2010年05月29日

捧げし一死! 一生!



あっ、録画予約するの忘れた
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
sea.jpg
ラベル:RYUICHI
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

今週のドラえもん




「うわーん」
泣きながら家に帰ってきたの太くん、そのまま2階へ駆け上がります。
どうしたのでしょう。
「ウルトラマーン、買ったばかりのマンガをジャイアンに盗られちゃったよー。なんとかしてよー」
のび太くんは窓を開けて、外でしゃがんでいるウルトラマンにうったえました。
そういえば、今日はのび太くんが前から楽しみにしていたマンガの発売日です。
「ジュワ」
ウルトラマンはうなづいて立ち上がると、
「シュワッチ」
と言って飛んでゆきました。

しばらく飛んでいると、空き地でマンガを読んでいるジャイアンを見つけました。
ウルトラマンは空き地に降り立つと、ピンセット(ウルトラマン用)でジャンアンからマンガを取り上げました。
「ピコンピコンピコン」
胸のカラータイマーが点滅しはじめました。時間がありません。
ウルトラマンは
「シュワッチ」
と言って、家へ飛んで帰りました。
家に着いたウルトラマンは、窓からピンセットでのび太くんにマンガを渡しました。
「わーい。ありがとう、ウルトラマン」
ウルトラマンは
「ジュワ」
と言って、満足そうにうなづきました。
よかったね、のび太くん。
ハグしちゃお。









目測を誤り、最初にピンセットでジャアンの頭を潰してしまっていたウルトラマン。


 
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

この男ならやってくれそうだって安心感ってあるよな!

5月7日、参議院選挙対応のため宮崎を訪れた小沢一郎さんが、知事から
口蹄疫対策への要望書を受け取った。これについて、

 やっぱり、動くのはこの男しかいないのか、。。。。。
 なんか、この男ならやってくれそうだって安心感ってあるよな! 


と書いているブログがあったので、コメント欄に質問をした。

晴天とら日和:小沢幹事長の「ちゃぶ台返し」はあるのでしょうか?
http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/51552360.html
(注 ページが重い)


このニュースの後、小沢さんは口蹄疫について
何をやってくれているのですか?
1週間経ちますが、私はそこについての報道を見かけません……。

これを書き込んだのは5月16日15時34分ごろ。
ここのブログ管理人は小沢支持者なので、小沢不支持者が無視している小沢さんの動きについて情報を掴んでいるかもしれない。管理人でなくても、他の読者が返答してくれるかもしれない。

そう思って質問したところ、画面が切り替わってこの表示。

コメントの投稿を受け付けました。
このコメントは、管理者による確認後、ブログに反映されます。


ほぼ毎日のように更新されるブログなので、2日も経てば反映、返答があるだろうと思っていたが、書き込みがさっぱり反映されない。
私の送信がうまくいかなかったのだろうと思い、後日同じ記事にもう一度書き込んだ。


7日の宮崎入りの後、小沢さんは口蹄疫について何をやってくれているのですか?
私はそこについての報道を見かけません……。
それどころか、この日小沢さんは口蹄疫対策を「大変大きな県の課題」
といっていたのに、10日後には政府が対策本部を設置しました。
本部長は鳩山首相です。
この10日間で、宮崎県が国レベルの課題にまで事態を悪化させたのでしょうか?
それとも、政府が大袈裟に首を突っ込んできただけなのでしょうか?


これを5月18日23時52分ごろ書き込む。


更に、別の記事で宮崎県知事に批判的な松田ドラえもんのtwitterを引用しながら知事を批判していたので、これにも質問してみた。以下の引用部は松田twitter。

>鳩山首相が口蹄疫対策として1000億円の予備費緊急支出を指示したと
>いうことで、昨日来の永田町の口蹄疫騒動がようやく一段落しそうだ。

最早御存知だと思いますが、いつもの鳩山発言に終わりそうですね。
野田財務副大臣は「(現在の被害件数なら)1000億円という数字が出てくるとは思えない」と発言、政府関係者は口蹄疫対策に100億〜200億円の予備費を活用する考え、と時事通信は伝えています。


>東国原知事は、当初から風評被害対策を国に求め、国の国有林を
>処分場にという案を一度蹴るなど対応に不慣れな面があった。

知事の判断はtwitterを読む限り、理に適っていると思います。「一度蹴る」とは、その後受け入れたのでしょうか?

