来ません。口を真一文字に結んで、客が何を喚こうと耳を貸さないでください。「ねえ、大将聴いてる? おーい。」「……。」この時眉間に皴を寄せると、仕事に打ち込んでいる感じが外見に表れて良いでしょう。「大将、御勘定。」この声が掛かれば、客の相手から解放されるまであと少しの辛抱です。スクーターでブイーン、外階段をカンカンカンカンカン。客からお金を受け取ったら店に戻り、お釣りを持ってブイーン。店を出る時は、しっかりと戸締りをしておきましょう。近所に泥棒が住んでいます。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

11/05/12

布団に入って、明日は冷蔵庫にある鶏肉を煮ようと思って、鍋で煮込んでいるところを考えていると、鶏肉を洗わないといけない気がして、台所用洗剤を鍋の中にチューチューと入れたんだ。円を描いてチューチュー入れていると、何か間違っている気がして、しばらくしてから、あ、俺は一体何をやってるんだと気が付いたけど後の祭り、鍋の中には青い洗剤がぐるぐる円を描いている。何てことをしてしまったんだ、これ、どうしよう。呆然としていると、実際には何もやっていないことに気が付いた。布団の中で考えているだけだから。ああ、助かった。深い穴を覗き込んだ後みたいに、しばらくどきどきしていた。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

今週の収支報告

MVPが町田康の「へらへらぼっちゃん」だと思ったら大間違いです。今回のMVPはこれしかありません。

原作レオポール・ショヴォ 翻訳山本夏彦 「年を経た鰐の話」(復刻版)

MVPの受賞、おめでとうございます。良い買い物をしましたね。素晴らしい。こういうのを買う人って恰好良いと思う。










マルコビッチ大白抜き

    いつも思うんだけど、そのMVPっての誰が欲しがってんだ。
    欲しがってる奴なんて見たことねえ。





皆が本当に欲しているもの、それは俺のDVDです。
私が言うのだから間違いはありません。
間違っているとしたら、それは貴方の方です。反省しなさい。

    

 


ラベル:マルコビッチ
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

11/05/09

鶏五目めしの具

白飯に混ぜるだけのレトルトパウチ食品。包みの表に前宮崎県知事のイラストが入っています。予想を裏切って味は大したことなかった。(賞味期限が1カ月過ぎていたがそれは関係ないだろう)
特筆すべきは包みの裏面「お召しあがり方」。

1.お米を3合炊きあげます。
2.炊きあがったご飯に、宮崎五目めしの具をご飯全体にふりかけ、混ぜ合わせます。
3.よく混ぜ合わせ、お茶碗に盛りつけて出来あがりです。


別の工程として2回も書かなくてはいけないほど混ぜ合わせなければいけないのか。私は混ぜ合わせが足りなかったのだと思う。実家のミキサー借りればよかったな。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

選挙闘争のてびき

選挙闘争のてびき 統一自治体選挙の勝利を  自治労


統一自治体選挙の勝利で国政の変革を勝ちとろう

 自民党政治の危険な右傾化

 軍国主義化、反動化がこの数年、急激ないきおいで加速度をつけたようにはじまっている。
 この数年間の政治動向をみると、それはまさに政府自民党による右翼的歴史のつくり替えかとも見まちがうばかりに反国民的であり、民主主義否定の右寄り路線でつらぬかれており、かつまた労働組合、民主勢力へのきびしい挑戦の姿勢をあらわにしている。
 この危険な政治姿勢についてみると一目瞭然、自民党政府が断固として右側通行だけを指向していることがよくわかる。
 元号法制化、弁護人抜き裁判の推進、刑法改悪、教育勅語の見直し、そして有事立法の制定など、その姿勢は強引なまでに反動政治をつらぬき通そうとし戦前一九四〇年代のあの軍国主義国家を夢想して、軍国主義を一気におしすすめようとする動きが明確にだされてきている。
 また、これら反動化、右傾化と軌を一にするように円高・不況対策を軸とした経済財政政策の悪名高き一般消費税の導入をはかろうとする動向が見られる。勤労国民にたいするきびしい大衆収奪である。かたやでは医師優遇税制(社会保険診療報酬の課税特例)などの不公平税制がまかり通りながら、一方では雇用不安、失業、生活不安を放置したまま大衆課税を強化し、勤労国民からの税収奪を貫徹していこうというのである。
 そしてまた自治体にたいしても、刻は陰に陽に権力的、財政的に圧力をかけ、自治体改革、住民優先の政治に歯止めをかけ、自治体を国の従属補完物とする姿勢をより一層うちだしている。
 いまや自民党内閣は、国民総管理の思想を強く明確に我々の眼前に突出し、平和と民主主義の圧殺、戦時体制の強化にのりだそうとしているのである。
 よく巷でいわれることであるが、「自由民主党」という政党は、その政党名がもつ心よい響き、自由と民主という言葉とは別に、憲法九条を中心とする平和憲法を否定し、改憲を党是とした、いつも危険なタカ派的ファッショ体質を本質的に保持した政党であるといわれている。
 その危険な体質を国民の前にだすことを極力政治的におさえつけてきたのは社民党を中心とする革新政党、労働組合、民主団体であった。
 しかし、いまや糸の切れたタコのように自民党は一路右側を全力あげて走り出している。
 これは、世界の政治の流れが緊張緩和の歩みをみせているのとは正反対の歩みである。
 まさに、ここに日本の政治反動化の危険な兆候をみることができる。
 いま自民党内では有事立法、いわゆる戦時立法の研究をすすめようとしているが、この有事立法研究の大将は、朝鮮半島であるといわれている。有事立法の基本的考え方は、自衛隊が武力で国民を統制する。国民を強制的に動員する。物資を強制的に調達するという戦時体制への対応のほかに、「宣戦布告なき戦争」すなわち六〇年安保闘争のような大規模な国政改革運動がおこったその時に、警察力だけでは対処できない事態となった際には、有事として自衛隊などを動員し有事立法を適用するとしている。
 これは第三次世界大戦の炎の目を朝鮮半島におき、朝鮮半島をポスト・ベトナムとして位置づけ、緊張緩和の世界情勢とは別に朝鮮半島だけを除外し、そのために日本の軍事力の強化と国民運動圧殺のための予行演習が必要であるとして一〇〇本にものぼる有事立法関係の反動諸法案の検討を始めているのである。それだけに危険な時代となっている現代に対応する我々労働組合、民主勢力の強力な運動展開がのぞまれる。



アジ演説のような部分は冒頭一〇頁、具体的選挙運動指南に三〇頁、選挙政策に一五頁。統一選に焦点を絞った部分は以上で、あとは警察・消防の改革、住民の政治参加、地方分権についての改革・構想についてなど六〇頁ほど、最後に候補者一覧等の資料。全一七五頁。
選挙運動指南は公選法や国会答弁を引き合いに出しながら、ビラや立て看板の規格や許容範囲などかなり具体的に記載されていて面白い。

一般の組合員が、たまたま知人とか友人に手紙やハガキを書き、「自分は社会党の○○に投票したいと考えている」とか「自分は組合出身の○○を支持している。○○に君も入れてくれ」と書いても、それは選挙運動と無関係の意見、希望の表現にすぎません。ただし、かならず肉筆でなければなりませんし、枚数が多くなる場合には、「拝啓」からはじまって、「近況報告」「政治問題に関する自分の意見」、そして「選挙運動」へと話をすすめる注意が必要です。
支持する候補者への投票を依頼するために、たんに自分の選挙区内の知人に手紙を書くだけでなく、他の地区の人から自分の選挙区内の人に手紙を出してもらうよう、他の地区の人に依頼することもできます。


選挙闘争の手引き 定価六〇〇円
一九七九年二月一日発行
編集 全日本自治団体労働組合
発行所 総評資料頒布会




ついでに自治労関連でひとつ。

2009年4月3日、石垣港に米掃海艦パトリオット・ガーディアンの2隻が入港した。
その写真がこれ。

米掃海艦
琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-142560-storytopic-1.html

自治労は断固抗議!