国有の防潮林地帯は、地下に海水が有り、難しいです。RT @masa_p33: @higashitiji 赤松大臣が埋設地は沿岸の国有地を「どうぞ使ってくださいと」言っていました。現場として不都合な点を教えてください。
http://twitter.com/higashitiji/status/13978122820
地下水汚染や海水汚染による漁業への影響等が懸念されます。 やRT @moyashi_megane: @higashitiji 自分はなんとなく分かる気がしますが、なぜ水があるとダメなのかも説明された方がよいのでは?
http://twitter.com/higashitiji/status/13986297873

マスコミの報道では実態がどうなっているのかよくわかりませんね。


晴天とら日和:宮崎県の口蹄疫(風評被害を恐れるあまりかもしれない、。。)
http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/51555993.html

これを書き込んだのが5月18日23時56分ごろ。
現在まで反映なし。
だけど他の人のコメントは反映されているという不思議。



私の書き込みは何者かによって闇に葬られているのではないかと怖くなり、同じ松田twitter記事を載せていたブログ(記事のみ感想なし・コメント承認制)にも書いてみたが、こちらは載りました。ただし、返信なし。
晴耕雨読:「口蹄疫、東国原知事初動失敗」
http://sun.ap.teacup.com/souun/2766.html




書き込みが長くなるので見送ったが、松田のtwitterにはまだよくわからないところがある。

今回の口蹄疫の初動対応のミスは大きく2つある。英国など経験のある国では、殺処分を専門の防疫班が消毒済みの防疫服を着て行い、終了後にも消毒をしている。口蹄疫の細菌は、人体や衣服に付着して広がるからだ。東国原知事が殺処分を急ぐあまり、防疫装備もない農家に殺処分をさせたのは失敗だった。

殺処分は専門家(主に獣医師)にしか認められていないので、農家は手伝ったということなのだろう。殺処分の前から日常的に家畜へ触れている農家に、殺処分に関わらなければウイルスが付着しなかったのように言うのは意味がわからない。農家は消毒に苦心している。


もう一つは、殺処分した牛を小さい農場では埋立処分できず、死体が放置されたために、ハエなどを媒介して細菌感染が拡大したこと。国有地の提供が遅れたのは多くの人が指摘している通りだが、県有地の提供も遅れた。あらゆる面で、不慣れなゆえに初動の処理を誤ったことは、国も県も猛反省が必要。

まず、ハエなどが媒介して拡大したという可能性はあるが、現在それがハエなどと確定されたわけではない。

宮崎での感染ルートについては「人や車が媒介」「ネズミやカラスなど小動物が媒介」と、時間の経過とともに情報が二転三転。大分県畜産振興課の担当者は「確定していない情報なので文書で農家に伝えるのは躊躇(ちゅうちょ)している。ハトやカラスが媒介するとすれば、空中防疫まで考えないといけない」と話す。
産経新聞 2010.5.20 11:27
http://sankei.jp.msn.com/life/body/100520/bdy1005201129002-n2.htm

そして、理想的な埋却地は殺処分対象農家の隣。理由は運搬中にウイルスが拡散する危険があるため。(と、5/11の農水委員会で江藤拓議員は言っていた)
だから埋却地はなるべく農家から近い場所でなければならない。そう便利な場所に県有地が都合よく幾つもあるわけじゃないだろうから、県有地の提供が遅れたのは仕方ない、と私は思う。前もって大規模の感染を想定し、埋却地を用意しておくべきだったとの話ならまだわかるが、それは「初動」の問題ではない。

知事は5月16日のブログでこう書いている。

 埋却地確保も追いつかない。埋却地は、法に基づく指針では、基本的に発生農場かその隣接地である。しかし、土地の選定と共に、土地の借用・購入、地主や近隣住民・農家等の同意が必要で、手続き等も含め簡単ではない。
 選定地が決まると、掘削し、地下水や岩盤等の有無を調べる。もしあった場合には、そこは諦め、また最初から選定に入る。気の遠くなるような膨大な作業である。
 とにかく、発生・確認の規模やスピードに殺処分や埋却が追いつかない。

http://ameblo.jp/higashi-blog/entry-10536406618.html


松田さんは釣り糸を垂らしてしまう御茶目な方なので、鵜呑みをするといけませんよ。

週刊オブイェクト:松田光世さんと学友のDCIA少佐の機密レポート
http://obiekt.seesaa.net/article/148508743.html
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

報道各社に見る首相への敬意

首相と山崎さん宇宙談議 「有人船」で意見交換も

鳩山由紀夫首相は20日、米スペースシャトル搭乗を終えて一時帰国した宇宙飛行士の山崎直子さん(39)の表敬を官邸で受けた。日本の有人宇宙船開発の可能性について意見交換する場面もあった。
 冒頭、山崎さんは「応援いただき、無事に任務を終えることができた」と報告。首相は「ミッションの達成おめでとう」とねぎらった。


東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2010052102000071.html


山崎飛行士:鳩山首相を表敬訪問

鳩山由紀夫首相は20日、首相官邸で、国際宇宙ステーション(ISS)に約2週間滞在した山崎直子宇宙飛行士の表敬訪問を受けた。山崎さんは模型を使ってISSの仕組みなどを説明し、首相は「ミッション達成おめでとう」とねぎらった。山崎さんが「有人宇宙船が米国、ロシア、中国の3カ国にしかない」と話すと、「日本はやらないのかね」と、宇宙開発に関心を示したという。


毎日新聞
http://mainichi.jp/photo/news/20100521k0000m010036000c.html


宇宙飛行士、「宇宙人」と会談 山崎さん、首相官邸に

国際宇宙ステーション(ISS)から帰還した宇宙飛行士の山崎直子さん(39)が20日、首相官邸に鳩山由紀夫首相を表敬訪問した。自らも科学者で「宇宙人」とも呼ばれる首相は興味津々で、宇宙開発を巡る国際協力体制にも関心を寄せていたという。

 山崎さんによると、首相は「すべての任務は順調にいきましたか」と質問。山崎さんを乗せて地球と宇宙を行き来したスペースシャトルが今年中に退役することについては「残念だねえ」。日本独自の有人宇宙船開発について「日本はやらないのかな」と述べ、山崎さんは「技術は培っており、いずれできたらいいですね」と応じたという。宇宙船設計思想の米ロでの違いといった専門的な議論にまで話題は及んだという。

 山崎さんは福島瑞穂・男女共同参画相も訪問。福島氏は「宇宙飛行士として、女性として活躍したというダブルの意味がある」とたたえた。


朝日新聞
http://www.asahi.com/politics/update/0520/TKY201005200458.html


有人宇宙船「日本はやらないの?」=鳩山首相、山崎さんに質問

鳩山由紀夫首相は20日、首相官邸で宇宙飛行士の山崎直子さんの表敬を受けた。首相は、国際宇宙ステーション(ISS)に約2週間滞在した山崎さんに「ミッションを達成しておめでとう」と声を掛け、有人宇宙船を飛ばしたのは米国、ロシア、中国だけであることに話題が及ぶと、「日本は(有人宇宙船の開発を)やらないのか?」。どこか人ごとのような口ぶりで質問していた。


時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010052000899


「日本は有人宇宙船やらないの」 首相、山崎さんに質問???

鳩山由紀夫首相は20日、国際宇宙ステーション(ISS)から帰還した宇宙飛行士の山崎直子さんの表敬を受けた。山崎さんが「応援いただき、無事に任務を終えることができた」と報告すると、首相は「ミッション(任務)の達成おめでとう」とねぎらった。有人宇宙船を飛ばしたのは米国、ロシア、中国だけであることに話題が及ぶと、「日本は(有人宇宙船の開発を)やらないのか?」と人ごとのように質問し、自分が宇宙開発戦略本部本部長を務めていることをすっかりお忘れのようだった。


産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100520/plc1005202117016-n1.htm






 
宇宙開発戦略本部


宇宙基本法(平成20年法律第43号)に基づき、宇宙開発利用に関する施策を総合的かつ計画的に推進するため、宇宙開発戦略本部が設置されています。 宇宙開発戦略本部においては、宇宙基本計画の作成及びその実施の推進に関する事務その他宇宙開発利用に関する施策で重要なものの企画関する調査審議、その施策実施の推進及び総合調整に関する事務を実施しています。


本部長
内閣総理大臣


首相官邸
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/utyuu/index.html
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

10/05/20


アンパン「腹を刺されて力が出ない」
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

10/05/19


・自衛隊基地に沿って出店。基地には満開の桜。
閉店が近い店にデジタルのカウントダウン表示。時間制限?
一軒の焼きそば屋、あと5秒ほど。鉄板の上の余った焼きそばをまとめている
私は時間が尽きたときを狙っている。案の定、店の爺さんが「片づけを5秒だ」と声をかけてきた。了承し焼きそばを貰う。
幅だけで通常の3台分はありそうな青いトラックがどこからともなくやってきて、道具一切を乗せていく。荷台には既に沢山の荷物が載っている。あとは竹箒を積み込むだけだが、トラックが発車してしてしまった。竹箒を手に追う。
妙に起伏の激しい住宅街を駆けていると、遠くに異様な雰囲気を感じる。魔物だ。


・町から少し離れた小高いところにある小さな遊園地。粗末。パートという風情の高齢女性が何人か働いている。客は5人ほど。室内には一回10円で遊ぶような古いゲーム台、職員手作りのレースゲーム。外にはゴーカート。