5・15平和行進(平和とくらしを守る八重山地区実行委員会主催)で、自治労(川上和也委員長)は米海軍の掃海艦を模した山車(だし)に「平和港湾宣言、石垣港に軍艦はいらない」などと書き込んで抗議することにしている。掃海艦が4月に、復帰後初めて入港したことから港湾ゲート前も行進コースに組み込まれており、改めて抗議の意志を示す。本島の平和行進(16、17日)にも持参する。

 「パトリオット」「ガーディアン」の2隻を模した長さ3.6メートル、高さ1.8メートル、幅0.9メートルの山車。船首に「平和行進」、船体に「米軍は二度と石垣、八重山へ来るな」「憲法9条を守る」「武力に頼らない平和を」とのメッセージを書き込んだ。蛍光塗料を使って夜間でも目立つようにした。
 執行部と青年部で製作した。川上委員長は「二度と来ないよう怒りを込めてつくった」と強調。大浜信宏青年部長は「入港したときにも怒りを感じたが、山車をつくることで石垣港に軍艦はいらないということを再認識した。行進には多くの人に参加してもらいたい」と話している。
 平和行進は白保小学校前を午後3時、JA大浜支店を午後6時に出発する。午後8時から新栄公園で集会を開く。


平和軍艦山車
八重山毎日新聞
http://www.y-mainichi.co.jp/news/13620/

なんだかカワイイぞ。


しっかり行進しましたよ。

抗議の行進
八重山日報
http://www.yaeyamanippo-news.com/news.cgi?no=2105&continue=on
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

11/05/06

小麦粉をまぶして肉を焼くと肉汁が逃げないのと同様、鯖でもししゃもでも、魚を焼く前に小麦粉をまぶしておくと、魚の脂が逃げずにふっくらした焼き上がりになる。また、網焼きしても皮や身があまり網にくっつかなないのも嬉しい。この朝食の素晴らしさをみんなと分かち合いたい。
小麦粉をつけすぎると、粉が下に落ちてもうもうと煙が出るので注意。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

11/03/16

薄暗い教室。男3人女2人くらいしかいない。少し恰好の悪いもの、という御題でM男が挙げたのは**という西洋のバンドの**という曲で、私が好きなバンドの好きな曲であった。そのPV?が教卓のあたりで始まる。そこに画面があるわけではないが、そこで始まったと認識している。
(実在しないバンド。私の主観による位置づけではキンクリに近い存在。曲調はハードロック。冒頭からかなり速いエレキギターのソロがある)
私はこのバンドが優れていること、曲が格好いいことをMに訴える。次にMが紹介したのは同バンドの「ダン」というブルースで、これは恰好悪い。だた次に控えている曲が、このバンドの最高傑作で、わたしがそれが聴けるのを楽しみにしている。

年に一度、校内で天皇陛下に御挨拶出来るという話を聴いていた。偶然それに出くわす。廊下の角を曲がったら、いらっしゃった。離れていて御顔立ちまではわからないが、二十歳前後の女で、セーラーマーキュリーの御恰好をされている。私の聴いていた話は間違いで、本当に来ていらっしゃるのは皇族の誰かではないだろうか。楽しげに次々とポーズを取っている後ろで、平伏する人々が3列、どこまでも続いている。

私は外で塩の入った袋を弄んでいる。

タモリが大賞に選んだのは、「**病院の裏通りを寺山修司の真似をしながら歩いている看護婦」だった。塀で囲まれた敷地の正門から道路に向かっている私は、右から歩いてくるその看護婦を見ていた。薄桃色の制服を着た看護婦がぶつぶつ言いながら通り過ぎる。道路の反対側は薄汚れた建物の背が隙間なく並んでいる。窓がない。
ラベル:
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

11/05/04

アダルトゲーム発売予定表の5/27に『まままーじゃん』の名前を見つけた。私の知る限り、最初の発売予定日は2008年11月14日である。一時は発売日が未定となっていたが、3年を待たずして発売か……。消息不明のガッツ麻雀(当初は2005年5月20日発売予定、現在発売未定)はどうしていることだろう。感慨に耽っていると、サンプル画像が無いことに気付いた。発売まで1カ月を切ってサンプルを出さないのはおかしい。
メーカーサイトを見てみると、トップに7月8月の新作ソフト紹介のコーナーがあり、まままーじゃんのことなど一行も書いていない。
やってくれるぜ!!