・山(まだ生活圏内にある)の坂(舗装された道)を下りてゆくと、麓から噴火が起こったような巨大な黒煙が上がっている。その手前に特に黒い三筋の煙あって近づいてくると、それらは3体の親子ゴジラだった。首太く長い。巨大。やや土気色。近づくと体に点々と小さな魔方陣や呪文が青で描かれている。私はゴジラが作り話、着ぐるみだと承知しているものの、目の前にいるそれを半分「本物」のような感覚で捉えている。幽霊のような存在感がある。子ゴジラでも5メートル超あるのに、中の人間がどうなっているのかについて何の疑問もない。

ラベル:
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

忘れ得ぬ黄身

(その昔「五右衛門」でスパゲティを食ったときのこと。月見スパゲティの如きを注文して運ばれてきた盆の上のそれは、見本と違って黄身が破れてしまっており、私がそれに気付くのとボーイがそれに気付くのは同時で私「あっ」と思うなりボーイの行動早く「申し訳ありません。作り直してきます」と言うなり奥に引っ込んだ。私はそれくらい構わなかったが意志の伝達為せず、作り直された真ん丸お月様のそれを食べた。もしかして破裂黄身のあれは捨てられたのではないか、もったいないことをしたと思うも、いや、賄いにしたのだろうと思い直す。多分それは正解だが、確かめようのないそれの行方と、昼の忙しい時間に余計なことで煩わせてしまったことを今でも気に病む。五右衛門を出た後は目黒の秋刀魚ならぬ寄生虫を見た。)
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

若い女に論語は流行るか


餅は餅屋とのセオリーに従い、私はチエコに見解を求めた。
(ここを「MOTHI is MOTHI shop」で始めることを躊躇ったのは賢明だろうか? それともただの臆病だろうか?)
昨今の歴史のように、若い女に論語は流行るか、と。
チエコ(元若い女の子・現あまり若くない女の子)曰く、「流行らないと思うよ」 即答であった。

論語に昨今の歴史流行の如きを得たくば、論語を題材とする何らかのヒット作が要る。そのようなゲームやドラマあるか。ない。マンガや小説があるか。ない。つまり論語は現在流行らない。

中島敦の「弟子」や諸星大二郎の「孔子暗黒伝」があるではないか! と思うも、なるほどそれらは戦国BASARAのようには現在ヒットしていない。

ならば論語はゲーム化されるべきである、というより私は論語のゲームがやりたい。それは孔子が理想天下国家を作り上げるゲームだ。(PC用)






☆諸国を巡って教えを説き、郷原を討伐しつつ弟子を獲得。
特殊弟子(名前と顔グラフィック付)はアドベンチャーパートの駆け引きで勧誘。

例)游侠の徒・子路が現れた!
 子路は孔子を睨みつけている!
 なんと声をかける?

 「汝、何をか好む」
 「汝、父母を敬え」
>「汝、パン買ってこい」

*原典にはない多彩な選択肢が論語世界を大きく変える。
行動や選択肢によっては、隠れキャラのキリストやガンジーも登場するぞ。


☆名が高まると諸侯からお呼びがかかる。時には反乱軍からも!?
招かれた国で治世モード開始。礼楽を充実させろ!
能力の高い弟子を派遣することも可能。
*もちろんこちらにも隠しキャラが登場。暴君ネロやナポレオンに仕えることが出来るぞ。
★特報★ なんと日本語版では織田信長や田中角栄などの追加が決定!


☆クリアするとプレイ内容が反映された論語が編纂されるぞ!
編纂された論語のセーブデータは、他のプレイヤーへプレゼントすることも可能。
どの弟子を活躍させたかで孔門十哲が変化するのも嬉しい。


☆クリア後に追加されるメニュー「君子の其の子を近づくるを聞く」とは!?
なんと鯉の育成シミュレーション。
特に才能があるわけでもない鯉だが、特別なスケジュールを与えることにより
パラメータが変化。成長内容に応じたマルチエンディング方式。
長生きも可能!


☆他にも充実の内容が君を待つ!

・貨殖の才を持つ子貢による孔子学団資金繰りシミュレーション。
 財務状況次第では鯉や顔回の葬儀が立派になるぞ!
・歴史のif 狂接輿捕獲大作戦
・子路が衛の国で大暴れ(無双シリーズみたいなの)
・孔子も負けてはいない。原壌の脛を杖で叩け!(同上)
・琴の演奏(音ゲーっていうんですか。そういうので)
・指南車に乗ってマリオカートっぽいやつ。
・条件を満たすと博奕のミニゲームが出来るぞ。ドンジャラとか。
・迫力のムービー。
・豪華声優陣起用による魅惑のフルボイス!




この世で俺だけは楽しい。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

10/05/11


女の間で日本史がはやっているそうだが、私は歴史に疎い。何処からどう入っていいのかわからないので、手が出ないのだ。三国志も水滸伝も誰のを読めばいいのか迷って手が出ない。(横山光輝の水滸伝漫画は読んだ)
しかし、いつか論語が女に流行れば、私も女の子と会話出来るかもしれないぞ。儒教が日本に大きな影響を与えているのは確かだから、日本史から論語へ流行が伝ってくるかも知れぬ。
と、思ったが、私はそこで何を話すのだろう? 論語一冊のみでは話の幅が狭いし、論語外へ話を持っていかれるとついていけない。
結局、私が女の子と会話する機会は無かったのだった。

posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

10/05/13


一人の娘が山菜を探して山道を歩いていると、鬼が立ちふさがった。
「ぐえっへへへへ。女、お前のおちんちんを見せい」
「いやあ。そんな汚らしいもの付いていないわ」
「うわっはっはっはっは。おちんちんを出せい」
騒ぎを聞きつけて、少年ヒーローヒロシがジェットマシンで駆けつけた。
「やい、鬼。おちんちんなら僕が見せてやる」
ヒロシはおちんちんをぽろりと出した。
「うわあ。男のおちんちんなんて汚いもの嫌だよー」
鬼は泣き叫んで山奥へ走り去った。
その夜、村ではヒロシの活躍を祝って宴が開かれた。ヒロシは大好きなみかんジュースをコップに注がれながらも、心が晴れずにいた。
(釈然としない!)
ヒロシに鬼の考えは理解できなかったのである。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

10/05/10


最近、首相は海兵隊が抑止力であることを学んだそうでなによりだ。
論語をパラパラ捲っていたら、陽貨篇8で孔子がこんなことを言っていた。


仁を好んでも学問を好まないと、その害として〔情におぼれて〕愚かとなる。智を好んでも学問を好まないと、その害として〔高遠に走って〕とりとめがなくなる。信を好んでも学問を好まないと、その害として〔盲信におちいって〕人をそこなうことになる。まっ直ぐなのを好んでも学問を好まないと、その害としてきゅうくつになる。勇を好んでも学問を好まないと、その害として乱暴になる。剛強を好んでも学問を好まないと、その害として気違い沙汰になる。 (金谷治訳)


呆れた。内閣支持率が低迷しているものだから、世間に迎合して鳩山バッシングと来たよ。「愚かとなる」なんてルーピーの誤訳だった話を未だに引っ張り出して御熱心なことだ。要するに鳩山を貶めたいだけじゃん。いつも君子だの政治だのを偉そうに語ってるけどさ、お前は本当に日本のことを考えているのか、と孔子に問いたい。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

反体制パンクロックの前に

政治の領域にある事柄へ子供に口出しさせる集会に嫌なものを感じていたところ、これは「鼓腹撃壌」に繋がるのではないかと気付いた。

「鰹節が生きてる!」とお好み焼きに怯え「ソースをかけると死ぬ!」と生命の神秘に心打たれる、純朴なれど教養と学識が欠如した君へ、慈悲深くも御説明してさしあげますると、「鼓腹撃壌」とは、中国地方に伝わるスペースオペラで、セイントカイザー堯が身分を隠して諸国漫遊する道中を描いたものです。何度かリメイクされるほどの人気ぶりで、終盤の激しいドラミングとシャウトのライブシーンが最大の見せ場となっています。
ファンも評論家もこのライブを重点的に語りがちなんだけど、今回私が取り上げたいのは、その前にストリートチルドレンたちが日々の生活と政治に関する雑感を歌い上げるシーンで、カイザー堯がそれを聴いて、大切な市民の声を真摯に受け取ろうとするんだけど、すぐさま思い直すやつ。
「もしかしてこれ、大人に歌わされてるだけじゃねーの」

ライブを通して示された政治の理想形がこの作品のテーマなんだけど、自分の意見を持ち主張することが手放しに尊ばれ、市民であることが政治に物申す立派な資格となった民主主義国家日本には、堯の判断に学ぶべきものがあるのではないだろうか。

 
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

今週の収支報告















マルコビッチ大白抜き


   よう、マルコビッチだよ。
   今年に入ってからヨシノブが収支報告しなくなっただろ。
   売り上げが高額になって税務署を恐れているわけじゃないんだ。
   実質、売り上げがないんだよ。0円。