発売予定表にこんなゲームを見つけた。私の知らないところでこんなプロジェクトが動いていたとは……。

それは東京でNo.1の高校生を決める告白大会。

Rejetが手掛けるビックプロジェクト 『TOKYOヤマノテBOYS』。
昨年の12月に池袋サンシャイン噴水前広場で行われた開会式を皮切りに、本PCゲーム、音楽CDなど、長期間・多岐に渡って怒涛のリリース・イベントが展開!

ディレクターは 『Vitamin』 や 『LucianBee’s』 シリーズなどで知られる岩崎大介氏。
イラストレーターも同作を担当した前田浩孝氏を起用し、楽曲は光田康典氏率いるPROCYON STUDIOが制作。
もちろん9人いる男性キャラクターすべてを豪華声優陣が演じ、魅力的なプリンセスに命を吹き込んでいる。
豪華なスタッフ&キャストで贈る、運命の七日間を貴女に――


メインストーリー

────それは、運命の七日間。
貴女はプリンセスとなって、東京都内No.1の男子高校生を決める告白大会に出場することに。

1年に一度、全国から選ばれた、たったひとりの女子高生、――プリンセス を巡って繰り広げられる告白大会(ラブロワイヤル)。それが 『TOKYOヤマノテBOYS』
通称 『TYB』 では、都内各地域の女子高校生から推薦された、スーパー男子高校生――ヤマノテボーイズ たちが、プリンセスを巡って愛の告白合戦を繰り広げます。
各々の魅力を最大限にアピールして愛を告白してくるヤマノテボーイズたち。
彼らの愛を一身に受けるプリンセス。誰の告白がもっとも心揺さぶるものだったか――。 最終的にプリンセスに選ばれた者こそが、都内No.1の――プリンス となるのです。

全国の女性に夢と希望を与える、まさに愛の祭典。それが現代のフェアリーテイル 『TYB』 なのです。
TYBを通してカップルになったプリンスとプリンセスには幸せな未来が永遠に約束される……という伝説も――
今年のNo.1男子高校生になるのは、いったい誰なのか? プリンスとプリンセスの恋の行方は?
高校生たちの、高校生たちによる、高校生のための、年に一度の運命の七日間。 TYBが、今年も幕を開けます。


『SUPER MINT』 ストーリー

街を駆け抜ける、刺激的な愛の七日間!

プリンセスであるチヒロの最終選考で、伊織、ルーシー、拓海は無事予選を勝ち残り、最終決戦への出場を決めた。
3人はTYBの大会ルールに則り、プリンセスであるチヒロにアピールを開始。それぞれの個性がぶつかり合う告白バトルが始まる。

渋谷、秋葉原、目黒とそれぞれ自慢のスポットで熱いデッドヒートを繰り広げる3人。
彼らの魅力は甲乙つけ難く、心揺れるプリンセスだった。

そんな中、殺人鬼による犯行が激化……! ただでさえピリピリしていた若者たちの神経をさらに刺激する。
さらに都内のあらゆる若者たちを敵対させるために、勝手な解釈を加えて抗争を煽る謎の人物まで現れる。
告白大会中にも関わらず、プリンセスと3人はそんな抗争に否応無しに巻き込まれるのだった。

脳天まで突き抜け、目が覚めるようなスーパーミントな一週間。 運命の七日間を駆け抜け、彼らが辿りついた愛の形とは───。


http://www.getchu.com/soft.phtml?id=702530

これを読んで世の仔猫ちゃんたちは液漏れするのでしょうが、男が読むと失笑が漏れます。どうかしている。
歌の文句に、男と女の間には深くて暗い川がある 誰も渡れぬ川なれど エンヤコラ今夜も舟を出す とありますが、これでは舟が出ない。女どもがこういうわけのわからぬ男どもに現を抜かしておっては、なるほどこれは渡れぬ川だと確信せざるを得ぬ。
このゲームは、9人の攻略対象を3人ずつに分け、それぞれの味付けがちょっと異なる3種のゲームとして発売されます。


男が選ぶ男のゲームはこれ。可愛い娘たちにちんこは液漏れです。
http://www.noukano.com/3myaku/
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメント欄にメールドレス、ホームページアドレスの記入は必要ありません。気軽に無記入で。 スパムメール回避のためにも、メールアドレスをそのまま書き込むのは推奨しません。返信方針についてはこちら