実際には「夏のあらし(第二期)」「化物語」シリーズ、「96時間」、「絶望先生」単行本が売れたんだけど、ひとつを除いて去年に注文されたものだし、そのひとつもシリーズ物だから去年からはみ出したようなものだし。
ブログが面白くないからしょうがないよね。
マジかくなり果つるは理の当然ってカンジ。

さて、ヨシノブのブログより20倍面白いと評判の映画「マルコヴィッチの穴」がDVDになりました。つまり、このブログが富士山だとすると標高は3760mですが、その時「マルコヴィッチの穴」は標高75200mです。人類史上、こんな山に登った登山家はいません。標高を測るために測量技師が登ったきりですが、あなたはこのDVDを買えます。しかも、5枚まで買っていいです。神はあなたを許すでしょう。
 






***

「まままーじゃん」順調に発売延期中。相変わらずイベントサンプル出ず。
「じゅーしぃエイジ」発売日が5/28から動かず。終に年貢の納め時か。

posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

デイ

菅直人 今日の一言

ウズベキスタン
2010年5月 4日 17:42 :

 ウズベキスタンから今日帰国。往復とも韓国経由。日本の空港のハブ化の遅れを痛感。日本全体の空港戦略がなく与野党の政治家による地方空港整備の要請に応えた結果だ。アセアン+日中韓の会議やアジア開発銀行の総会に出席。アジア勢は日本を除いて元気がいい。日本を生き返らせるためには的確でスピーデイな政策遂行が必要だ。


http://www.n-kan.jp/2010/05/post-1950.php

この日に、この最後の一文。首相への非難かと勘ぐってしまったが、考えすぎだろう。





あっ!

「スピーディ」じゃなくて「スピーデイ」になってる!
江戸っ子なのか! (「てやんでい」みたいな。しかし管直人は山口出身、本籍岡山です)


そういえば、かつてこんな表記もあった。



松野頼三さんが亡くなられた。政局の節目で時折アドバイスをいただいていた。ダンデイーな姿が忘れられない。


アドバイス
2006年5月11日 00:00 :
http://www.n-kan.jp/2006/05/post-269.php

ダンデイー。
ひょっとすると、こんな表記がゴロゴロしているのかも知れぬと思って一言を幾つか読んでみると、ヨーロッパ・ギリシャ・ニュートン・マニフェスト、と間違いはない。
単に同じ入力間違いが目に付いただけだろう。そう思ったが、サイト内検索で「デイ」を検索してみることを思いつき、期待するでもなくやってみた。














ワイズ・スペンデイングか。それとも一時的バラマキで経済再建につながらないフーリッシュ・スペンデイングか。

フーリッシュ・スペンデイング
2009年4月30日 07:14 :
http://www.n-kan.jp/2009/04/post-1905.php



電力は風力とソーラ、使用する車はバイオデイーゼルか又はバイオエタノール車。こんな本部を作ってみたいが今のところ実現可能性は低い

師走
2007年11月30日 00:00 :
http://www.n-kan.jp/2007/11/post-14.php



私はこれまですでに「バイオマスエタノールは食料と同じ原料のため限界がある」と指摘してきた。キューピーマヨネーズの値上げもバイオデイーゼルなどエネルギーとのバッテイングによる原料の高騰が原因。食料とバッテングしない草木を原料としたバイオエネルギーの実現が必要。その応援を続けている。

バイオエネルギー
2007年5月11日 00:00 :
http://www.n-kan.jp/2007/05/post-93.php



昨日の続き東京を考える。日本の現状は経済もメデイアも政治も極端に東京に集中している。

東京(続)
2007年3月17日 00:00 :
http://www.n-kan.jp/2007/03/post-108.php



東京はメデイアも金融も官庁も国会も全てが集まり全国に大きな影響を与える存在。

東京
2007年3月16日 00:00 :
http://www.n-kan.jp/2007/03/post-109.php



上野の東京美術館に、日展で特選を受賞したジュデイ・オングさんの木版画を見に出かける。作品は現在、料亭として使われている江戸時代末期に建てられた建物をモデルにした100号の大作。ジュデイ・オングさん本人に案内してもらい、作品の説明も受け感激。

日展
2005年11月16日 00:00 :
http://www.n-kan.jp/2005/11/post-382.php



ベンチャー的技術開発のコーデイネイトも手がけたいと書いたため、早速クリーンなエネルギーによる動力装置の実用化の相談もいただいた。

自治体選挙
2005年10月20日 00:00 :
http://www.n-kan.jp/2005/10/post-397.php



大阪大学教授の小野善康教授のインタビユー記事がちょうど読売の朝刊に出ている。もう一人のパネリストには高野孟氏を頼んだ。コーデイネイターには学生時代からの友人で厚生大臣時代に秘書官もやってもらった宮城氏にお願いした。

シンポジウム
2002年4月24日 00:00 :
http://www.n-kan.jp/2002/04/post-1325.php



先に紹介したもの以外から、検索結果の気になる部分を抜粋した。これはどういうことだろう。最後には「インタビユー」なる新種も発見された。
原語に忠実な発音だとデイが適切なのだろうか。
でも、「ジュデイ・オング」はやりすぎだと思う。

一年ほど前に、鳩山由紀夫の公式サイトで「日本→日木」「自由→白由」「理解→埋解」のように、奇妙な表記が行われていたことがある。しかも同単語が同じ文章中に正しい表記でも出てくる。原因は幾説か考えられているが、特定には至らなかったと思う。

魚拓
http://s01.megalodon.jp/2009-0420-1406-47/www.hatoyama.gr.jp/cont03/speech/ot02_2.html



ふと思いついて、菅直人公式サイトで「ディ」を検索してみる。
ディーゼル・メディア・ハードランディング・ムーディーズ、と出てくるではないか。「デイ」になっていたのは多分、ローマ字入力をする際、Iを打つ前にXを打つのを忘れただけなのだろう。(でも「ディ」で引っかかる記事は6件しかなかった)
真実はひとつ。謎はすべて解けた。じっちゃんも成仏。




麻生自民党政調会長は自爆テロに備えて「バズーガ砲」も持って行くべきと繰り返し発言している。

攻撃目標
2001年10月 7日 00:00 :
http://www.n-kan.jp/2001/10/post-1508.php

これは「」で強調しているあたり、麻生がbazookaをバズーガと発音したのだろう。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

今週の「3年N組ヒゲモジャ先生」

最終話「僕等のヒゲモジャ先生」

実はまだ原人であることが発覚したヒゲモジャに、教員免許の剥奪が決定される。3年N組の生徒達は「俺達からヒゲモジャを取り上げるな!」を標語に一致団結、中学校の三階を占拠し立て篭もり、抗議文の書かれた垂れ幕や横断幕を窓から掲げた。教頭を中心とする反ヒゲモジャ派の教員やPTAは彼らの説得にかかるが、生徒たちは自作の石斧を振り回し徹底抗戦する。
親ヒゲモジャ派は校長を中心に文部科学省や教育委員会に処分の撤回を訴えたり街頭での署名活動を行ったりするが、慣例主義の役人達は前例のない原人教師の存在を煙たく思っており、世間は「原人=野蛮・知能が低い・時代遅れ」と偏見が強く、反応は芳しくない。一計を案じた校長は現場を他に任せて福岡へ飛んだ。
N組生徒達は敵対勢力の撃退に成功し歓声をあげるが、これが仇となって生徒鎮圧のため機動隊が投入される。さすがに機動隊へは敵わず、催涙弾を使われバリケードを崩され、次々と校舎から引きずり出される生徒達。それでも彼らは「俺達からヒゲモジャを取り上げるな!」「ヒゲモジャを守れ!」と叫んで抵抗を止めない。その姿に見守る反ヒゲモジャ派の胸中には複雑なものが芽生えはじめていた。そこへ福岡から戻った校長が駆けつけ、「生徒達にヒゲモジャ先生による教育の権利を!」と叫んで太宰府天満宮の御守をばら撒く。機動隊と揉み合う生徒達、困惑する大人達、降り注ぐ御守。映像はスローモーションになって、中島みゆきの「世情」が流れ始める。
一方その頃、ヒゲモジャは河川敷で石斧を振り上げ、野良猫を追いかけていた。

posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

10/05/04

あるところに おじいさんと おばあさんが すんでいました。
あるひ おじいさんは やまへ しばかりに おばあさんは かわへ せんたくに いきました。
おばあさんが かわで せんたくを していると かわかみから おおきな とまとが どんぶらこどんぶらこと ながれてきました。
そう ここは いたりあ。

とまとたろうも ちゃんと おにを たいじしたよ。
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

10/05/03

ニュースで福島瑞穂が「憲法9条はどんなことがあっても変えさせません」と言っているのを見る。言葉の綾なのだろうが、意地悪に重箱の隅を突付くと、憲法自身が改憲を認めているのだから福島の発言は憲法違反ではないかと思う。


「社民党がいる限り、憲法審査会は動かしません!」とも。

福島みずほのどきどき日記/span> 5/3
http://mizuhofukushima.blog83.fc2.com/blog-date-20100503-1.html






不名誉な話を蒸し返して申し訳ないが、社民党に関してもうひとつ。
土井たかこにはこんな発言があった。



【6:65】【政治】土井前社民党首「参院選、違反すれすれで頑張ろう」
1 名前:うろんφ ★ 04/06/23 22:55

社民党の土井たか子・前党首は23日夕、党本部で行われた参院再選を目指す
福島党首の「出発式」であいさつし、「『無理をしないで』とは断じて言わない。
無理をして、無理をできる限りして勝って欲しい」と激励した。その上で、
「選挙違反をやっていいとは言わないが、すれすれのところまで、本気になって頑張ろう」と述べた。


引用元
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20040623ia22.htm


既に引用元は消えているが、私は当時テレビでこれを見て驚いた記憶がある。
これ、リークじゃなくて部外者(マスコミ)のいる前で言ってんだよ。

posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

10/05/02

・大きな客船に乗るための建物。塔のようで三階建てくらい。似たような建物が少し離れたところにある。曇天。不安。


・曇天。I.Bと話をしながら階段を下り、踊り場に直方体の鞄を置くと周囲が濡れる。開けると中の栄養ドリンクの瓶が一本割れていた。I.Bは最後に会ったときの顔をしていた。


・ラーメン屋を通り抜ける。何者かに付きまとわれているのを振り切ろうとしているところ。町工場帯を抜ける。

民家から殿様の子供と従者の大人の役者が出てくる。それを町の一角で映画の撮影が行われていると瞬時に認識するが、カメラ等は一切なし。役者二人いるだけ。その周辺だけ時間が40年前で、我々は相対的に未来人である。向こうは驚き不審がって追ってくる。逃げる。

追っ手が気にならなくなる。多分、私の家に向かっているところ。(実際にはあんなところにはない)
或る家と家の間に近道となる抜け道があると先導するが、私の勘違いで行き止まりだった。

舞台は私の地元のはずだったが、あんな立派な川も桜並木もない。しかし、ちょろちょろした水路と貧弱な桜があるのを思い出した。町も実際よりかなり大きく造ってあったし、随分と見栄を張ったものだ。
油断していた。こんな夢は二度と見たくない。
ラベル:
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

今週のドラえもん

今日もまたのび太くんがドラえもんに面倒事を丸投げだ。

「ドラエもーん、ジャイアンがいじめるんだよー、村人たちを。なんとかしてよー」
「ううむ、許せん。これでやっつけてやる」
そう言ってドラえもんは四次元ポケットから缶切りを取り出した。
「そんなものでどうするの」
「ふふふ」

ドラえもんはタケコプターで空からジャイアンに襲い掛かり、缶切りでギリギリと頭の蓋を開けてガスバーナーで脳を焼いた。脳天から昇る黒い煙は、平和の訪れを村人たちへ知らせる狼煙となった。
ハグしちゃお。


posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

今週の生卵

私の撮ったトトロの写真が大不評。あわよくばこれで女のを気を引こうと思っていたが上陸不可能。


黄金郷の夢に破れてから1週間ほどは腹の調子がいまいちだった。これは覚悟していたので問題ではなかったが、鈍い頭痛が続くのには参った。栄養剤を飲んだりしてどうにか治ったと思う。
現在は精神的理由により胃は痛いし腹の調子が良くないし、栄養摂取にうまくいってないらしい貧血に似たぼんやりとした頭痛がある。物事が頭に入ってこない。生きていて申し訳ない。
期限が十日過ぎた豆腐と二年過ぎた麻婆豆腐の素の組み合わせは何事も無かった。






生卵が飛び交う、乱戦ウクライナ国会

【モスクワ=貞広貴志】ウクライナ最高会議(国会)は27日、ロシア黒海艦隊に2042年まで国内駐留を認める協定の批准を、与党の賛成多数で承認した。

 17年で期限切れとなる黒海艦隊の駐留延長について、野党勢力は激しく反発。この日の審議は議場に生卵が飛び交い、発煙筒の煙で視界が遮られる異例の展開となり、議長は側近のさしかける傘に守られて、ようやく採決にこぎ着けた。

 協定は今月21日、ヤヌコビッチ大統領と、メドベージェフ露大統領が合意したもの。天然ガス輸出価格の引き下げと交換の形で露海軍のウクライナ駐留継続を認めたため、野党は「売国行為」と一斉に反対、徹底抗戦を呼びかけていた。


読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100428-OYT1T00094.htm?from=nwla
posted by ヨシノブ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメント欄にメールドレス、ホームページアドレスの記入は必要ありません。気軽に無記入で。 スパムメール回避のためにも、メールアドレスをそのまま書き込むのは推奨しません。返信方針についてはこちら